藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

WEBで集客したかったら、デザインは二の次!早く稼働させることが大事!

当社は、本日で2016年の営業は最終日です。

今年は、例年にも増して、たくさんの人と出会いました。

新しい仕事もたくさんやらせてもらいました。

皆様のご縁と出来事に心から感謝申し上げます。

どうもありがとうございました。

 

さて、当社では、新規のウェブサイト制作や、既存のウェブサイトリニューアルの案件を日々、請け負わせていただいております。

そんな中で、僕はいつも思うことがあります。

お客様がデザインにこだわり過ぎていて、実際のウェブサイト稼働まで、時間がかかり過ぎではないか、ということです。

3ヶ月はまだ良い方で、下手する半年くらいかけて、ウェブサイトのアップにこぎつけるクライアントもいます。

中には1年がかりで、やっと稼働開始というクライアントも(^O^;)

計画的・戦略的なタイミングでのローンチであれば、そのタイミングで全然構いません。

 

僕は、こんな性格なもんですから、思わずクライアントに言っちゃいます。

「デザインに時間かけても、集客や収益にはつながらないんですよねぇ・・・」

お客さんから、ムッとされる場合もありますね・・・(^o^;)

 

いわゆる官公庁案件ならば、稼ぐ必要が無いので、それくらいゆっくりでも問題はないでしょう。

しかし、民間会社の場合、そのペースで良いのでしょうか?!

一刻も早く、集客に結びつけた方が良いのではないでしょうか?

もちろん、業種と内容にもよりますが、僕は基本的に、「まず、走らせろ!」という考え方です。

要は、デザインうんぬんは、程々にしておいて、ウェブサイトを一刻も早く、稼働させよう!ってことです。

早ければ早いほど良いです。

大体の打ち合わせが終わったら、極論を言えば、2週間後にはホームページをスタートさせるべき、と考えています。

打ち合わせは、僕の場合は、基本初回の一回きりです。

対面かSkype

最近はFacebookの動画通話機能を使っています。

二回目以降は、メール、Messenger等でWeb、クラウドで校正。

もちろん、クライアントが会って打ち合わせをしたいという要望があれば、会って打ち合わせます(^^)

うちのWebコンサルタントの吉野の場合は、僕よりも緻密で丁寧なので、打ち合わせ回数はもうちょっと多いかもしれません。

ポイントはウェブサイトの完成度は程々にして、走らせてしまうことです。

ウェブサイトにパーフェクトを求めてはいけません。

走りながら、パーフェクトに近づけていくのが大切なんです。

 

WEBを走らせながら、日々グーグルアナリティクス等の各種数値データを把握しながら、ウェブサイトの修正を加えていきます。

御社の商品が売れるか、売れないか?

御社のサービスが魅力的なのか、魅力的ではないのか?

その答えは、ウェブサイトを訪問してくれたユーザーたちが数値というデータで、見せてくれます。

数値を見れば、どのページが人気があって、どのページは全然見られていないなど、または、購入決定プロセスまでの導線が良いのか、悪いのか、データで一目瞭然です。

 

とても簡単な話ですよね?

でも、これを理解している人が秋田県の場合は、とても少ないのが現状です。

更に言えば、理解はできているが、行動していないクライアントが多いです。

行動していないというよりも、どうやって行動したらいいのかが分からないから、行動できない、というのが適切かもしれません。

僕とWebコンサルタントの吉野は、そこを補完できます。

僕自身は、ブロガーとして、ブログとfacebookを活用した集客方法をソリューションできます。

Webコンサルタントの吉野は、その肩書のとおり、全体的にはコンサルティング(一部経営課題を含む)いたしますし、実弾をお望みなら、東京で大手相手に培ったスキルで御社に合ったWebマーケティングを実行できます。

 

WEB集客が必要でしたら、僕にMessengerでご相談ください。

   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

https://www.facebook.com/takashi.fujikawa.5

正月であっても返信はできます😁

酔っ払っていたら、ゴメンナサイm(_ _)m

 

関連記事です😉