読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

自分の心に火をつけよう

f:id:takashifujikawa:20170317064829p:plain

衝撃的な記事だ。

リアルと言えば、リアルなのかもしれない。

まずは、こちらの記事をお読みいただきたい。

僕は、これが100%事実だとは断言できないが、たしかに記事内容のような側面はあるかもしれない。

筆者が提案していることに関しては、全面的に賛成だ。

実際問題、東京一極集中は進むばかりだ。

大学を10人卒業すれば、8人は県外に就職してしまう。

地方は過疎化が進むばかり。

若者に選ばれる地域にならなければいけない。

若者が住みたくなる地域にならねばならない。

若者が働きたくなる会社にならねばならない。

「あの会社、面白いらしいよ。面接受けてみようっかな」

って言ってもらえる会社にならないといけない。

若者の提案を受け入れる地域にならねばいけない。

若者の提案を受け入れる会社であらねばならない。

年輩者に必要な心構えは、「多様性を受け入れる」ということではないだろうか。

理解できないものを排除するのではなく、新しい考え方を受け入れる度量。

 

しかし、若者も上の世代を受け入れる度量が必要だと思う。 

つまんねーから、すぐ辞める。

それもひとつだけど、面白いことを見つける努力も必要だ。

努力というよりも、興味を持つということだ。

どんな仕事にも、面白さは絶対にある。

辛いことだけに焦点を合わせるのではなく、こうやったら、もっと効率よく仕事ができるんじゃないか、とか、こうやったら先輩の役に立てるなって、もっと物事に関心を持つことが大事だ。

 

結局、上の世代とやりあっても、良い結果は生まないと思う。

そんなんじゃ、地方の活性化は夢のまた夢だ。

不毛だ。

僕は僕のやり方で、全世代が少しでもハッピーになれるように、挑戦する。

人生は挑戦の連続だ❗

だからこそ、「ドローン国際フォーラム in 秋田」をプロデュースすることにした。

わざわざ、中国・深センにも行ってきましたよ。

最先端技術のドローン。

 

ドローンに興味のある人だけじゃなくて、こんな人たちにも来てもらいたい。

秋田を変えたい。

自分の心に火をつけたい。 

自分が何かに貢献できないか、ヒントをもらいたい。 

そんな若者たちにも来てもらえたら嬉しい。 

嘆いてばかりじゃ、何にも変わらないから。

夢を見ようぜ!