読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

リモートワーク & LCC(格安航空)実証実験シリーズ② in 中国・深セン PART2

ミスターDJ(ドローンジャーナリスト)の藤川崇です。

昨日は、香港国際空港で伊勢さんと合流したところで、記事を終了しました。

 

今日は、深センに行くために、香港を出国し、中国へ入国するまでの続きを書きます。

1日で、2ヶ国に入国するのは、もちろん初めてです。

いよいよ、共産主義国に初めて入国します。。。

まず、伊勢さんの指示どおり、香港国際空港内で、オクトパスカードという香港の電子マネーカードを購入しました。

日本で言うSuicaです。

香港のバスや電車、フェリーなどに使え、かつ、お店の支払いにも使えます。

セブンイレブンでも使えますし、セブンイレブンでチャージも可能です。

 

まずは、バスで香港国際空港から上水という場所まで行きます。

乗るバスの番号は、A43もしくは、A43Pです。

AはAirPort(エアポート)のAを指しているそうです。
f:id:takashifujikawa:20170226071808j:image

当初、伊勢さんは、アルファードクラスの相乗りタクシーで香港から深セン(中国)へ入国しようと提案してきました。

その方が、乗り換えがなく、一番楽に出国、入国ができるのだそうです。

しかし、その相乗りタクシーは、かなりの猛スピードで飛ばすという話を聞いた僕は、速攻で、拒否しましたっ(^O^;)

それで、第二の手段として、こちらのバス、そして、地下鉄、タクシーの乗り継ぎを選択させてもらいました。

もちろん、全部、伊勢さんがプランニングしてくれました。

f:id:takashifujikawa:20170226071833j:image

 

バスで移動、約1時間後に上水に到着しました。

バスは、安全運転で、乗り心地が良かったです。

しかし、暖房が効いておらず、寒かったです。

この季節の深センは、厚着をして行った方が良いですね・・・(^O^;)

秋田と同じとは言いませんが、結構寒いです。

帰りもここから乗車して、香港国際空港へ帰ります。

バスナンバーは、行きと同じくA43かA43Pです。

f:id:takashifujikawa:20170225231445j:image

バスターミナルから電車に乗り継ぐために、駅に移動します。

f:id:takashifujikawa:20170225231511j:image

 

羅湖(Low Wu)行きに乗車します。

先程のバスもこの電車もオクトパスカードを利用するので、切符を買う手間が無く楽です。

外国人だったら、絶対にオクトパスカードが楽ですね。

f:id:takashifujikawa:20170225231400j:image

電車内の様子。

僕らと同じように、香港国際空港からバスで乗り継ぎ、上水から羅湖、つまり深センへ移動しているような人たちがたくさんいます。

人種がカオスです。。。

f:id:takashifujikawa:20170225231241j:image

乗車後、10分、羅湖に到着しました。

めっちゃ近い!

f:id:takashifujikawa:20170225231221j:image

羅湖は香港の端っこであり、国境を挟んで、中国の深セン目の前です。

羅湖の駅舎内に、深セン方面の案内板があります。

f:id:takashifujikawa:20170225231155j:image

写真は撮ってませんが、無事、香港を出国できました。

 

このあとすぐ、人生で初めて、陸続きの国で、国境をまたぐ経験をしました。

写真では、わかりづらいですが、この川の右側が香港で、左側が中国です。

写真は、とても痛そうな鉄柵です。

f:id:takashifujikawa:20170225231108j:image

それと、国境を歩いている上の監視カメラの数が半端ない。

伊勢さんから、ここは写メしないでください、不審者と思われますから、と注意を促されました。

とにかく至る所に監視カメラです。

この先で、中国への入国審査があります。

この国境が最後の水際となるので、監視カメラの数は半端ないのは当たり前かもしれません。

いよいよ、人生初の共産主義国へ入国です!

中国の入国審査が厳しく、前の黒人がかなりチェックされて、30分ぐらい待たされました。

伊勢さんいわく、出国審査、入国審査で、時間がかかることは、珍しくないようです。

水とか食料は、持ち合わせた方がいいですね。

そして、無事、目的地、深センに着きました😉

f:id:takashifujikawa:20170225230940j:image

疲れている僕と、元気な伊勢さん。。。

記念にパシャリ😁

f:id:takashifujikawa:20170225231620j:image

ここからは、タクシーでホテルへ移動します。

深センの駅を出てタクシー乗り場に向かう途中、個人タクシーの客引きが何人もいて、すごかったです。。。

伊勢さんいわく、ボッタクリもあるので、ちゃんとしたタクシー乗り場から移動するのが無難とのこと。

f:id:takashifujikawa:20170225231054j:image

物乞いのおじいさんが、最初は、両足が無いフリをして、地べたを這い回って、物乞いをしていました。

今は、立っています(-_-;)

不憫に思ったであろう、見知らぬ女性の外国人が人民元を渡していました・・・。

この物乞いのおじいさんは、集団でビジネスしているようです。

くれぐれも、お金を渡さない方が良さそうです。

f:id:takashifujikawa:20170225230830j:image

タクシーの初乗りは10元(日本円で約120円)と激安。

f:id:takashifujikawa:20170225230812j:image

ホテルに到着!

朝、羽田空港国際線ターミナルに4時30分、飛行機出発が6時30分、バス、電車、タクシーを乗り継ぎ、ようやくホテルに着いたのが16:30。。。

12時間の移動が終わりました(^O^;)

f:id:takashifujikawa:20170225230721j:image

なお、中国では、インターネットの制限規制により、僕のリモートワークの必需品であるGoogleFacebookは使えません。

LINE、twitterも使えません。

SkypeとYahooは使えます。

そこで、VPN回線で回避できる、レンタルルーター、イモトnWi-Fiをレンタルしました。

おかげさまで中国国内で、無事に、Facebookとグーグルカレンダー、Gmailが使えています。

明日は、深センの市内からレポートします!

お楽しみに😉