読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

秋田県は後継者不足、全国ワースト3❗

仕事実績

東京商工リサーチの記事のとおり、全国社長平均年齢のトップは高知県、次いで岩手県、我が秋田県は社長平均年齢が62.97歳で全国3位である。

簡単に言えば、後継者不足だってことだ。

後継者不足、全国ランキングワースト3位だと断言してもいいのではないだろうか。

僕は、日常で様々な取引先と打ち合わせをさせていただく機会がある。

そういう現場レベルで話を聞いていると、いかに後継者不足が深刻であるか、目の当たりにする。

中小企業の場合、大抵、息子が会社を継ぐのが一般的。

もしくは、親類関係者。

これが見つからない場合は、従業員から抜擢。

それでもダメなら、外部から。

こういう流れが一般的だろう。

全国的に後継者不足であることはもちろんだが、秋田県は拍車がかかっている。

結局これも、少子高齢化全国ナンバーワンに関連している。

 

では、なぜ、後継者が見つからないのだろうか?

一番は、魅力的な会社じゃないからだろう。

魅力的な会社になれるように努力しないといけない。

不況なのに、バブル時代並の求人倍率である、今、売り手市場であることをまず認識する。

企業が人を選ぶのではない。

この時代、2020年ぐらいまでは、人が企業を選ぶ立場にあるのだ。

ここを経営者は認識しなくてはいけない。

企業経営者は、一度、上から目線をやめねばならない。

つまり、己の立ち位置を知るということだ。

いかにして、人材から見て魅力的な会社であることをアピールすることができるか?

それは、トップである社長の魅力、従業員が活き活きと働いていること、会社全体が良いエネルギーを発していることが大切だ。

見た目に関して言えば、僕に依頼いただければ、求職者側が求めている見やすいWEBサイトを構築することは可能だ。

秋田県の企業のホームページ、つまりコーポレートサイトは、採用戦略にのっとった、ちゃんとした採用ページがほぼ皆無だ。

これじゃあ、求職者側からしてみたら、不親切も極まりない。

今すぐ、弊社にお電話を!www

すみません、煽りすぎました(^O^;)

ま、ホームページ直すよりも、まずは、本質に目を向けねばならないとってことです。

 

そして、これが一番の問題かと思いますが・・・。

赤字経営だと、まず継いでくれないでしょうね。

このご時世、借金を背負ってまで社長なんてやりたくないからね(^O^;)

もし、赤字経営している企業ならば、まずは、赤字体質を直すこと。

それを直さないと、従業員がかわいそうだから。

経営者の仕事は、利益を出すことである、純利益を!

 

僕は、経営者じゃないので、自分の好きな新規事業だけをやる😁

WEBマーケティングとドローン空撮関連のプロジェクトに集中する。

そして、リモートワークの実践及び確立である。

一応、言っておきますが、リモートワークって、家にこもっているだけじゃないので。

昨日も一昨日も、クライアント先に伺って、社長の皆様方とディスカッション、コンサルティングを行っている。

常に、僕はトップセールスを念頭においている。

なんでって?

やるか、やらないのか、相手がトップだったら、答えが速いから。

そして、僕は一回のアポイントで、見切りをつけます。

この社長は僕と組んでやる人なのか、やらない人なのか。

何度も足を運んで、「社長、お願いします!仕事ください!」という営業は絶対にやらない。

20代の頃はやってましたよ😁

若いから、通用しますんでw

もう40歳にもなると、それは通用しないし、頭のいい社長からは、「お前はなんも変わっとらんなー」って呆れられるだけだし(^O^;)

この精神で仕事に取り組めば、ほぼ受注することができる。

だって、企業の課題って必ずあるから。

相手の本質を突くことが出来れば、課題は絶対にある。

その課題をソリューションしてやることが、僕の、弊社の仕事だ。

 

そんな日々コンサルティングしているなかで、ここ最近は、後継者不足の話に出会う。

僕は、後継者(予定者)の立場として、率直な意見を言うことが出来る。

会社を継ぐにあたって、二代目が抱えている悩みや不安。

僕自身を照らし合わせて、語ることができる。

 

あ、そういえば、Facebookの非公開グループで、「後継者お悩み相談室」というグループを作りました!

二代目や後継者で参加したいっていう人は、僕にMessengerくださいませ。

趣旨は、僕のように、二代目予定者(後継者予定者)もしくは、すでに社長になった二代目、三代目がお互いに悩みをシェアしながら、ディスカッションし、より良い企業を目指していくこと。

アドバイザーとして、田村薫さんにも参加してもらっている。

田村先生は、自らの体験を元に後継者サポート業務を行っている。

ちなみに、田村先生とはここ数年の友達になるが、まだリアルではお目にかかったことがない。

たぶん、いい人だろうと思う。

悩める後継者の皆さん、僕らと一緒に、がんばりましょう😁

 

後継者の皆さん、こちらの本、Kindle読み放題で0円です。

読んでみてください。 

「後継者」という生き方

「後継者」という生き方

 

 

とにかく、後継者不足は深刻な問題だ。

後継者がいないということは、会社をたたむしかなくなるから・・・。

会社をたたんだら、従業員は路頭に迷う人もいるだろう。

そうならないように、魅力的な会社にならねばならない。

 逆に、「俺にその会社、経営させてください!」っていう若者はいないのかな?

 出会った試しが無いが・・・。

以前、国際教養大学の生徒に会ったことがあるけど、やはり頭のいい大学生たちで、既に卒業したら、起業するって言ってる学生がうようよいた。

残念ながら、秋田県外出身の学生たちだったが。

 

勢いのあるやつが勝つ。

ちょっと前のめりなやつが勝つ。

さ、今日も元気に、スパークしましょう❗