藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

モヤモヤしているときは、紙に書き出す。

なんだか判断がつかない時、心がモヤモヤしている時、頭の中がゴチャゴチャしている時、とにかく紙に書き出します。

パソコンに打つよりも、紙に書いて、自分の字を見て、丸書いたり、バツ書いたり、矢印で引っ張ってみたり、あーでもない、こーでもない、を紙に書いて考えます。

僕の場合は、とりあえず好きに書いて、書きまくって、その後、手書きでマインドマップにまとめています。

そして、パソコンのマインドマップにまとめるか、パソコンで箇条書きします。

最初からパソコンのマインドマップを使う場合は、目的が定まっている場合です。

案件が既にあって、スケジュールとか内容をまとめる場合はすぐに、パソコンのマインドマップに書き出します。

なかなか定まっていなくて、モヤモヤ感が強い場合は、手書きで自由に書くことから始めます。

そして、書けるところまで書いたら、放ったらかしにします。

少しの間、時間を置きます。

時間を置くと、また進み出します。

全てその日にやりきるというよりは、書けるだけ書いたら、待ちます。

強引に結論を出すよりも、自分の中から答えが流れて来るのを待つ感じです。

それが、自分の内側ではなく、外部から答えが流れて来る場合もあります。

いずれにしても、言葉にすると、文字にすると、物事が動き出します。

文字に書き起こすことで、あとは自分の脳の検索エンジンに任せる感覚でしょうか。

必要以上に考えないことがポイントだと思ってます。

そこにこだわっていると、それだけにこだわっていると、他の事をやっていても気が散ってしまい、結果、パフォーマンスが落ちます。

なので、考えるだけ考えたら、置いておく、少し待つ。

この感覚が大切かと。

急いで結論を出さないことが大事。

ちなみに、僕は、真っ白い紙よりも、方眼罫を使ってます。

なぜかと言えば、僕は字が汚いのと、文字が大きくなってしまうからてす。

今回の場合のようにモヤモヤを書き出す場合は、A4サイズの方眼罫。

通常の持ち運びのノートはA5サイズに蛍光マーカーで25分割にして使っています。

マルマンのノートがオススメです。

以前はマルマンのニーモシネを使っていましたが、安価なタイプの方眼罫リングノート(ちょっと紙は薄くなりますが)を見つけたので、切り替えました。

マルマン A5 スパイラルノート 方眼罫80枚 N247ES 5冊セット

マルマン A5 スパイラルノート 方眼罫80枚 N247ES 5冊セット