藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

Facebookの友達になるために、礼儀としてMessengerで挨拶は必要なのか?

結論から言いますと、僕は、不要だと思っています。

2年ぐらい前までは、友達申請の際は、必ず挨拶をMessengerで送っていました。

現在は、送っていません。

基本的に、僕が相手に友達申請するパターンは二つ。

一つは、リアルな知り合いへの申請。

イベントで誰かと知り合って、すぐその場でFacebook申請することもありますね。

もう一つは、僕のFacebook投稿に「いいね」をつけてくれた人への友達申請です。

リアルな知り合いの場合は、「こないだはどうもありがとうございました。」とか「ご無沙汰しています」とかMessenger書く場合があります。

でも、「いいね」を押してくれた知らない人には、特にメッセージはしません。

友達申請だけします。

だって、いちいち「僕の投稿に いいね をありがとうございました。友達申請お願いいたします。」っていうのもなんだか馬鹿丁寧かなと・・・。

逆に申請した相手から「申請してくださってありがとうございます。」とメッセージが来る場合は、僕も返信しています。

そりゃ、そーですよね。

そこは、人としてちゃんと対応しております(^o^;)

でも、未だにメッセージが無い友達申請は失礼だと言う人はいますね・・・。

年配の人に多いですね。

友達になるときに大切なことは、メッセージの有り無しよりも、その人が本当に本人なのかどうかです。

なりすましの場合もありますから。

そのためには、プロフィールや、投稿記事、写真などをチェックすることです。

僕は、全然投稿していない人や、プロフィールが不明な人、顔写真が無い人とは友だちになりません。

そういうときは、Messengerで何か本人と分かる証拠を送ってもらうべきです。

じゃないと、乗っ取り被害にあっちゃいますから。

なので、友達申請時にメッセージの有り無しはどうでもいい、というのが僕の結論です(^o^)