藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

ドローンで視力アップ?!

昨日は健康診断でした。

視力検査で驚きました!

なんと両目の視力が2.0だったんです! (゚∀゚)

レーシックをやった7年前よりも視力が上がり続けている・・・。

なんなんすかね!?

以下は過去10年の僕のカラダの状態です。

 

平成17年〜22年。

f:id:takashifujikawa:20161122022846p:plain

平成23年〜27年。

f:id:takashifujikawa:20161122023139p:plain

見ていただきたいのは、平成21年、33歳の時の視力。

この年、1月にレーシックを受けています。

で、昨日の健康診断で、いきなり両目視力2.0ですよ。

 

もしかしたら、女子の皆さんが注目するのは、体重かもしれませんが、体重に関して言えば、昼食を定食屋コンビニ弁当から、発芽玄米食に変えただけなので、単純にカロリーを減らしているだけなので、当たり前の結果です。

それに伴い、BMIの数値が減っていますね。

 

なぜ、視力が今年急に上がったのでしょうか?

Facebookのタイムラインで疑問を投げかけてみました。

そしたら、「ドローンをやったからではないか?」という意見が。

事実、他の方でドローンをやってから視力が上がったという人もいらっしゃいました。

考えてみたら、以前書いたこの記事。

弊社の若手スタッフは、なんと500m先まで目視飛行できるようになりました。

僕は200m先ぐらいまでしか目視飛行できません。

だって、もうドローンが点になっちゃってますから。

左右どちらに動いているかさえ、わかりづらくなっちゃうんですよ。

しかし、ウチの若手は500m先でも左右前後、どこに移動している目視で分かるんです。

本人が力説するので、信じるしかありません(^O^;)

僕は500m先は怖くて飛ばせません。

とにもかくにも、これって視力上がっている証拠ですよね。

 

で、僕の視力も実際上がっていた。

ドローンを飛ばしてみれば分かりますが、大空を見上げて、ドローンを目視飛行することで、遠近感だったり、左右に目を動かしたり、奥行きを認識したりすることで、目の筋肉は鍛えられているのではないだろうか、という仮説を立てることができます。

これに関しては、本当に医学的見地から、データをとってみてもらいたいですね。

僕の実感としては、ドローン飛行後は、脳がクリアになっていて、視界がスッキリしている感じを毎回味わいます。

なので、脳内クリーンアップ&視力アップしているのではないかなという、実感です。

断定的なことは申し上げられませんが、視力回復をしてみたい方にはドローンをオススメします。

 

ただし、飛行前にはドローン検定3級ぐらいは覚えてからお願いいたします。

日本のルールは他国に比べ、かなり厳しいので、知らずに飛ばして、罰金50万円とられたら馬鹿らしいですし、他人の迷惑にならないように飛行せねばなりません。

ドローン飛ばしてみたい方は、まずはこちらのテキストで勉強してくださいね(^o^)

ドローンの教科書 標準テキスト - 無人航空従事者試験(ドローン検定)3級4級対応 改正航空法・完全対応版 (ドローン検定協会)

ドローンの教科書 標準テキスト - 無人航空従事者試験(ドローン検定)3級4級対応 改正航空法・完全対応版 (ドローン検定協会)

  • 作者: 山下壱平,寳金敏明
  • 出版社/メーカー: デジテックブックス
  • 発売日: 2016/11/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

あ、あとカラダの話しで言えば、僕の平均体温は37度です。

これは、2年前から、朝と夜、39度のお湯で半身浴を朝と夜20分ずつ毎日やってきた結果です。

当時36.3度から、今では37度にアップしました。

低体温は万病の元です。

ぜひ、お金のかからない半身浴健康法、みなさんもやってみてください。

37度の体温があれば、免疫力もアップしますので、健康になりますよ。

この話は、じっくりと、いつか書きますね(^o^)