藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

新作花火コレクションは3月18日(土)開催❗

昨年、弊社・株式会社販促で撮影した新作花火コレクションのダイジェスト映像です。

4Kカメラで撮影し、編集いたしました。

2:50ぐらいからの「和火進化論」がお気に入りです。

何度も見てしまいます。

音楽と花火の素晴らしい融合。

これぞ、日本の花火。

このブログで何度も紹介している高城剛とイノマタトシさんが制作した「sky magic」と同様に素晴らしいです。

新作花火コレクションは、特別ゲスト審査員を招待することがあります。

過去の著名人は、辰巳琢郎さん、西村雅彦さんなど。

ぜひ、来年あたりは、高城剛さんをゲストに呼んでもらいたいですね❗

 

僕は、10年ほど前から、この新作花火コレクションの会場設営と大会公式プログラムなどの各種デザインを業務としてやらせていただいております。

今年の大会プログラムの表紙デザインです。

f:id:takashifujikawa:20170310074837p:plain

この花火大会は、全国から選抜された若手花火師秋田県大仙市大曲ファミリースキー場に集まり、今年一番のクリエイティブな新作花火を披露する大会です。

花火師の皆さんが創意工夫した、新しい花火を初めて大勢の人に披露する花火大会となっています。

そして、この花火大会が他の花火大会と違う点として、花火師本人が花火の打ち上げの直前に、観客に対し、プレゼンテーションします。

口下手な花火作家もいれば、流暢なプレゼンをする花火作家もいます。

自ら、新作花火を語る。

新作花火が完成するまでのストーリーを語る。

新作花火に対する熱い思いを語る。

ここがまた見どころのひとつでしょう。

「俺たちが新しい花火で何か変えてやるんだ!」

そんな熱い気持ちが伝わってきます。

だから、表紙デザインも、いつも若さあふれる斬新性が求められます。

ダメ出しをいただきながら、若さを爆発させるデザインを何度も考える。

この思いは、デザイン会社の原点かもしれませんね。

新しい年度に変わるこの3月にこのイベントに関わらせていただけることは、僕にとっても、ひとつの節目になっている、そんな風にいつも思っています。

 

寒いですが、空気が澄んだ中の冬花火はとても美しいです。

ぜひ、一度足を運んでみてくださいませ😄

以下は、タイムスケジュールです。

f:id:takashifujikawa:20170310075830p:plain