読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

ブログタイトルを変更しました❗

本日より「株式会社販促で働く藤川崇のブログです。」改め、「藤川崇のブログです。」に変更いたします。

理由は、これからの時代は、個人の力が強くなる時代だからです。

つまり、組織よりも個人を全面的に出していく方が良い。

芸能人を見ていれば、よくわかりますが、頭の良い芸能人は、キャッシュポイントを少しずつシフトしています。

キングコング・西野さんが良い例です。

西野さんが行っているクラウドファンディングサイトをご覧ください。

サイト内の右側に羅列されている、出資者へのリターンをご覧ください。

出資者へのお礼として、「発送スタッフとして働かされる権利」とか、あります(^O^;)

西野ファンであれば、お金を払ってでも協力したい人がいるかもしれませんね。

西野さんと会えるかどうかは別にして。

f:id:takashifujikawa:20170322112400p:plain

芸能界を辞める人が最近多いですね。

様々な理由があるにせよ、テレビ中心だと儲からなくなってきた、という理由が大きいでしょう。

僕、テレビほとんど見ないですからね(~_~;)

大勢の人がネットにシフトしているからですよね。

2006年から始まったインターネット広告が伸び続けています。

新聞の落ち具合がヤバイですね。

テレビは盛り返していますが、実際どうなんでしょう?

f:id:takashifujikawa:20170322113814p:plain

芸能人だって頭の良い人は、ユーザーの変化に気づき、次の行動している。

西野さんもそうですが、ロンブーの淳さんや、ロバートの秋山さんもネットで稼ぐための行動をしています。

テレビだけで活動していたら、早番、食えなくなるのが分かっているからではないでしょうか。

プロダクションに力があった時代から、個人の力次第で、どうにでもなる時代になってきたということだと思います。

それは、会社組織でも同じ。

会社よりも個人。

僕は、「フリーランスになろう!」っていうことを推奨しているわけではなく、会社の中にいたとしても、「個人を際立たせて行こう!個を光らせよう!」と言いたいのです。

会社を売る時代ではなく、個人を売る時代なんです。

ブランディングです。

マーケティングのためのブランディングです。

社長自身を売る。

社員自身を売る。

会社単位で、それぞれ個人が光っている集団は強いです。

一人よりも二人、二人よりも三人。

光っている人が多い集団の会社だとしたら、そりゃ強いですよ。

組織よりも個人の時代。

 

以上の理由から、ブログタイトルをズバリ「藤川崇のブログです。」に変更いたしました😉

 

そして、新年度の4月からは、今よりも更に、WEBマーケティングに力を入れていきます。

僕がなぜ、WEBマーケティングに今こだわっているのか?

それは、僕の勝手な持論にあります。

アメリカは日本の10年先を行っている。

首都圏は地方の10年先を行っている。

つまり、地方には10年後に東京のやり方が浸透する。

それが、僕の持論です。

経済産業省発表の「特定サービス産業動態統計調査」の項目に、2006年からインターネット広告が追加されました。

10年経って、去年が2016年。

まさに今、地方の中小企業にWEBマーケティングの重要性が浸透してきました。

浸透しないうちに仕掛けても、みんな見向きもしてくれません。

WEBマーケティングセミナーを2回開催してみて、実際に感じたこと。

地方は、WEBマーケティングの力を求めているということ。

実際にヒアリングしてみて、強く感じました。

求めているが、力を入れていない。

力の入れ方が分からない。

立派なホームページを作ったのはいいのだけど、効果的な集客や販売に結びついてない。

作って納品して終わり、ではなく、毎月数値分析をして改善する。

成果報酬型の集客方法、資金調達方法も考えています。

クライアントに費用ゼロ、負担ゼロでやれる成果報酬型モデルを考えています。

既に、一部やっています。

時代の移り変わりにより、お金の集め方、そのものを検討しなければいけない時代です。

「広告しました。50万円請求します」というやり方がもう通用しなくなってきている感じがしますね。

ということで、4月からはWEBマーケティングに特化して、事業活動を行っていきますので、どうぞ宜しくおねがいいたします。

具体的な業務内容は、また後日、ブログで書かせていただきます。

 

今後とも、「藤川崇のブログです。」をよろしくお願いいたしますm(_ _)m