藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

リモートワーク & LCC(格安航空)、実証実験シリーズ① in 沖縄

リモートワーカーの藤川崇です。

僕は、かねてから、リモートワークにこだわっており、たびたび記事を書いています。

 

いても、立ってもいられない僕は早速、実証実験を試みることにしました。

東京では、12月11日に1件用事があり、その後12月17日にまた用事があります。

さて、この間、秋田に帰って、また東京に来るべきなのでしょうか?

 

秋田〜東京は、楽天トラベルANAパックで1往復あたり(一泊の宿泊込み)が安いやつで大体25,000円〜30,000円かかります。

なので、秋田に帰ってまた東京に来ると楽に5、6万円かかります・・・。

かなりの勢いでバカらしいですよね!?

往復の交通費が勿体無い!

今こそ、東京でリモートワークだ!

 

ん、待てよ…

冷静に考えてみると、別に東京でにずっと居てリモートワークする必要性も無いなぁ…

 

更に、最近やたら僕は秋田県LCCが欲しい」と書き込みまくってます。

にも関わらず、今まで一度も利用したことが無いのです。

 

これは僕の主義に反する。

やりもせずに、体験もせずに、主張するのは間違っています。

 

やってから、言えよ!ってのが藤川流です。

よって、LCC(格安航空)を初体験してみることにしました!

 

調べてみると、今回はバニラエアというLCCが安かったです。

成田空港から沖縄県那覇空港行きが片道2,980円でした。

帰りも同じ。

 

ということで、早速体験開始!

まずは、日暮里駅からスカイライナーで成田空港へ。

f:id:takashifujikawa:20161215165443j:image

 

チェックインカウンターでチェックイン。

f:id:takashifujikawa:20161215165508j:image
搭乗券の紙がペラペラで安っぽい。

 

で、保安検査。 

f:id:takashifujikawa:20161215165533j:image
これが、思ったよりも時間がかかりました。

30分以上は並んだでしょうか・・・。

 

結果、ギリギリでバニラエアに乗り込みました。
f:id:takashifujikawa:20161215165612j:image

結構、焦りました。

LCCは時間に厳しいらしく、簡単に断られると聞いていたので、焦りました。

バスで航空機まで移動。

航空機に乗ってからが長かったです。

約1時間後にテイクオフしました。

噂通り、通路が狭い。

f:id:takashifujikawa:20161215165646j:image

そして、前の席とのスペースが狭い。

身長167cm、体重50kgの僕でもこんな感じ。
f:id:takashifujikawa:20161215165755j:image

でも、乗り心地は普通の航空機と変わりませんでしたね。

CAさんの制服も安っぽい。

あえて、安っぽい感じにしてるんでしょうね。

こういう言い方したら、失礼かもしれませんが、JALANAが高級クラブだとしたら、LCCはスナックみたいな庶民感覚ですね。

 

イスのシートも安っぽいです。

でも、飛行に関しては、なんの問題もありませんでした。

約3時間の飛行後、那覇に到着。

LCCに関して言えば、素晴らしい!としか言いようがありません。

2,980円という価格なので、なんの文句もありません。

僕は秋田市の川反という繁華街でたまにお酒を飲みますが、自宅までの代行料金が2,000円~2,500円ぐらいかかります。

それぐらいの価格で東京(成田)~沖縄(那覇)3時間が2,980円なんて・・・!

 

他のLCCを調べたら、春秋航空

大阪~上海でなんと片道999円

でした! (^O^;)

f:id:takashifujikawa:20161218224457p:plain

もう、意味が分かりません!

現在秋田はANAJALしかないので、東京~秋田は大体片道15,000円~20,000円ぐらいかかります。

なのに、東京~札幌はLCCで5,000円ぐらい。

航空機は、秋田の頭上を超えていくのに・・・。

秋田県LCCが来てくれたら、みんなもっと気軽に色んなところに旅立てるのになあ・・・。

 

下記の「交通費変形地図」は日本で最も乗降客数の多い新宿駅を起点に、各都道府県で最も乗降客数の多い駅までの電車・バス・飛行機での最安の交通費を算出し、その金額的な距離によって、各都道府県の位置を変形させた地図です。

f:id:takashifujikawa:20161218224749p:plain

↑この図を見ていただければ、分かりますが、秋田は右上に配置されております。

まさに、陸の孤島(^O^;)

マジで秋田県LCC(格安航空)が欲しい!

