読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

今は、KeepよりもShareの時代だ!

ドローン 自己啓発・健康・教育・スキル 仕事実績

こういう横文字を使うと、よく分かりづらい、とかって言われます。

日本語に直すと、「独り占め」よりも「分かち合い」の時代、と言う意味です。

僕はリアリスト(現実主義者)です。

リアルに落とし込めるものじゃないと、やる気が出ません。

 で、コミュニティ・ビジネスが今後重要になってくるというのは、今年前半に情報として、聞いておりました。

それからずっと、実際どういう落とし込みがベストなのか、色々考えていました。

で、今年の春ぐらいに気づいたのは、そうか、今僕が既に立ち上げているfacebookグループは20~30ぐらいあるけど、それがまさにそれなんだなってこと。

 

当社は新年度が始まった今年の4月から、社員4名で販促ドローン部(HANSOKU DRONE TEAM)を立ち上げました。

 

その後、仙北市でドローンスクールなどを中心に活動している株式会社skyerの宇佐美くんと田沢湖の潟分校のドローンイベントで知り合いました。

 

そして、宇佐美くんは、秋田ドローンコミュニティを立ち上げます。

 

僕は自分がfacebookグループの活用の仕方を十分に知っておりましたので、間髪入れずに彼にfacebookグループを立ち上げるように促しました。

そして、彼はすぐにグループを立ち上げてくれました(^o^)

7月末の時点では、僅か10名足らずだった秋田ドローンコミュニティ(通称:ADC)が、わずが4ヶ月で、100名を突破した。

恐るべし、facebookグループ、そしてドローンの可能性に気づいている人たち。。。

そして、そのグループ内で互いにビジネスが成立していたりする。

ビジネス以外にも互いに共鳴しあい、活動を共にしている人たちもいる。

これが、まさにリアルなコミュニティ・ビジネスそのものなんだよね。

僕もおかげさまで、WEBマーケティング関連のお仕事をいただいております。

ADCサマサマです❤

 

ということで、「キープよりもシェアの時代」、「コミュニティ・ビジネス」はリアルなビジネスとして証明できています。

(こういう説明だったら、うちの社長も少しは理解できるかな?)

僕は超現実主義者なので、フワフワした理想だけの、ワクワクだけの話は大嫌いです。

実益に結びつくであろうこと、皆がHAPPYになるであろうこと、でなければ、興味がないです。

そこに、失敗もあるでしょう。

しかし、可能性があるならBETすべきです。

長倉顕太さんじゃないけど、「人生はオールインだ!」ぐらいの気持ちでイイんじゃないかな。

 

てことで、今日は、当社としてドローンイベントには初協賛となる、ドローンアイデアソン(通称:ドロンソン)にスポンサーとして及び参加者として、参戦してきます(^o^)

こちらのイベントは正に秋田ドローンコミュニティ内のメンバーで構成されたイベントです。

当社としてはあくまでも協賛というカタチです。

こちらのイベントには、ウチの小学2年の息子も連れて行きます。

僕が思う教育って、こういうことなんですよね。

最先端のモノに少しでも触れさせて、自然と慣れさせていく。

そして、多くの知らない人たちと接する。

これが、最大の教育です。

家で勉強してるなんて、勿体無い。。。

はい!現場主義の藤川です!

当日飛び入り参加も出来るみたいなので、本日クリスマスですが、日中時間がある人は、なかいちにGO!!!

ドローン体験会は無料みたいですよ~♪

ぜひ、ドローンを体験してみたい人、子どもに操縦させてみたい人、カップルでも親子でも、秋田市にぎわい交流館AUにどうぞ!

 

以下は、ドロンソン主催の宇佐美くんからのMessageです(^o^)

 

ドローン特区の仙北市長・門脇光浩さんも特別審査員として出席されます。