藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

いざ、来月の深センに向けて、インターネット通信環境の確認及び、手配。

固いタイトルですが、海外渡航の場合、ネットの通信環境って結構重要だと思っています。

まず、今回行く中国の深センですが、中国国内のネット規制によりFacebookGoogle、LINEは使えません。

原則使えるのは、Skypeとwechat。

ということで、まずは、WeChatのアカウントを取得しました。

Skypeはいつも使っているのでOK。

でも、僕が仕事でメインとして、いつも使っているのは、FacebookのMessengerとGoogle CalendarGmailです。

この3つのクラウドツールは僕にとって三種の神器なんです。

使えないと、スムーズなリモートワークが出来ないのであります。

そのためには、VPNで回避できるらしい、という情報を得ました。

そんな矢先、1月23日のニュースで「VPNの規制を強化する」という趣旨のニュースが各メディアより伝えられました。

こりゃ、FacebookGoogleは駄目かな~と思ってたら、今度はこんなニュースが!

要は、違法業者を摘発するということで、正規のVPN接続業者は使えるということらしい。

だったら、Docomoなら安心だろうと思い、Docomoに電話で確認してみました。

そしたら、「使えるとは断言できない」というような回答でした(-_-;)

たぶん、安全圏をとっての話し方なんだとは思いますが・・・。

使えますよ!って断言してもらえたら、3月末までのキャンペーンでお得だし、たぶん一番カンタンそうなので、これにしたいのですが・・・。

仕方ないので、レンタルルーターVPNを回避できるものを探しました。

そしたら、イモトのwifiVPN解除もついているので良さげでした。

で、電話して確認したところ、中国国内での接続業者とちゃんと契約を結んでいるのでVPNは大丈夫ですので、GoogleFacebook、LINE、大丈夫ですよ、との回答をいただきました。

なので、申し込みました。

レンタルルーター代(VPN込み)で4日間で総額4,696円。

もっと安いのあるかもしれませんが、これ以上、時間をかけてられないので、確実にVPNできるっていう確信が持てるってことでこれに決めました。

これで、深センでのネット環境はOK!

しかし、今回は、香港を経由して、中国の深センに行きます。

よって、香港でのネット環境を考えねばなりません。

香港は2日間滞在予定。

二日間といっても、深センへの経由で寄るだけなので、半日×2日って感じ。

となると、香港での通信環境が必要。

ということで、色々調べた結果、香港のSIMを買うのが一番良さそう。

で、香港のSIMを調べたら、ちょうど二日間で手頃なやつを発見。

なので、これをポチッしました。

【Hutchison】香港プリペイドSIM 2日データ通信2.5GB

【Hutchison】香港プリペイドSIM 2日データ通信2.5GB

 

あとは、今使っているスマホDocomoに持っていってSIMロックを解除してもらえればいいだけ。

ちなみに、僕のVAIOには、SIMフリースロットが搭載されています。

ということで、インターネットの通信環境が整備されたので、リモートワークのためのクラウド環境も無事に保たれそうです。(*^^*)

あとは、行ってみないとわかりません!

でも、通信環境が途絶えたときが怖いので、一応、宿泊先や地図は紙出力しておこうかと思っています。

日本国内であれば、わざわざ紙出力はしませんが、海外だとちょっと怖すぎなので(^O^;)

ということで、リモートワーカーを自負している自分としては、ネットの通信環境は命なのであります!

皆さんも、香港、中国に渡航される際は、参考になさってください。

ただし、日々状況は変わりますので、ネット規制については、ニュース等で充分にご確認くださいませ。