藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

バニラエア

こういうニュース見て、いつも思うのは煽りや対立の演出が無いとニュースや報道は成り立たないだろうなぁってこと。

ワイドショーになると特にそうだけど、普通のニュース番組もどんどんワイドショー化してるような気がする。

今回のバニラ・エアの件のように、マスコミは必要以上に、煽った書き方をするけど、実際は随分印象が違うってことも多々あるのではないだろうか。

マスコミの言っていることは嘘ではないけど、魅せ方、書き方に問題がある。

バニラエアは、去年使ったけど、成田〜那覇、往復6000円かからなかった。

ジェットスターもそうだけど、LCC各社は、よくこの値段で経営が成り立つもんだなって感心する。

ハッキリ言って、格安航空会社なんだから、多少の至らぬ点があるのは仕方ないのではないだろうか。

それは、健常者だからだとか、身体障害者だからだとか、じゃなくて、面倒な客は乗車させない、ぐらいの事があって良いのではないだろうか。

健常者だって、何かと文句をつけるお客様はいる。

そういうお客様は、他の乗客に迷惑がかかるから、企業としては、相手にしない、それぐらいの権利はあっていいと思う。

木島さんという人、クレーマーではないとは思うが、微妙だなって思う。

ANAとかJALがこのような対応だと非常に問題だと思うけど、LCC各社は削れるものをギリギリまで削って経営しているのだから、木島さんが確信犯的にやったとすれば(やったらしいが)僕はバニラ・エアがかわいそうだなって思います。

コメンテーターも一様にどちらかの意見に傾くのではなく、真逆の意見を持ったコメンテーターがそれぞれコメントしてくれたら、非常に勉強になるはず。

「なるほど、そういう見方もあるのか」

「なるほど、そういう裏事情もあるかもしれない」

多様性のある意見、コメントを言う人たちが出てくれたら、もっとニュースに興味が持てる。

僕個人としては、木島さん擁護一辺倒のコメンテーター達にうんざりしました。