読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

第2回あきたクラフトアート市に行ってきました。

趣味・ライフスタイル

さきがけホールで行われていた、第2回あきたクラフトアート市に行ってきました。

僕はクラフトアートには、あまり興味が無いのですが、妻がどうしても行きたいと言うので渋々・・・。

とか言いつつ、実際に行ってみたら、かなり楽しんじゃいました😆

秋田県内の職人さんたちが集まっているかと思いきや、全国から参加、出店されてるんですね。

こういう仕事って自分が本気で好きでやってる人たちでしょうから、なんていうか、会場の雰囲気がとても良いですね。

とても、癒やされました。

子供向けのワークショップもあったりして、めちゃくちゃ素敵なイベントでした。

https://www.instagram.com/p/BRP1XuLDzpG/

チョークアートのワークショップ

https://www.instagram.com/p/BRPwuJcjR7L/

カード立てのおうちワークショップ

 

カバン職人のおじさんとお話したのですが、「私は職人じゃありません。クラフトマンです。この違いがわかりますか?」と言われました。

そのおじさんいわく、職人はオーダーされたものをそのまま忠実に作る人で、クラフトマンはオーダーされたものをそのまま作らない、こだわりをもったアーティストなんだそうです。

だから、オーダーを断ることもしばしばあるとか。

寝ても覚めても、鞄のことしか、考えていない。

自分が死ぬ時に後悔しないように生きている。

今の若い奴らはすぐに諦めるからダメなんだ。

みんな、安定を求めすぎ。

もっとチャレンジしなきゃいけない。

と、語られてしまいました(^O^;)

「大変勉強になりました」と言ってブースを後にしました。

 

仙台から出店されていた財布職人の若いお兄さんと話してみました。

平日は、財布を作っているそうです。

土日に今回のクラフトアート市のようなイベントに出店して、生計をたてているとのこと。

全て独学で今に至るとのこと。

既存の財布を分解して、試行錯誤して、財布を作っているようです。

だから、他の財布職人に比べて、無駄な工程は少なからずあるだろうとのこと。

でも、それが自分の味なんだと言ってました。

仙台は賃料が高いので、お店を構えることはできない、と言ってました。

ネットショップはよく分からないとのこと。

なんて、話を聞いていると、ちょっと応援したい気持ちにもなってきて、財布買っちゃいました😄

f:id:takashifujikawa:20170306064004j:plain

f:id:takashifujikawa:20170306064056j:plain

それにしても、本当に、素敵なイベントでした。

また、機会があれば、行ってみたいです。。。