読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

リモートワーク & LCC(格安航空)実証実験シリーズ② in 中国・深セン PART3

ドローン 趣味・ライフスタイル

深セン滞在二日目!

深センは、現在、世界の開発技術ナンバーワンの都市。

高城剛いわく、シリコンバレーで1ヶ月かかる開発が、ここ深センなら1週間で可能だそうです。

深センには、ドローンの開発メーカーがたくさんあります。

世界シェア70%を誇るDJIを始め、小型ドローンDOBBYのZEROTECHなど。

今日は、DJIの販売ショップの中でも最大規模の面積を誇るお店をリポートします。

ということで、早速、移動開始!

深センで初めて、地下鉄を利用しました。

5元札を切符の販売機に投入したところ・・・なぜかコインらしきものが出てきました。

f:id:takashifujikawa:20170226160735j:image

銀色が中国のお金。

下の緑色のコインは、なんと切符なんです!

伊勢さんと僕の二人分で2枚のプラスチックのコイン。

見た目は、カジノで使うようなコインでした。

f:id:takashifujikawa:20170226160759j:image

ちなみに、地下鉄構内では、なぜか生命保険も売っていました。

右側のオレンジのタッチパネルです。

これは、意味がよくわかりません。

電車事故で死んだときのためなんでしょうかね?(^O^;)

以前、新幹線の大事故ありましたもんね、中国。

f:id:takashifujikawa:20170226160834j:image

僕らが宿泊しているホテルの近くの地下鉄駅は1号線 Huaqiang Rd というところ。

DJIショップは、左側の Chegongmiao で11号線に乗り換えです。

ちなみに、一番右の終点は、香港との国境駅、Luohu です。

f:id:takashifujikawa:20170226162428j:image

11号線に乗り換えました。

深セン湾公園まで行きます。

2駅です。

f:id:takashifujikawa:20170226162451j:image

ベンチは固いステンレスみたいな素材でした。

日本みたいにふかふかしたベンチではありません。

どうやら、掃除をしやすくしてるようです。

f:id:takashifujikawa:20170226162537j:image

目的の駅に到着しました。

ここで、切符のコインを通過ゲートに入れます。

どうやら、再利用するためにコインの切符にしているんですね!

さすが、新しい都市ですね(*^^*)

f:id:takashifujikawa:20170226162724j:image

DJIショップに到着!

いよいよ、やってきましたよー!

DJIの販売ショップの中でも規模が一番大きいと言われている深センのお店に(*^^*)

f:id:takashifujikawa:20170226164413j:image

目の前の広場には家族連れやカップルがいっぱいいます。

なんていうか、すごいイイ雰囲気を感じる場所です。

f:id:takashifujikawa:20170226164254j:image

世界最大規模のDJIショップに来たものですから、マジで、テンションMAX!

秋田ドローンコミュニティ広報委員長としては、こうなりゃもう・・・半袖になるしかありません❗❗❗

f:id:takashifujikawa:20170226163120j:image

どうやら、伊勢さんもテンションが上がっちゃったみたいで、公衆の門前で手のひらサイズの小型ドローンDOBBYを取り出しちゃいましたっ(^O^;)

f:id:takashifujikawa:20170226162933j:image

日曜日ということで、親子連れやカップルがたくさんいました。

噴水ではしゃいでいる子供たちもいます(*^^*)

そんななか、伊勢さんは、ドビーを着々とセットアップ。。。

f:id:takashifujikawa:20170226164342j:image

深センだから、大丈夫だろう!というノリで飛ばしちゃいました!

世界一大きい規模のDJIショップの目の前で\(^o^)/

さすが、いつでもチャレンジング精神を忘れない伊勢さん!

あ、やっぱり寒いので、僕は、コートを羽織りますねっ(^O^;)

秋田よりは暖かいけど、気温10度ぐらいですもん。(;・∀・)

f:id:takashifujikawa:20170226163039j:image

深センでは、真冬と呼ばれる気温10度の中、心も体もホットになってしまった僕にはもうADCTシャツ(秋田ドローンコミュニティTシャツ)1枚あれば、十分😁

ということで、再度、コートは脱ぎ捨てました!

