藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

電脳体育会系男、Facebookを休止します・・・。

ワケの分からないタイトルをつけてしまったw

先日、ここ数年親しくなった友人のM越さんから、「藤川さんは電脳体育会系だw」と言われた。

なんだか、妙に嬉しかった。

だから、タイトルに入れてみた?

f:id:takashifujikawa:20170127051850p:plain

ここからが本題。

昨夜、FacebookでLIVE配信しようと思ったら、上記のような警告が表示されて、LIVE配信ができなかった。

Facebookのコミュニティ規定を読んでみたが、思い当たる節がない。

他に考えられる点を推察してみる。

  • LIVE配信を一日2回ぐらい、1回あたり30分~1時間以上使っていた
  • 記事投稿が昨日は20投稿ぐらいした
  • 僕を好まない誰かが、Facebookへ何かを通報した

なんとなく、考えられることとしては、それぐらいかなぁ・・・。

ま、とりあえず、Facebookを一時的に休止してみることにする。

LIVE配信停止だけで済めばいいけど、最悪アカウント停止になったら不便だし。

仕事でバリバリ使っちゃってるので、Facebookのアカウント停止は避けたい。

最悪、Messengerの機能が使えなくなってしまうのが一番痛い。

ちなみに、うちの会社は古くて、いまだにDocomoのキャリアメールが主流だ。

いいかげん、Messengerにしてほしいのだが・・・。

昨日、僕は横浜市から、クライアントは秋田市から、Messengerの動画通話を使い、互いの表情を確かめながら、30分ほどWEBマーケティングの打ち合わせをさせていただいた。

こないだの日曜日は、Messengerで僕は秋田、一人は中国の深セン、もう一人は台湾の台北をつないで、某イベントの概要について、サクッと打ち合わせをMessengerで行った。

しかも、ほとんど初対面の2名と。

また、様々な中期~長期プロジェクト単位の案件があれば、僕はFacebookに秘密のグループを立ち上げ、関係者3~10名程度とディスカッション、情報共有をしている。

以上から分かるように、Facebookは僕にとって、完全なるビジネスコミュニケーションツールである。

なので、アカウント停止になっちゃうと、非常に困る。

このように、Facebookはビジネスを加速化させる上で、極めて便利である。

便利な半面、Facebook中毒には要注意だ。

何かの隙間時間を見つけては、やたらと投稿する人がいる。

そう、何を隠そう、僕の事だ(^o^;)

たぶん、周囲からしてみたら、1日10~20件の投稿はウザい。

以前、友だちからクレームのMessengerが届いたことがある。

僕は、仕事をしながら、何か思いつけば即投稿。

もしくはメモ代わりに記事をすぐに投稿。

でも、いつも意識しているのは、それが誰かの役に立つであろう、という部分。

個人的な満足、いわゆるリア充的な投稿はしない。

あくまでも、藤川崇という人間の信頼価値が高まる投稿しかしない。

分かりやすく言えば、いわゆるセルフブランディングっていうやつだ。

ここで僕が言う「信頼価値」とは、信憑性の高い内容の記事を投稿をするから、高まるものではない。

ましてや、真実を語る必要性もなんてこれっぽっちもない。

このご時世、真実なんてものは、日々変わるから。

現時点、現段階において、僕が間違いないと思った情報だけをシェアするし、意見する。

僕は新聞記者でもなければ、ライターでもない。

よって、真実を書く必要性はない。

さらに言えば、極端な文字校正の必要もない。

駄文乱文で十分である。

 

僕は、ただ「藤川崇」の価値が高まればいいのだ。

それは、ユーザー全員に好まれることでもない。

僕にとって、必要な人にのみ、僕の真意が届けばよい。

そのためには、自己をさらけ出さなければ、必要な人に伝わらない。

だから、僕が何度も言っているのは、「本音で生きる」ってこと。

リアルな日常も、Facebookもブログも全部本音100%で生きると、自分の人間性が良くも悪くも正しく伝わるので、信頼価値が高まる。

ハッキリ言って、信頼価値を高めるのはカンタンだ。

本音で喋ればいいだけ、書けばいいだけだから。

ただ、そこに頭の良さを演出するためには、知識もそうだけど、自らの経験は必要だ。

それが、ニュースや何かの引用だけの投稿だと、正直でいつも良い情報をくれる人だということで信頼はされても、ビジネス発展には全くつながらない。

ビジネス目的じゃなくて、純粋なるコミュニケーションだけの目的なら、それはそれで構わない。

僕の場合は、ビジネスとプライベートを分けない、むしろ仕事人間かな。

いわば、Facebookは僕にとってはリサーチツールであり、マーケティングツールだ。

ということで、今回はアカウント停止を恐れて、一旦Facebookを休止する。

 

けして、SNS疲れではない。

最近、ほんと頻繁に見かけるのが、Facebook上の人間関係のトラブルで退会、もしくは休止する人たち。

言葉って重要だなって思う。

その一言で勇気づけてくれる場合もあれば、不用意な一言で、相手を深く傷つけてしまうこともある。

本音は良いのだが、相手に対する配慮は必要だ。

弱っている相手に追い討ちをかけるような発言は不要だ。

それは、下手をすると恨みを買ってしまう。

念の強い人であれば、恨みは、なんらかのカタチで現象化する。

不要な恨みは買う必要がない。

僕は嫌われてもいいけど、恨みは買いたいくない(^o^;)

だから、相手に併せて、言葉は選ぶ。

相手というより、相手の精神状態に併せて適宜言葉を選んでいる。

それが、人と人の本来のコミュニケーションだ。

これは、常に意識している。

リアルでも同様に。

空気を読む、ではなく、感じるってことかな。

長らく、営業をやってきているので、見た目で、分かるし。

相手の目を見れば、精神状態は一発で分かる。

多少、強めの言葉を発しても耐えられる人間には、強めにいく。

少なくとも、ケンカをふっかける、わけではないのであしからず。

おかしげな考え方、発言をしている相手には、とことんいくのが俺流だ。

ただ、一般的に暴言に見えても、よく噛み締めて読むと、真意は愛が深い、と分かる場合がある。

時に核心をつきすぎた発言は、暴言となってしまう訳だが。

そこを分からずに、その人を嫌いになってしまうことだけは、避けたい。

いや、避けて欲しい。

もったいない。

どっちもどっちなんだけど、そのへんは互いに妥協して、うまくやってほしいんだけどなあ・・・。

大人なんだし・・・(^o^;)

ま、時にプチ炎上する俺から言われたくないかっ!

 

それでは、Facebookを一時休止します!

 

追伸:僕を探さないでくださいw