藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

WEBマーケティングで一番重要なのは、PDCAサイクルとはよく言いますが・・・。

WEBマーケティングに限らず、何事においても、基本的として重要なのは、PDCAサイクルを回し続けることです。

プランニングして、実行して、チェックして、改善策を検討し、また実行。

その繰り返し。

ちゃんとこれを繰り返すことができれば、何事も向上していきます。

精度が上がっていきます。

切れない刀も切れるようになっていくということです。

経営者でも従業員でも、学生でも、みんな分かっているかもしれないけど、なかなかこれが実行できない。

なぜ、実行できないのか?

地味すぎて面倒くさいんですよね。

「知ってる」と「やってる」では、天と地の開きがあります。

WEBマーケティングの場合は、御存知のとおり、GoogleAnalyticsを使いますので、数値がハッキリと出ます。

GoogleAnalyticsじゃなくても、色々ありますが、バラツキはありつつも、数値自体は出ます。

TVCMだと、検討のしようがありません。

視聴率という曖昧なものに左右されるだけ。

WEBだと、アクセス数、滞在時間、検索キーワードなど、細かく判断することができます。

なので、最初の段階でターゲットとなるペルソナ設定をしたうえで、KPIを設定して、毎月PDCAを回しまくる。

これで、精度を高めていくしかありません。

あ、言ってることが難しいですね(^O^;)

すみません。

商品やサービスによりますが、顧客としたいターゲットをちゃんとセグメントするってことです。

なんとなく、売らないってことです。

ターゲットを絞り込めれば、絞り込むほど、洗練されて、とがってきますので、伝えたいメッセージがコアターゲットの周囲にも突き刺さってきます。

これがなかなか実行できていないのが、多くの会社の実情かと思います。

周囲の目を気にするがあまり、思い切った施策が打てない。

最初は取り組むのですが、だんだんPDCAサイクルを回すのが面倒になってくるんですよね。

きっと、多くの経営者がうなづいてくれるところではないでしょうか。

弊社では、一番面倒くさいと思われがちな、WEBマーケティングPDCAサイクルをクライアントに代わって代行いたします。

そして、毎月クライアントのWEBマーケティング(WEBサイト、広告の仕方、ランディングページの作り方など)の精度を高めていきます。

ただ、これに関しては、やることが多いので、毎月5、6社しかやれません。

で、すぐに結果が出るわけではないので、年間通しのコンサルティングです。

秋田県内でWEBマーケティングに興味のある中小企業の経営者様がいらっしゃいましたら、私までお問い合わせくださいませ。

秋田県庁・第二庁舎でお待ちしております。

 

 

PDCA自体がよくわからないという方は、まずは漫画でどうぞ!

まんがで身につくPDCA (Business ComicSeries)

まんがで身につくPDCA (Business ComicSeries)