読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

名刺の肩書に、ブロガーを追加しました!

僕は、2月1日付けを持ちまして、肩書を「専務取締役 兼 秋田支店長」から「専務取締役 兼 ブロガー」に変更しました。

それに伴い、名刺のデザインをリニューアルしました。

あと数日で、昨年の5月から毎日、書き続けているブログが300記事を迎えます。

これだけ書けば、ブロガーと名乗ってもおかしくはないでしょう。

ブログやFacebookでは、随分前から、名乗っていますがね。

毎日、ブログを書き続けるコツは、以下の僕の名刺のように、「ブログ、毎日更新中!」と書いてしまうことです。

この名刺を配れば配るほど、嘘つきに思われたくないから、毎日書いちゃいますよ😄

f:id:takashifujikawa:20170223031629p:plain

ウチの会社は、広告代理店なので、めちゃくちゃ業務の範囲が広いんです。

詳細はウチの会社のホームページを見てもらいたいのですが・・・。

小さいテキストのみで書いたとしても、名刺に全部書ききれません。

なので、僕は、自分のやりたい仕事だけを名刺に書くことにしました。

要は、好きな仕事だけをやる、ということです。

自分の中で、やりたい仕事の優先順位を考えてみると、面白いですよ。

というか、なるべく好きな仕事だけやっていた方がいいんです。

だって、この仕事、嫌だなぁって思いながら仕事しているとパフォーマンスはめちゃくちゃ下がりますよ。

つまり、仕事のクオリティが下がりますし、仕事をイヤイヤやっている感がお客様に伝わります。

その時点で、次の仕事は無い。

仕事ってそんなもんです。

だから、もし、嫌な仕事だとしても、その時は、本気で楽しんで仕事すればいいんです。

どんな仕事もゲームだと思って仕事をする。

僕がいつも心がけていることです。

というより、やりたい仕事だけに集中すれば良いと思います。

やりたい事を突き詰めていけば、プロフェッショナルになりますから。

 

ちなみに、ウチの会社の名刺は、みんなデザインがバラバラです。

会長の名刺は、自分をドラキュラタッチで描いたイラスト風の名刺。

社長はたしか縦書きの、ビシっとした、かなり真面目な感じの名刺。

ウチの新・秋田支店長の名刺は、こないだリニューアルされて、ブルー系のかっこいい感じになってたし。

ウチの会社の名刺にルールはありません。

堅実な会社ですが、このあたりは自由ですね。

統一感がまったくないです。

よく、お客様には「ブランドイメージを高めるために、各種デザインを統一しましょう」と言いますが、自社の名刺はみんなバラバラ。

ま、ウチの業種の場合、そうじゃないとダメかも。

大切なのは、「会社を売るより個人を売る」という観点です。

面白い個性が集まった集団という位置づけのブランディングをしているのでしょう。

僕、専務なので、断言できませんがね(ー_ー;)

 

ぶっちゃけ、肩書だって、本当はなんでもいいんです。

ただし、役職は勝手に変えちゃだめですよ、そりゃ(^O^;)

さすがに、まだ専務なのに、勝手に「社長」に変えたら、怒られます(=o=;)

肩書はなんでもいいんです。

以前、社内のスタッフに「自分の好きな肩書を名刺に入れていいよ」って言ったのですが、皆さん謙遜されて、ありきたりな肩書をつけてました。

というか、仕方ないから僕がいつも肩書を決めています。

肩書って、セルフイメージの高さを示しています。

だから、志が高いのであれば、いわゆるデザイン会社で一般的な「グラフィックデザイナー」と書くよりは、その上のクラスの「アートディレクター」とか「クリエイティブディレクター」とか堂々と書けば良いのです。

書いちまったら、そのレベルになるように努力するしかありませんから!

僕、いつも言いますよね!?

この世は言ったもん勝ちだって。

肩書だって同じことなんです。

出来る、出来ないじゃない。

やるか、やらないのか?

それだけ。

新人だろうが、ベテランだろうが、それで金を稼いでいるのなら、プロなんです。

プロフェッショナルなんです。

プロフェッショナルにならなくてはいけません。

バイトだろうが、契約社員だろうが、素人じゃないんです。

マチュアじゃないんです。

だからこそ、肩書は、自分がなりたいセルフイメージを先に書いちゃえばいいんです。

何度も言いますが、役職じゃなくて、肩書ですよ。

極端な話、役職も自由にしてもいいのかもなぁ。

社長になりたい平社員は、「次期社長候補予定者」とか。

だめかな?(^O^;)

僕だったら、そういう平社員の意気込みを買いますね!

で、思わず重要案件をお願いしちゃうかも。。。

普通の会社だと怒られますかね・・・(^O^;)

秋田県ではなかなか通用しないかと思いますので、オススメしません。。。

でも、マジでウケると思うんだけどなぁ。

営業マンで面白いヤツは、ノリで売れますからね!

何よりも、面白いってのが大切だと思います。

真面目で暗いヤツから、なんも買いたくないですもん (ー_ー;)

お前、一体、何しに来たんだ!?っていう営業マンもいますからね (;´Д`)

 

僕としては、いずれは、名刺もいらない人物になりたいですね。

神田昌典さんとか、高城剛さんのように、肩書など無く、名前だけ書いてある名刺に。

そうなるためには、まだまだ藤川崇の認知度が足りません。

僕の前には、藤川球児が立ちふさがっています。

Googleで「藤川」と検索したら、藤川崇がトップになるようになった暁には、名刺から肩書も役職も住所も電話番号もメルアドも全部抜いて、名前だけにします!

もう、堂々と、初対面の人に「僕、藤川崇ですけど、知ってますよね!?」って言えますからね😄

いや、むしろ「僕、藤川ですけど、知ってますよね!?」って言えるようにならねば!

知らないって言われたら、「え!?マジすか!?今すぐGoogleで検索してください!」って言いますからwww

 

ていうか、ここまで来たら、名刺っていらないのかなぁ???

何のために名刺ってあるんだっけ(=o=;)

なんとなく、あと数年後には、みんな名刺を持っていないような感じもしますね。

Facebookとかブログやってれば、必要ないような気がする。

名刺エイトとかLINEとかもあるし、自分のプロフィールなんて、クラウドにいっぱいありますからね。

初対面で会った日に、互いに名前を検索してスマホでプロフィール見ながら、「あー、そういう仕事してるんですかぁ、じゃあ、こんなこと出来ますか?」みたいな会話してるような気がする。

その方がお互いに効率的ですからね。

名刺って限られたスペースでしか、表現できないから、非効率ですもん。

ビジネスチャンスを逃さないためには、ソーシャルメディアの活用が必須ですね。

 

話が全然変わりますが・・・。

今年はマジで出版します。

まずは、自分の本を出します!

で、そのあと、誰かの本をプロデュースしていきます!

やっぱり、僕って、プロデュースする役割が大好きなようです。

イベントもWEBも人も本も、プロデュースの立場が好きなんだなぁ・・・。

今、気づきました😄

肩書変えようかなぁ。

「なんでもプロデューサー」って。

かっこ悪いな(=o=;)

「マルチプロデューサー」

じゃないな〜。

オールマイティープロデューサー」

違うな〜。

 

本日は、ダラダラと失礼いたしました。

とりあえず、ブロガーの藤川崇です❗

皆様、本日も良い一日を😄