では、深センのDJIショップにいざ出陣!

f:id:takashifujikawa:20170226164928j:image

アップルストアみたいな感じに、とてもお洒落でカッコよくPhantom4やINSPIRE、MAVICなどが展示されています。

f:id:takashifujikawa:20170226163805j:image

Phantom4PROはもちろん日本で買うよりも4,5万円安いですね。

f:id:takashifujikawa:20170226163723j:image

伊勢さんが手に持っているのは、OSMOの最上級モデル。

f:id:takashifujikawa:20170226163950j:image

左奥の車の先に弾が出そうな大砲?がついているのが気になります。

まさか、軍事用ドローン?

f:id:takashifujikawa:20170226164017j:image

 円形の棚に並べられてあるドローンがカッコイイですね!

f:id:takashifujikawa:20170226164042j:image

もちろん、こちらの店内撮影は全てOK

日本って、店内撮影、異常に厳しいですよね。

いつも思うけど、撮られて何がそんなにマイナスになるのかなって(^O^;)

大した企業秘密なんて無いと思うんですがね。

もし、あったとしたら、一般公開すべきじゃないしね。

あ、日本のDJIショップじゃなくて、色んなお店のことですよ。

DJIのショップはフルオープンですね。

f:id:takashifujikawa:20170226164103j:image

この球面のスクリーンがすごかった。

プロジェクターを投影する球面のスクリーンなんですが、VRでもないし、3Dでもない、普通の平面タイプなんですが、映像がリアルに感じるんです。

人間の目でリアルに感じられるように、球面の角度が計算されているのかもしれません。

この感覚は、ここに来ないと伝わりませんね。

f:id:takashifujikawa:20170226164124j:image

ショップの店員さんに中国のドローンの飛行できる場所などを伊勢さんが中国語で聞いてくれました。

まず、飛行場所ですが、ここ深セン市は空港の半径6km以外なら、どこでも自由に飛行可能だそうです。

車の走っている道路の真上もOK

しかも、許可は誰にもとる必要無し。

日本じゃ考えられませんね(^O^;)

国交省や警察に届けないといけませんからね。

次に高さ制限についてですが、なんと500m上空までOKなんだそうです。

日本は航空法で150m以下の制限があります。

夜間飛行も届け出なしで自由!

人の真上スレスレもOK!

なんて、自由なんだ・・・。

f:id:takashifujikawa:20170226164214j:image

こんなイベント広場でも、人がたくさんいても、許可なしで誰でも飛ばせるんだそうです!

f:id:takashifujikawa:20170226164315j:image

こんな高層ビルが立ち並ぶ場所でも誰でも飛ばせます。

もちろん、事故が起きれば自己責任です。

日本のルールが厳しすぎるんですかね・・・?

色々と考えさせられました。

f:id:takashifujikawa:20170227054646j:image

ハッキリ言って、日本とは正反対。

今、深センの土地価格は上がり続けています。

現在ある地下鉄10路線も倍の20路線になるようです。

今、世界で一番伸びている都市であることは間違いありません。

f:id:takashifujikawa:20170227054750j:image

街中に、シェア型のレンタル自転車がたくさんありました。

もちろん、好きなところから乗って、好きなところに乗り捨て自由。

スマホのアプリで全て管理できています。

これは、まさにシェアリングエコノミーそのものですね。

ITやSNSが発達した時代ならではの、計画的に作られている都市。

深センは見どころ、ありすぎです(@_@;)

f:id:takashifujikawa:20170227054532j:image

信号機は、待っている人のイライラを抑制するために、信号が変わるまでの時間を秒数が電光掲示されています。

f:id:takashifujikawa:20170227054706j:image

夜は、深センと台北に拠点を持つ、日本ドローンレース協会の川ノ上さんと合流!

近々、一緒に仕事するので、会えて良かったです(^O^;)

マジで!

まだこれは、リリースできないのですが、近々、川ノ上さんとビックイベントやりますので、ご期待くださいませ😉

f:id:takashifujikawa:20170227054553j:image

川ノ上さんから聞いた情報によると、深センの平均年齢は32才。

どおりで、この町は、エネルギーが高いんだなぁ!

街を歩いていると、ワクワク感がたまりませんね。

なんていうか、深センには、勢いのエネルギー感があります。

それにしても、川ノ上さんも、伊勢さんも、チャレンジング精神とエネルギーがハンパないね!

二人に深センで、お話できて本当に良かったです!

f:id:takashifujikawa:20170227054611j:image

昨夜は、深センバドワイザーを飲んでみました(*^^*)

f:id:takashifujikawa:20170226165039j:image

明日は、電気街をレポートしますね!

お楽しみに😉