藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

牛乳石鹸のWEB広告が炎上しているけど・・・

牛乳石鹸のWEBムービー広告が炎上しているようだ。

それぞれの人が、WEBムービーに対して、どう思うかは自由なので、賛成であれ批判であれ良いだろう。

とは言いつつも、これぐらいで非難轟々の意見が出るとは、エッジの効いた広告はリスクが高いってことなのか。

以前、カップヌードルのCMが自粛したことがあったけど、この時も個人的には良いCMだと思った。

 

良いと思う人もいれば、不快だと思う人もいるのはしょうがない。

良いも悪いも様々な意見は、昔からあったはず。

しかし、昔は意見する場がなかった。

今は、WEBムービーを簡単にシェアして、「面白い」とか「つまらない」とか、意見をサクッと書き込める。

そのタイムラインを見て賛同した人がシェアして、さらにシェアして・・・。

あっという間に大多数の意見が形成される。

そして、ネットのニュースメディアが取り上げる。

もっと拡大すれば、マスコミが取り上げる。

 

だとすれば、ここからが、CMを流している企業側の腕の見せどころだろう。

炎上マーケティングを狙っていたわけではなかろうが、結果的に炎上してしまった。

尖ったコマーシャルを作ったことで、炎上ぽくなってしまった。

炎上を抑えるために、謝罪するのがセオリーなのは理解できる。

謝罪は最終手段として、それよりも、もっと芯がある回答をすべきだと思う。

法的に悪いことだったり、倫理的に破綻していることであれば、即謝罪で良い。

しかし、そうではなく、このCMや映像によって、世間に何かを問いたい、もしくは気づいて欲しい、というメッセージがあるなら、やはりその制作意図を伝えるべきだと僕は思う。

それがきちんとしたものならば、世間から受けいられると思うし、結果的にはその商品が売れるだろう。

現在、牛乳石鹸に関しては、「もう買わない」との意見もあるようだ。

僕は牛乳石鹸を買ったことはないが、CMを作る制作側の意図としては、新たな顧客層として働く男性を取り込みたいという思いもあるのではないだろうか。

でも、それに反して、元来のメインの顧客層が嫌悪感を示した結果、牛乳石鹸をよく知らない顧客でない人たちも巻き込んで拡散されたということなのだろう。

現在、Googleで「牛乳石鹸」でググってみると、批判記事やまとめがズラズラっと並んでいる。

それを見て、牛乳石鹸を買わないという人もいるだろう。

なので、やはり制作意図を伝えるべきだと思う。

もしくは、これだけ炎上しているなら、粛々と第二弾、第三弾を作るとか!

個人的には、その方が骨太な感じがして、良いと思う。

WEBムービーを見る限り、個人的には

「いろいろあるけど、牛乳石鹸でさっぱり洗い流す。洗い流したら、また笑顔で一日をがんばる」

というのが、コンセプトだと感じる。

 

だけど、良いCMだと思っただけで、残念ながら「牛乳石鹸を買ってみよう」とか「応援してみよう」とは思わなかった。

なので、WEBマーケティング的(WEBプロモーション)な観点で捉えると、良くはない。

今回の事態をポジティブに捉えるなら、普段認知されていない層に伝わったのだから、次の展開を早急に検討して実行すべきだろう。

 

個人的には、映像作品としては、嫌いじゃない。

でも、WEBマーケティング的にはこの後の展開次第で良くも悪くもなる、という見解だ。