読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

3月11日は、結婚記念日と東日本大震災の日。

3月11日は、僕と妻の結婚した日。

今日で11年目の結婚生活を迎えました。

僕は、いきなり「明日東京に行ってくる」とか「沖縄に行ってくる」とか言い出す男です。

そんな僕に愛想を尽かさずに11年も、一緒にいてくれて有り難いです。

写真は去年10年目の時に贈ったバラの花10本です。

f:id:takashifujikawa:20170310235859j:plain

311と言えば、東日本大震災の日。

日本にとって忘れられない日。

いろんなことを思い出します。

ガソリンスタンドの長蛇の列。

これから数週間ガソリンが入ってこないかもしれない、という噂。

丸一日かけてガソリンを満タンにしました。

震災から二日後の夜、携帯に着信が。

取引のあるお客様からの電話でした。

「今、俺仙台にいるんだ」

え!?

どうやら、お客様は3月11日に仙台に出張で、会議だったとのこと。

震災が起きて、秋田に帰れなくなってしまったということでした。

で、迎えに来て欲しいというお願いの電話。

僕は、開口一番。

「もちろんですよ。今すぐ行きます!」

心のなかでは、不安はあった。

でも、相手の心を安心させてやりたかった。

常に、僕のソリューションは早い。

検討する余地などはない。

次の日、朝一番でお客様を迎えに行きました。

秋田から仙台まで高速が使えないので、下道で行きました。

行き交う車はほとんどなく、信号は全て止まっている。

コンビニのトイレは流せないので大はできない。

運転の最中、ラジオだけはつけていました。

福島原子力発電所4号機が水蒸気爆発したニュースが流れました。

これは、かなりヤバくないか?

引き返すべきか・・・?

正直、一瞬迷いました。

しかし、考えました。

どっちが後悔しないだろうか?

今後の人生において、俺の心にトラウマが残らない選択肢はどちらなのか?

そういう風に考えると、答えはひとつ。

行くしかない❗

もしも、俺が今行かないで、お客様の身に何かあったとしたら、僕は一生後悔するだろう。

俺がやらずに誰がやる。

一気に心は燃え上がってきました。

仙台までノンストップで燃費を気にしながら、飛ばしました。

仙台駅前でお客様をピックアップして、とんぼ帰り。

出発前に母から作ってもらったおにぎりをお客様にあげました。

涙ぐんで食べていました。

「これほど、おにぎりが美味しいと思ったことはないなぁ」

 

お客様は、3月11日から3日間、どうやって過ごしていたのか?

聞いてビックリでした。

3月11日、震災が起きて帰れなくなったお客様。

長距離バスで秋田に帰ろうと、ロータリーをうろうろしていたのこと。

そしたら、突然!

「◯◯さんですか?」

お客様が見上げたら、10数年前にある仕事でお世話になった人でした。

たった一度だけ仕事をしたことがある人だったんだそうです。

それも10数年前に。

それ以来の再会なのに、よく覚えてくれていたなぁってビックリしたそうです。

そして、よく声をかけてくれたなぁって・・・。

その人は、お客様を仙台の自宅に招き入れてくれたようです。

こんな偶然ってあるんですね。

お客様は言っていました。

「俺は生かされいるんだなあって思ったよ、藤川君」

そんな話を秋田に帰る道中、お話くださいました。

 

3月11日、僕にとっては、結婚記念日と震災の日。

今、生かされていることに感謝し、自分に何ができるのか?

今一度、考えてみたいと思います。

 

人との出会い、不思議なものですね。

全てのご縁に感謝して、今日はこの曲を。