読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

企業PRにおいて、ブログを社員交代制で書かない方が良い7つの理由。

まず、初めに断言しておきます。

企業PRでブログを始める場合は、トップ、もしくはトップに近い人物がブログを書くべきである、と僕は思っています。

この考え方に基づき、僕の肩書は、「専務取締役 兼 ブロガー」であります。

それを踏まえて、本題です。

昨今、企業がPRするために、ブログを書いている会社が少なくありません。

僕なんて、まさにそう。

当たり前ですが、SEO的に効果を発揮するわけですし、実際の業務の詳しい内容なども記載されるので、企業の信頼度が高まるわけです。

だから、やらないのが損だと僕は思っています。

僕は、ご縁がある企業経営者様、もしくは経営幹部様には、ブログの書き方や、更新の仕方、ネタの見つけ方などを、無料で指導させていただいております。

 

では、なぜ僕が「ブログを社員交代制で書かないほうが良い」と主張しているのか?

それは、以下の7つの理由があります。

  1. 毎日更新ができず、2~3週間に1回の更新になってしまう。結果、続かない。
  2. 社員なので、経営者の目を意識して当たり障りのないことしか書けない。
  3. 発言に対しての責任の所在が誰なのか薄い。つまり、信頼性に欠ける。
  4. 世間からバッシングを浴びるのではないかと不安になり面白いものが書けない
  5. 取引先に配慮しすぎるため、当たり障りがなくなってしまう。
  6. 社員は、通常業務で忙しいから、後回しにされてしまう
  7. 適切な文章表現を気にしすぎる

僕も以前、社員ブログを提案し実行しましたが、わずか3日ぐらいで終了しました。

他社の社員ブログを見ていても、続いていないのがほとんどです。

なので、企業のPRしたい場合は、やはりそこのトップやナンバー2が自ら広報マンとなることが大事です。

それこそが、トップセールスです。

昔で言えば、トップみずからが、クライアント先へ足を運んで営業する。

今の時代は、ブログで発信するのが最も効率が良い。

具体的に僕が薦めるやり方は2パターンです。

コーポレートサイトのPVを増やしたい、Googleで検索上位に表示させるためには、自社ドメイン内にブログを構築します。

てっとりばやいのは、WordPress等のCMSでコーポレートサイトを構築して、その中で社長ブログを毎日コツコツと書く。

もう一つのパターンは、僕のブログのように、独自ドメインをとって単独でブログを開設する。

ただし、この場合は、自社サイトのGoogle評価は上がりません。

セルフブランディングを念頭に置く場合は、僕のやり方が最も有効的。

今の時代は、企業よりも個人の時代です。

だから、僕はコーポレートサイト内にブログを書いていません。

会社名で売る、というより、自分を売る。

大企業なら話は別ですが、中小企業の場合は、個人を売ったほうが良い。

モノを売るというより、人物像を把握してもらうことが大事。

毎日更新していると、嘘は書けません。

なんとなくかっこよいこと、きれいごとだけ書くのは続きません。

毎日更新すると、本音になってきます。

僕もブログを始めた頃は、当たり障りのない記事でした。

これはこれで、ほのぼのしていいんですが・・・。

この手の写真系は、よほど撮影が好きじゃないと、やがて、それネタ切れしちゃいます。

で、思い切って、本音で書いていく。

そうすると、ネタは切れません。

書いているうちで、思考が整理されてアイデアも出てきます。

企業のトップが本音で書いていくことって大切だと思います。

社員が本音を書くには、相当の勇気が必要かと思います。

僕が社員だったら、ネタ集めから、編集等の文章表現の確認、文字校正・・・。

半日ぐらい時間かけて、間違いのない記事を書くでしょうね(=o=;)

1記事書くのに時間がかかりすぎます。

なので、社員に書かせるとしたら、完全に業務として書かせたほうが良いでしょう。

でも、そんな余裕のある経営者はいないはず。

「ブログ書くより足で稼げ!」って言われたりしますからね、僕も(^O^;)

結果、企業のトップ、ナンバー2あたりが書いたほうが効率的なんです。

 「書く時間が無い」と言う方もいらっしゃいますが、時間は捻出するものですから、時間はあります。

「書くネタが無い」と言う方もいらっしゃいますが、生きていればいくらでもネタは転がっています。

何一つとっても、ネタになります。

ただ、意識してほしいのは、自社の仕事につなげるということですね。

自分の趣味でもなんでもいいのですが、自社の仕事につなげるという意識があれば、それが文章表現にのっかってきます。

売り込みをするのではなく、自社の仕事につながるような、読者にとって有益な情報を伝えていく。

それが大事です。

プライオリティとしては、「読者に有益な情報を伝える」「自分の本音」「自社の仕事につながる記事内容」となります。

自分で言うのもなんですが、これが良い例だと思います😄

参考にしてみてください↓

 

ブログの書き方は、以下の過去記事を参考にしてください。

 

ちなみに、昨日の記事は、事前にFacebookで「昼頃にブログで重大発表をします!」と煽り、大多数の休憩時間である昼12時過ぎに記事を投稿したので、アクセス数が1000件を超えました。

f:id:takashifujikawa:20170202050459p:plain

予想どおりの数字です。

この記事自体は、朝5時に書き終えていました。

昼の12時頃、僕は、お客様にWEBマーケティングコンサルティング中でした。

コンサルティングしながら、スマホで記事投稿ボタンをポチしました。

お客様にはブログの書き方を指南しながら😄

 

今度、ブログの書き方のセミナーでもやってみようかなぁ・・・。

 

WEBマーケティングの仕事の依頼は僕のMessengerまでどうぞ😁