読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

ギブ&シェア精神で生きよう❗

世の中には、色んな悩みや、課題を抱えている人がいる。

悩みも課題もない人は皆無だろう。

どんなお金持ちでも悩みは常にあるらしい。

以下は、「英字新聞WSJが2日で読めるTORAEL」の武末研一さんのメルマガより抜粋。

受講生のYさんが言った。

「金満サウジは良いっすね。ベンツ乗り放題。ワイン飲み放題だし」

これ、日本のワイドショーを見てると普通に思いますよね。

でも、海外の報道を読んでいるとそうは思わない。

「いやいやそうじゃないでしょ。むしろ冷や汗たらりでしょ」

ボクはこう答えたのだが、

それは、今、サウジ国王が置かれた状況はこうだからだ。

石油価格が暴落。

各国がサウジから石油を買わなくなり、国のお金は急減中。

その上、なんと5000人の王子たちの面倒を見る必要有り。

不満で後ろから刺されないように、主要な1000人を引き連れて外遊。


つまり、
・石油を引き続きサウジから買ってもらう!
・放蕩生活に慣れて高齢化が進むサウジ人を
 働く人に変える!


という、とても難しい課題を抱えたサウジ国王の胸中を考えると

「金満サウジは良いですね。ベンツ乗り放題。ワイン飲み放題だし」

とはとても思えないわけです。

本当の姿はこうだ。

国王自らセールスマンとなって、46年ぶりに来日して

安倍首相にサウジの石油を買って下さい。

サウジに投資してください。

と頭を下げている。

これは危機感のなせる技でしょう。 

竹末さんによると、日本のマスコミにはあまり目立ったニュースにはならないけど、WSJとかだと、しっかりとニュースになっているようだ。

また、何年か前に聴いたプライベートバンカーの前田和彦さんと神田昌典さんの対談CDでは、お金があればあるほど、そのお金を失う恐怖心が常にあるというお金持ちもいる、ということを言っていた。

そう考えると、人は生きている限り、悩みや課題、不安がつきまとうものだ。

だとすれば、「悩みや課題はなくならない」ってことを認識することが大事。

ハッキリ言って、諦めれば良い。

観念すること。

諦めるとは、仏教用語で「明らかにする」が語源であると言われている。

つまり、諦めることは、マイナスではなく、プラス、いや、真ん中なのだろう。

出来事を出来事として受け止めるためには、諦めることが先決だろう。

事実を事実として明らかにするということ。

そこに余計な感情や、思惑を入れない、ということだ。

で、そこから、どうすべきかを考える。

この問題は、対処した方がいいのか、スルーしとくべきか。

なんでもかんでも、自分事、他人事に首を突っ込んで、対処していたら、疲れちゃう。

自分がやるべき問題、課題は、見極めねばならない。

情報過多な時代に生きている我々は、他人ばなしのどうでもいいことに悩んだりする人だっている。

基本、僕は他人事に首を突っ込まない。

ハッキリ言うと、自分にしか、興味がないから。

興味があるのは、自分がこれから、何をやっていくのか、

何をやっていきたいのか。

そのためには、今日とるべき行動は?

明日とるべき行動は?

誰に会いに行くのが先決なのか?

今あるものを活かすことはできないのか?

 

僕の頭のなかに、プレイヤーである自分と、総監督である自分がいる。

プライヤーは主人公として、毎日に没頭して取り組む。

プレイヤーを役者と言い換えても、いいかもしれない。

総監督は、常に、俯瞰しながら、演出を考えたり、次の展開を考えて、役者に指示する。

バイブレイン状態だ。

プレイヤーとして、出来事に対して、喜怒哀楽を楽しむ。

総監督としては、シナリオのゴールが見ているわけだから、もっと面白い展開はないかと、常に考える。

僕の頭の中には、この二人が常に存在している、気がする。

だから、何かあると、すぐに「あ!これ、ブログのネタになる!」ってスイッチが入る。

そこから、頭の中は編集モードに切り替わる。

なので、ネタが毎日尽きない。

 

何が言いたいのか?

自分の悩みが解決したら、ブログに書けばいい、ってこと。

それ見て、助かる人や勉強になる人がいるから。

誰かの役には立ってるから。

悩みがある時点で、悩み事をさらけ出してもいいだろう。

助けてくれる人、お節介な人、この世にはいっぱいいるから。

その悩みが解決されるまでを、毎日こまめに書いていけば、ストーリーの出来上がりだ。

人生は、ストーリーだ。

唯一無二の自分が主人公の物語。

勇気をもって、飛び込めば、面白い世界が広がっている。

それは、体験しないと、分からない感覚。

 

そんなことを繰り返していくと、最終的にお金に変わっちゃうから面白い。

昔から、悩みはお金に変わった。

しかし、今は、ネットが進化したから、悩みがお金に変わるスピードが上がった。

で、お金はエネルギーだから、エネルギーをもらった人はエネルギーを返すはずだ。

有名な、ロバート・チャルディーニの「返報性の法則」というものがある。

人の心には、これが必ず作用する。

だから、心はいつも、「ギブギブギブ」精神でOK!

そのほうが、結果、得をする。

それと、「シェア、シェア、シェア」が加われば、最強。

時代は、何を見ても、シェアに移行しているから。

KEEPしている人たちは、どんどん遅れていく。

時代の波にノリたいなら、ギブ&シェア精神で行こう!

 

てことで、今日は、久保田利伸の27年前の名曲をどうぞ♫