藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

JUKI電子工業株式会社様の「分光測色計AY555」のプロモーションビデオを制作しました?

JUKI電子工業株式会社様の「分光測色計AY555」のプロモーションビデオを制作させていただきました。

今回のPV制作はナレーション以外、企画(台本)から撮影(弊社スタジオ)、編集まで一貫して外注せずに全て弊社内のスタッフのみで行わさせていただきました。

日本語版のナレーションは大島貴志子さんです。

英語・韓国語・中国語のバージョンも制作いたしました。

弊社は、引き続き、JUKI様のプロモーション活動をサポートして参ります。

 

以下、親会社のJUKI株式会社様のプレスリリースです。

2016年10月11日

分光測色計「AY555」を新発売 JUKIの子会社で初の製品化

 

 

JUKI株式会社(社長:清原晃)の子会社であるJUKI電子工業株式会社(社長:高橋喜久雄)は、分光測色計 「AY555」を当社として初めて製品化しました。

販売は、東京産業株式会社(社長:里見利夫)が担い、10月17日 より日本、韓国、台湾、中国などを中心に国内外で発売します。

JUKI電子工業株式会社は、引き続き、開発と製造 を担います。

分光測色計は、色を構成している色相・明度・彩度の色の3属性を、反射と透過の測定機能で数値化し、“物”の 色を正確に測るための装置です。

製品管理や研究開発部門などで、商品外観などが指定色通りに納品されているか、 材料変更の際、色に誤差が生じていないかなど、目視の1/10の分解能で、色の精度比較ができ、高いレベルでの品 質検査が可能です。

AY555は、実際の現場での使いやすさを考えた軽量でコンパクトなオールインワン型製品です。

間口が狭く、奥行き のある形状のため、パソコンの横に設置でき、パソコンと連携させて測定データをすばやく取り込み、比較や管理をするこ ともできます。

また、測定用の光源には、業界初のLEDを採用していますので、省エネ・長寿命でメンテナンスコストを抑 えることができます。

分光測色計は、JUKIの製造子会社が連携して進めているグループ事業(受託開発・受託製造事業)の一環として、 開発と製造を担います。

固体・粉末・粒・粘性・液状など、幅広い素材を測定できるため、塗装業界、樹脂素材業界、 化粧品業界、食品業界、医療業界に加え、JUKIのお客様であるアパレル業界での生地や糸などの色の判定に、当 機の活用提案を行ってまいります。

 

◆特長

●色差を簡単測定 基準となる試料と検査対象となる試料の色差が、許容範囲内かどうかを判定できます。

●業界初の測定用光源にLEDを採用 LED(半導体)は自己発熱、周囲温度により光量が変動する特性を持っていますが、発光量とセンサーの感度調整で 補正する方式を採用し、業界初のLED化を実現しました。省エネ・長寿命でメンテナンスコストを抑えることができます。

●小型・軽量のオールインワン型 間口が狭く、奥行きのある形状は持ち運びしやすく、パソコンとセットで設置でき、スペースを有効活用しながら、測定デ ータをすばやく取り込み、比較・管理を行うこともできます。

●幅広い測定対象物 反射と透過の測定機能により、固体・粉末・粒・粘性・液状・透過物など、幅広い素材を測定できます。また、測定範 囲は直径30~5mm のものまで測定できます。

●見やすく、操作しやすい大型の液晶表示 操作手順や測定結果を表示する液晶パネルは5インチサイズのため、見やすく操作しやすいため作業効率を向上できま す。

また、日本語、英語、中国語、韓国語の4カ国語での切り替えができます。

 

◆発売日:2016年10月17日

 

◆希望小売価格

【国内】 (消費税抜き) 分光測色計 AY555 1,800,000円

  パソコン管理ソフト Color Reader 200,000円

 

 

■当リリースに関する問合せ先

 

 

JUKI株式会社

グループ事業統括部

貫井 邦夫 TEL:042-357-2279

 

JUKI株式会社

総務部 総務・広報グループ

林 桐子 TEL:042-357-2398 

 

JUKI電子工業株式会社様のウェブサイトはコチラです。

f:id:takashifujikawa:20170117075658p:plain