読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

当社のドローン部を始めて、まもなく1年が経過するので、ここらで振り返ってみる。

株式会社販促、HANSOKU DRONE TEAM、ドローン部長の藤川です。

弊社のドローン部の創設は、2016年の1月の取締役会がきっかけです。

たしか、弊社の経営幹部が僕に、「最近新しいネタある!?」って聞いてくれたのが発端だったと思います。

当時、高城剛がドローンを飛ばしまくっており、今も変わらず、彼の書籍とメルマガを読みまくっていた僕は、間髪入れず「時代はドローンです」と言い、熱弁をふるいました。

で、とりあえず、ドローンの情報を収集することとが命ぜられ、各種イベントへ出向き調査を始めました。

 

一番最初に行ったドローン系のイベントはカメラの祭典、CP+。

上記リンクは、今年の概要ですが、こちらで、SEKIDOの志村さんによるドローンセミナーがあり、参加いたしました。

 

で、たまたまですが、高城剛SONYブースで講演していました。

 

このイベントに心打たれ、感動した僕は、速攻でドローン購入の社内決裁をもらい、その数日後、Phantom3を4機、購入❗

Phantom3、4機を扱うドローン部4名(大曲本店2名・秋田支店2名)を僕が勝手に人選しました❗

 ここで、ショックな事が起きます。

なんと、購入を決めた翌日に、DJIから、新型ドローンのPhantom4の発表が・・・(@_@;)

マジすか!?

で、Phantom3をキャンセルしてPhantom4に切り替えようかと思いましたが、踏みとどまりました。

理由は、DJIの新型のドローンはいつも不具合があるので、様子を見たほうが無難ということ。

そして、始めての飛行になるので、パイロットの腕を磨くためにも、Phantom4の新機能・障害物を回避する機能などがないドローンで緊張感を保ちながら飛ばせるようになるため。

大きくはこの2点です。

なんでも新型が大好きな僕なんですが、この時は人の意見に耳を傾けました。

一発目のドローン購入なので、慎重に考えました。

4機一気に購入するので、より慎重になりましたね。

あ、僕のblogやSNSだけを見ている人からすると、僕は勢いだけで生きているように見えるかもしれませんが、リアルの仕事では、ちゃんと緻密に計算しながら、遂行しております。

そんな風に見えないかもしれませんが・・・(=o=;)

 

3月に、某団体の広報誌のデザインコンペがありました。

表紙案と、中身の企画コンペです。

中身は、秋田県内の経営者を取材して、書き起こし、編集、デザインを見開き2ページ。

僕は、早速、これにドローンを絡めてやろうと思いました。

そこで、自分が社長という体でフィクションを書き起こしました。

フィクションを書き起こすにあたって、神田昌典さんの全脳思考を使いました。

で、出来上がった特集ページがこれ❗

f:id:takashifujikawa:20170107085013j:plain

コンペの結果は落選でした。

しかし、これやって良かったです。

ここに書いてあることは、これを書いている当時の時点では、半分が空想物語です。

しかし、1年を振り返ってみると、ここに書いてあるようなことの一部が実現して、仕事に結びついています。

なので、新しいプロジェクトを進めるときは、全脳思考が使えます。

というか、僕は必ず使っています。

詳しくは、こちらの書籍をお読みください。

神田昌典さんの本の中では、藤川的には一番オススメの本です。

全脳思考

全脳思考