 

僕は、この25Lバックパック一つで1週間(東京〜沖縄〜東京)過ごしました。

下着はTシャツとトランクスを2着で洗って過ごしました。

このバックパックで、1週間過ごしてみると、逆に大きいトランクを持ち歩いている人が不思議でしょうがありません。
f:id:takashifujikawa:20161215170303j:image

 

沖縄県での移動は車がないと厳しいので、レンタカーを借りました。

レンタカーなんて値段同じだろって思って、ぶらっと日産レンタカーに入って聞いてみたら、なんと日産マーチが5日間で3万円!

これは高すぎると思い、楽天トラベルで検索したところ、アクアレンタカー那覇空港店が最安値でした。

なんと、ホンダのN-BOXが5日間で1万円!

レンタカー業界のLCCってところでしょうか。

f:id:takashifujikawa:20161215170338j:image

レンタカーはホンダのN-BOXでした。

初めて乗ったのですが、乗り心地、運転のしやすさ、小回りの良さ、社内のスペース、全てにおいて素晴らしい軽自動車だと思いました。

ただし、ナビは全然ダメで、ipadmini の GoogleMap が断然良かったです。

なので、上の写真のとおり、ナビを ipadmini にしています。

 

ちなみに、今回は初日を那覇のホテルに宿泊し、2日目以降は名護市の安いホテルに滞在、その夜、いきなり、近くにオスプレイが不時着してビックリでした(-_-;)

 

沖縄県では、基本的には、ホテルの部屋で、ずっと仕事をしてました。

このときは、スタバで仕事してました。

スタバだと、全国どこでも、いっさい、何も変わりませんね。

Wi-Fiも安定しているので、支障なし。
f:id:takashifujikawa:20161215170348j:image

12月16日(金)17時からSkypeでクライアントと打ち合わせをしました。

僕の宿泊先のホテルと弊社秋田支店をSkypeでつないで打ち合わせました。

非常に有意義な打ち合わせとなりました。

 

気分転換に外に出て海をぼーっと見たり、浜辺をただ歩いていました。
f:id:takashifujikawa:20161215170419j:image

f:id:takashifujikawa:20161218232929j:image

秋田で仕事するのとまったくもって、何にも変わらないことがよくわかりました。

むしろ、会社で仕事するよりは、自然と接することで心地よく仕事ができます。

引き続き、他の場所でリモートワーク実証実験を続けます。

海外での実験はちょっとまだ勇気が持てません・・・。

 

今回は、ノープランで、ちょっとぶらぶらしました

海水温熱療法の総本店へ。

まさかの人と再会がありました!
f:id:takashifujikawa:20161218232759j:image

f:id:takashifujikawa:20161218232827j:image

f:id:takashifujikawa:20161218232850j:image 

 

最終日に、高城剛がオーダーでジーパンを注文している「ダブルボランチ」に寄りました。f:id:takashifujikawa:20161218232614j:image

 

知る人ぞ知る、原点アイスコーヒー。f:id:takashifujikawa:20161218232743j:image

原点アイスコーヒーは、ミルクをかまさずに飲むのがここの流儀。
f:id:takashifujikawa:20161218232719j:image

マスターは沖縄の伝統凧を創る著名な人。

三宅一生が選ぶ世界の11人の1人。

f:id:takashifujikawa:20161218232658j:image

マスターの娘さんは日本画家・中原亜梨沙さん

f:id:takashifujikawa:20161218232645j:image

 

最後にLCC秋田就航の願いを込めて高橋優さんのこの曲を♫

 

最後に・・・

今回の沖縄では、天国も地獄も人生を知り尽くしているアニキとの奇跡的な出会いがありました!

伝説の幕開けは2017年1月です(^o^)