藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

保険屋さんのWEBマーケティングと、最先端がん治療サイバーナイフって!?

WEBマーケティングをなりわいとしている僕が以前から興味があったのが、保険屋さんがよくやっているWEBマーケティング

ポイントサイトや、バナー広告とかで、「1時間〜2時間、面談して保険相談をするだけで5000円」みたいなのありますよね?

僕、これ、とても興味がありました。

だって、面談するだけで5000円(5000ポイント)もらえるんですよ。

保険屋さんからしてみれば、顧客一人あたりに対して5000円のコストをかけている、ということになります。

で、一人あたり5000円のコストをかけても、会って面談まで持ち込めれば、保険の、契約までこぎつけられる、という自信があるのでしょう。

さて、これに挑まない藤川崇ではございません。

早速、体験してきましたよ?

面談場所は、もちろん僕のホームグラウンドであるナガハマコーヒー広面店を指定。

保険屋さんの営業トークに飲まれちゃいけませんからねぇ?

最初に結論を申し上げますと、行ってよかったです。

今、保険屋さんって、経営統合?が進んでおりまして、個人でやってるいる人は不利なんだそうです。

これは、別の保険屋さんからも聞いておりました。

で、統合されているので、扱っている保険がたくさんあるんです。

何年か前の保険と全然違っていて、とにかく幅が広い。

いろいろな保険を教えてもらいましたが、ドル建ての保険が面白そうだなって思いました。

こんなやつです。

僕は株とかは一切やっていません。

昔、レバレッジ100倍のFXをちょこっとやってましたが、最初は勝ちましたが、最終的にはヤラれてしまい、速攻でやめました(=o=;)

あんな恐ろしいギャンブルにはもう二度と手をだしません!

 

話は戻りますが、いずれ色々な保険があって、ガン保険でも、今から入って毎月5000〜1万円を預けて、70歳になると全額戻ってくるやつとか。

万が一、ガンになった場合は、速攻で100万円もらえるんだそうです。

これだったら、低金利の銀行に黙って預けているよりはメリットありますね。

満期にお金が全額返ってくるし、がんになったら100万円もらえるし。

しかも、100万円で交通費とか宿泊費とか治療費除いて、お金が余ったら、好きなように使ってもいいみたいですし。

僕、勘違いしていました。

治療費、入院費のみが支払われるものだと思ってました。

全然違うんですね。

要はなんにでも使っていいんですねー。

交通費、宿泊費と書きましたが、治療費よりもそっちの方がお金かかりますよね!

というのは、僕がもしガンになったら、秋田県内では絶対に治療しません。

どうせ、メス入れるだけでしょうし、抗がん剤治療しか出来ないでしょうし。

ハッキリ言いますが、抗がん剤治療はアウト❗

抗がん剤は、体温を下げてしまいます。

この時点でありえません。

体温を低くして治療なんかできますか!?

僕の平均体温は37度です。

免疫力を高めるには、体温が高くないとダメなんですよ。

こんなの常識でしょ!?

にも関わらず、抗がん剤で体温を下げる!?

これになんの意味があるのでしょうか?

これ以上は書きませんが、そういった理由から秋田県内では絶対に治療しません。

じゃ、僕がガンになったら、何を選択するのか?

この二択しかありませんね。

 

一つは、海水温熱療法。

ガンが治るとは言いませんが、徹底的に体を温めるので、毎日通ったら、どうなるでしょうか?

もちろん、保険は適用されません。

ガンの一番の原因は遺伝ではありません。

ストレスです。

人は極度の精神的ストレスを受けた場合、たった一日でステージ4のガンになってしまったりします。

というか、ガンは毎日出来てます。

出来ては消え、出来ては消え、その繰り返しです。

 

もう一つは、最先端放射線治療。

宮崎紳一郎先生の定位放射線治療のサイバーナイフ。 

保険適用が効くらしい。

先日聞いた話では、乳がんになった女性が5日間通って、サイバーナイフ治療を受けて、治ったとのこと。

もちろん、抗がん剤治療は無し。

麻酔も何もやらずに治療するのだそうです。

痛みもないとのこと。

一番重要なのは、切らなくて済むということです。

人間の体は基本的に切らないほうが良いのです。

で、この先生今大人気らしいです。

入院は受け付けない主義のようで、周辺のビジネスホテルが満室だとか。

ビジネスホテルに宿泊しながら、サイバーナイフ治療を受けるんですね。

詳しく知りたい方はこちらの二冊をお読みください。 

 

からだにやさしいがん治療の本=PETCTによる診断とサイバーナイフの治療

からだにやさしいがん治療の本=PETCTによる診断とサイバーナイフの治療

 

 

サイバーナイフによる定位放射線治療 =がん治療の120症例にみる症状緩和の実際

サイバーナイフによる定位放射線治療 =がん治療の120症例にみる症状緩和の実際

 

 

ということで、もし僕がガンになったら、上記のどちらか、いやむしろ両方やっちゃうかなー。

最初にサイバーナイフやって、そのあとフォローで海水温熱療法が最強でしょうね❗

そんなことやってる人全国で一人もいないでしょうが、もし藤川崇が癌になったら、上記の二択をどっちもやります!

それでも100万円は余りますね・・・?

 

とはいうものの、保険に加入するかどうかは未定です❗

てことで、5000円GET?

皆さんも、やってみてください。 

保険屋さんの話を聞くだけで5000円はおいしいですね?

くれぐれも営業トークに負けないようにね!