読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

個の時代から、コミュニティの時代へ

自己啓発・健康・教育・スキル

今朝のあるメルマガに書いてあったこと。

「現代は、大企業や国など大きな権威から個人の時代に変化しつつある」

そのとおりだと思う。

更に次のように書いてあった。

「今後は、個人の時代が更に変化して、コミュニティの時代になっていく」

まさにそうだと思う。

 

昨日の記事「ドローン国際フォーラム in 秋田」はいつもどおりブログを書いて、いつもどおり僕のFacebookにリンクを貼った。

「シェア拡散いただけると有難いです」とうメッセージを添えて。

その結果、あっという間にシェアが30件を超えた。

友達が3000人以上いるから、30件という数字だけを捉えれば全体の1%がシェアしてくれたという計算になる。

しかし、30件シェアしてくれれば、その30人の僕が繋がっていない友達が見てくれるわけだから、その拡散性はすごい。

僕がブログに書くこと自体は0円。

で、拡散してもらうことも0円。

すごい時代だ。

このイベント自体は予算をいただいてやらせてもらっている。

だから、Facebook広告の予算も出ている。

なので、Facebook広告も仕掛けている。

WEBマーケティングをなりわいとしているので、このへんは当たり前。

でも、僕が書いて告知すること自体は0円、SNSで投稿することも0円。

拡散してもらうことも0円。

もちろん、時間というコストはかかっているが。

本当にすごい時代に生きているんだなあって実感する。

 

僕が3000人以上の友達がいるのは、いいねを押してくれた人に、以下のリンクのような基準で友達申請しているからだ。

単純な話、友達が多ければ多いほど、情報発信を見てくれるが多いということ。

もちろん記事内容に賛成の人、反対の人は存在する。

賛成の人は、いいねとか超いいねを押してくれるだろうし、場合によってはシェアしてくれる。

Facebookを始めとしたSNSはシェアリングエコノミーの一環である。

冒頭の話に戻るが、時代は、大企業や国から個人へ。

そして、個人からコミュニティへ移行している。

だからこそ、リアルで出会った人には、速攻でFacebook友達申請している。

もちろん、僕の名刺には、FacebookQRコードをこのように入れている。

       ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

f:id:takashifujikawa:20170308082116p:plain

一期一会の出会いを無駄にすることなく、今はすぐにその場で繋がることが出来る。

10年前では考えられなかったことだ。

時代はどんどん変わっていく。

今、意識したほうがいいのは、個人の時代、そして、コミュニティの時代であるということだ。

僕は、最先端!というよりは、少し先の未来を走っていたいと思う。

そして、それをなるべく多くの人に、分かりやすく伝えていきたい。