読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

固定電話は必要でしょうか?

自宅にはもちろんありません。

会社に固定電話って必要なのかなって考えてみましたが・・・

結論として、もう必要ないと思います。

用件のあるクライアントや外注先の人は、個別に担当者の携帯電話に電話すればいいだけですから。

取次すること自体が時間のムダです。

僕はもう二ヶ月も会社に行ってませんが、会社で電話が鳴るたびに思ってたこと。

それは、電話の取次行為です。

直接、連絡することが出来る時代に、いちいち会社の代表番号にかける必要はありません。

もちろん、業種によるかとは思います。

僕らの仕事は、B to B ですので、余計、そういうことになるかと。

B to C の仕事だと、最初の問い合わせは、電話ということが多いかもしれないので、必要かもしれませんが。

でも、WEBサイトにきっちり必要事項が書かれていれば、そして、購入の導線がスムーズになっていれば、電話で申し込むとか、問い合わせるとかっていうことが少ないはず。

電話で問い合わせて、申込みを決めるってのは、WEBに情報がちゃんと掲載されていないということで、しかも申込みまでのステップがちゃんと構築されていないということ、ですから。

Amazonは、電話番号がトップページには掲載されておらず、かなりわかりづらいページに掲載されています。

ハッキリ言って、電話対応が一番面倒で、一番お金にならないってことですよね。

Amazonに来る電話はクレームでしょうから。

いかに、お金にならないことを切ることができるか。

それは、電話番号を掲載しないということなんでしょう。

それと、WEBで全て完結させるってことでしょう。

やるべきことと、やらなくていいこと、明確にして、それぞれの施策を打てば、結果は見えます。

僕が新規顧客のWEBサイトをリニューアルさせていただくときは、このへんの導線をしっかりと診断したうえで、構築しています。

SEOも大事だけど、導線も大事なんです。

この考え方は、折込チラシでも同じですし、イベント運営にあたっても同様です。

 

僕がまだ会社に通っていた頃、長電話のお客様、もしくは、一日に何度も頻繁に電話してくるお客様、に対応するスタッフたちを見ていて、時間のムダだなって思っていました。

よくよく聞いてると、あーでもない、こーでもない、とか。

どうでもいい話だったり。

僕には、そういう電話はほとんどかかってきませんが。

でも、たまにかかってくるお客様の、身の上話や何かのお誘い、もしくは、営業電話が面白いし、ためになるので、結構好きです(^o^)

僕自身、話しだしたら止まらないタイプなので(^O^;)

 

僕が少々ウンザリするのは、このこのような場合です。

たとえばデザインの話でお客さんが「赤がいい・・・。やっぱり青がいい・・・。いややっぱり赤・・・」とか言っているようだったら、僕は「しばらく考えてから、メール送ってください」と言って電話を切ります。

もちろん、電話を切る前に、それぞれのメリット・デメリットはお伝えします。

実際、過去にそういう対応を何度かしてます。

それが、お互いのためなのです。

業者側としても、言うべきことは言う勇気が必要です。

勇気というまでのものでもありませんが(^O^;)

要は、本音でクライアントと付き合っているか、どうか?ってこと。

逆に、クライアントも気づかなければいけないんです。

こういうのは時間の無駄だということを。

Amazonappleが電話番号を掲載していない理由もきっと同じでしょう。

 

固定電話の話から、電話の中身の話に飛んでしまいました。

で、固定電話ですが、どう考えても不要ですね(^O^;)

ただ、いまだに、東京だったら03ーから始まったり、僕の秋田県だったら、018−から始まる電話番号に信頼、信用があるというメリットでしょうか。

それ以外は、なんも意味がないですよね。

FacebookSkypeがある時代ですから、なおさら不要ですよね。

データ通信がもっと整備されて、通話音質が良くなれば、携帯電話も不要でしょうかね。

 

あ、そうそう。

こないだ中国の深センに行った時に、日本と違うなって思った光景がひとつありました。

街を歩いていたり、地下鉄に乗っていると、みんな携帯電話に向かって何か喋っています。

それが、自分の耳と口に携帯電話を当てて、誰かと通話しているのではなく、ボイスレコーダーのように自分だけが喋っている。

そういう光景が多かった。

同行してくれた伊勢さんに聞いたら、中国版SNSの wechat のボイスメール機能を使っている、ということでした。

日本だったら、LINEとかFacebookメッセンジャーに同様の機能がついていますが、日本人は、あまり使わないですよね。

通話以外で一人で喋るのは、人目も気になるのが日本人。

日本人の場合は、メッセージを打つ人が9割以上ではないかと思います。

中国は違いました。

みんな歩きながら、ボイスメールでした。

たしかに効率的です。

しかも安全。

だって、文字打ちの場合は、いわゆる歩きスマホになってしまい、前方不注意で危ないです。

ボイスメールの場合は、前を見ながら、話せますので、安全。

効率的で安全。

僕もボイスメールを多用してみようかなって思いました。

 

話が飛びまくりましたが、なんにつけても、固定電話は不要ですね❗