藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

認知されていなければ、存在していないと同じです。

WEBマーケティングの第一歩で大事なことは、「認知」です。

WEBマーケティングというより、マーケティング全般において、第一段階として「対象となる顧客から認知してもらうこと」であると言えます。

 

広告代理店の電通が商標登録している消費者の行動購買プロセスのひとつに「AISAS(アイサス)」があります。

AISASとは次の頭文字を表しています。

  1. Attention(注意)
  2. Interest(関心)
  3. Search(検索)
  4. Action(購買)
  5. Share(情報共有)

特定の商品やサービスに対して消費者の注意を惹き、更に関心を持ってもらい、ネットで検索して比較評価、購買を決定し、その商品やサービスを実際に使ってみた感想を情報共有(シェア)する、という現代の消費者の購買行動を指しています。

 

更に、最近は、Dual AISAS(デュアルアイサス) という消費者購買行動モデルを電通とアタラが2015年に発表しました。

前述で説明した従来のAISASをタテの軸として、2つめのAISASを横の軸に配置しています。

従来のAISASは購買意欲のある人、つまり買いたい人の購買行動を指しています。

新しい横軸のAISASは情報(商品・サービス)を広めたいだけの人、つまりSNSを通じてコミュニケーションをとりたい人の行動を指しています。

横軸のAISASの人たちは、商品・サービス購入の意欲はなくても、面白い情報や有益な情報をFacebooktwitterなどでシェアして、友人や様々な人と交流を図りたい層であると言えます。

横軸の人たちに認知され、興味を持ってもらえれば、どんどんShareされます。

特にホリエモンみたいな、影響力のあるインフルエンサーと呼ばれる人たちに話題にしてもらったら、バズるでしょう!

要するに、情報が大量に拡散されていきます。

バズれば、バズるほど、縦軸のAISASである購入意欲のある人たちにリーチする確率が高くなりますので、ヨコ軸のAISASの人たちへウケる事が大切です。

そのためには、その情報や出来事が「面白いのか?」もしくは、「有益なのか?」の2つしか無いと僕は思っています。

直接的に売る姿勢では、その商品やサービス自体にかなりの優位性・独自性が無ければバズることは無いでしょう。

日頃から有益情報や、面白い事を発信する事が大切です。

特に、面白い事、または面白くすることが重要だと思っています。

工夫とアイデア、そして実行力。

 

SEO対策を十分に施したWEBサイトを作ったとしても、ユーザーが商品やサービスを認知してくれていなければ、検索してくれません。

繰り返しになりますが、その商品やサービスを認知してもらうことが第一に大切です。

認知されている商品・サービスなのか、されていないのか、その段階によって、打ち出すWEBマーケティング戦略も変わってきます。

 

僕の場合は、ブログを毎日書くことが、僕の仕事に対するSEO対策の一つと言えます。

実際、僕の知らない初めて会う人に「◯◯を調べるために検索していたら、藤川さんの記事を見ました。それから度々ブログを見ています」と言われることがあります。

そして、FacebooktwitterGoogle+、LINEなどにリンクを貼ることが、より多くの人たちへ認知してもらうための術となっています。

 

僕のブログのアクセス元のサイトは、全体の40%がFacebookで、Yahooからのキーワード検索が20%、Googleからのキーワード検索が17%です。

もちろん、この割合は毎日変化します。

大体バズるときは、twitterからバズっています。

その日だけは、twitterの割合がとても高くなります。

f:id:takashifujikawa:20170706140830p:plain

ちなみに、Facebookでアクセスある記事はこんな感じ。

まあ、記事リンクを直で貼っているので、直近のブログ記事から順番に見ている割合が多いということです。

f:id:takashifujikawa:20170706141803p:plain

で、Yahoo!でキーワード検索しているのは、こんな感じ。

やっぱり、健康ネタとドローンネタはいつも検索されていますね。

全部、最近ではなく、去年書いたブログ記事です。

「熊出没マップ・空白地域・・・」の記事に関しては、秋田県内に熊が出没するたびにアクセスが増えます。

来年の今頃もアクセスは多いことでしょう。

f:id:takashifujikawa:20170706141927p:plain

良い商品やサービスを直接的に広告することも大事ですが、企業ブランド価値向上を意識するのであれば、商品PRよりも、企業としての良い取り組みをしっかりと発信していくことが大事です。

自社サイト、もしくはオウンドメディア的にブログで書いて、SNSで広げていく。

ターゲット層によっては、TVCMでも、新聞広告を使うこともいいでしょう。

 

結局、良いことをやっていても、誰も認知してくれなければ、やっていないと同じだからです。

そのためには、恥ずかしからず、堂々と発信していくことが大切です。

一番良いのは、自分からの発信よりも、第三者からの発信なんです。

「俺ってかっこいいだろ!?」というより「あの人ってかっこいいよね」って誰かから言われたほうが信用されますから。

なので、TVや新聞も純広告よりもニュースや報道で取り上げてもらえるようなパブリシティの方が良いわけです。

これをWEBに置き換えれば、まさにAISASの横軸であるSNSでの拡散になります。

僕みたいに毎日ブログを書いて自分で発信することも大事ですが、他人から発信してもらうことがもっと大事!

メディアから取り上げられることも大事ですが、たくさんの人たちから発信してもらえるようになる出来事が大事です。

他人から発信してもらうためには、お金儲けを全面に出さずに、面白い事や有益なことに注力すること。

それが、自然体で出来れば、ベストですが、現実的にはなかなか難しいでしょう。

例えば、ある商品やサービスの認知度を高めるために、Facebookの友達が1000人以上の人に限定して、PRイベントを仕掛けてみるとか・・・!

 

WEBマーケティングを駆使してPRしてみたい企業様は僕までお問い合わせくださいね(^o^)