読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

高城剛さんに、秋田県の少子化対策を聞いてみた!

自己啓発・健康・教育・スキル

高城剛のメルマガで読者限定のQ&Aコーナーがあります。

僕が3年前に高城剛さんに質問した内容と、高城剛さんが答えてくれてたアンサーを抜粋します。

 

【質問】
私は日本一の少子高齢化が進行している秋田県に住んでいます。

国立社会保障・人口問題研究所によると、2040年に秋田県の人口は70万人を割ります。

更に、NPO法人秋田移住定住総合支援センターの自治体余命指標によると、2095年に秋田県の人口はゼロになるようです。

今から、81年後に秋田県に人が存在しなくなる。

人口減少は加速度的に勢いをつけて予想を上回るスピードです。

毎日世界を飛び回っている高城さんに聞くのはナンセンスかもしれませんが、高城さんだったら、秋田で、どうやって生き抜きますか?

 

 【 高城剛さんの答え 】

秋田に限らず、100年も経たないうちに、日本の人口は1億3000万人から4000万人になってしまいます。

そして、何度もお話ししておりますように、勝つ地域と負ける地域に極端にわかれることになります。

大都市には人が集中しますが、ゾンビタウンのようなスラム街も出来て、一方ゲーテッドなタワーマンションも増える事になるでしょう。

また、都市部ではない地域は、人を集める「センス」があるトップがいる地域には、人が集中するでしょうし、「センス」がないトップの地域は、ますます過疎化になります。

現在は、過疎化が進行しても、中央政府から補助金が出ますが、徐々に出なくなるのは明白です。

ですので、いまの「トップ」とは「センス」がなくても「中央に近い人材」が選ばれる事になり、結果、長期的には悪化に向かっているのです。

ですので、秋田に限りませんが、お住まいの地域のトップをしっかり見る事です。その人物が、信頼置けない、センスがない、とお感じならば、30年後はボロボロの地域になってしまうでしょう。

小さなお子様がいらっしゃるのでしたら、その時に備えておく事は絶対ですし(どこでも暮らせる術と気概を持つ)、お子様に限らず、このメールマガジンをお読みの方のほとんどは30年後にも生きていらっしゃると思いますので、各々がその地域や国家に根ざさないビジョンも並行して持たなければなりません。

さて、私見を少し。このままいくと、200年後には日本民族が消滅する、と話す人もいる昨今ですが、個人的には、都市化と便利さの追求が、少子化を推進しているのは間違いないと考えています。

晩婚が少子化の問題であるなど話す学者もおりますが、それは結果に過ぎず、僕は生活が不自然なことが少子化の原因だと思っているのです。

特に注目すべきは、食事です。

食欲と性欲が脳のなかで極めて近しい関係にあるのはいまや常識で、誰でも食欲が満たされると、性欲が軽減するような経験はあると思います。

ですので巡り巡って、ミシュランの星の数と少子化は比例するのではないか、と僕は
思っているのです。

かつて移民がいまほどいない頃のフランスは、美食に明け暮れ、とんでもない少子化を迎えました。

それを移民によって、出生率をあげたのです。

よって、いまの日本のミシュランB級グルメブームは、少子化になって当然だと僕には思えます。まずは、過剰な食事を止めるべきです。

そうしないと、本当に日本民族は滅ぶでしょう。

 

「過剰な食事を止めるべきです」というアンサーは、高城剛さん独特の考え方というか発送だなあって思いました。 

正直に申し上げまして、僕としては、そうだ!そうだ!とは確信できない答えですねぇ・・・(~_~;)

僕は、高城剛マニアですが、全ては肯定いたしません。

あくまでも、藤川崇の軸で全てを判断いたします。

 

それはそうと、一昨日から、秋田県では、次の4年間を引っ張っていくリーダーを決める知事選が真っ只中です。

秋田県の未来、つまりは、自分たちの未来をより良いものにするためにも、高城さんがおっしゃる「人を集めるセンスのあるトップ」を選びたいものですね。

にしても、会う人、会う人にさりげなく知事選のことを聞いても、40代以下の若者たちは、知事選がやっていること自体、知らない人が多過ぎる・・・。(~_~;)

こないだ30代後半の美容師さんと話していたら、こんな回答が。

「僕ら若い世代は、新聞とってないから人が多いから、秋田県内のニュースを知るよしがありません」

「テレビニュースにしても、家に帰る時間が遅いので、17時台、18時台の秋田県内のニュースを見る機会がありません」

言われてみれば、なるほど・・・。

若い世代が、秋田県内にもっと関心が向くような、メディアというか、情報発信の仕方を考えないといけないなあって、思わされました。

ちなみに、選挙初日にYahooのリアルタイム検索でFacebooktwitterのコメントで「秋田 選挙」というキーワードで検索したところ、わずか10数件の投稿しかありませんでした(~_~;)

皆さん、どんだけ、興味ないのだろうか・・・。

情報が無いということは、そういうことなのか・・・。

僕は自ら情報を集めるタイプの人間ですが、一般的には受動的な人が多いかと思います。

受動的な人が、情報弱者にならないように、自分たちが住む地域、秋田県の未来に関心を向けれるような媒体が必要だと思いました。

いずれにしても、現在40歳の僕としては、僕ら世代が活き活きと働けて、安心して子育てがちゃんと出来る秋田県が理想ですね。