藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

航空法99条の2により、200g未満のドローンでも空港周辺は飛ばせません

ドローン検定1級の藤川崇です。

本日は、意外に皆が知らない航空法について、少しだけお話させていただきます。

 

航空法では、200g以上のドローンを無人航空機と定義しています。

よって、200g未満のドローンは模型飛行機に該当しますので、人口密集地区などにおいても、国土交通省航空局の許可が無くても飛行させることは可能です。

しかし、航空法99条の2をよく読むと、どこでも飛ばせるわけではない、ということが分かります。

第九十九条の二
 何人も、航空交通管制圏、航空交通情報圏、高度変更禁止空域又は航空交通管制区内の特別管制空域における航空機の飛行に影響を及ぼすおそれのあるロケットの打上げその他の行為(物件の設置及び植栽を除く。)で国土交通省令で定めるものをしてはならない。ただし、国土交通大臣が、当該行為について、航空機の飛行に影響を及ぼすおそれがないものであると認め、又は公益上必要やむを得ず、かつ、一時的なものであると認めて許可をした場合は、この限りでない。
 前項の空域以外の空域における航空機の飛行に影響を及ぼすおそれのある行為(物件の設置及び植栽を除く。)で国土交通省令で定めるものをしようとする者は、国土交通省令で定めるところにより、あらかじめ、その旨を国土交通大臣に通報しなければならない。

 簡単に言いますと、空港周辺では、機体重量199gのDOBBY(ドビー)も許可無しには飛行させることができません。

つまり、たとえドビーであっても、書類送検の可能性もあるし、罰金50万円の可能性は十分にあるということです。

 

この認識が無いまま、飛行をおこなう人が増えてしまうと、航空法はもっと、もっと厳しくなっていくのではないかと予想できます。

日本でドローンを飛ばすための制約は他国に比べ厳しいと、よく言われます。

そのとおりだと思います。

厳しくすればするほど、ドローンをやってみよう、という人はなかなか増えないでしょう。

しかし、ドローンを操作しない一般の人からみれば、厳しい方がよいに決まっています。

 

昨日、ドローンが姫路城に衝突する事故がありました。

また、姫路城か!って感じですが・・・。

このような事件が増えることで、どんどんドローンの飛行に制限がかかり、厳しくなっていくでしょう。

 

人口密集地区以外だとしても、条例で「ドローン飛行禁止」と定められていれば飛行させることはできません。

僕が居住している秋田県秋田市では、条例で秋田市が管理している公園でのドローン飛行は禁止されています。

違反したものは5万円以下の罰金となるようです。

 

この他にも、ルールはたくさんあります。

ドローン検定1級保持者の僕としては、「ドローンを飛ばしたい人は、とりあえずドローン検定3級を受けてください」と言わせていただきます。

3級は難しくはありません。

しかし、ドローンを飛行する場合の最低限の知識を得ることができます。

ドローン飛行に関して、現在国家資格はありません。

国家資格はありませんが、最低限の知識、認識をしたうえで、飛ばすことが大切です。

何も知らないで飛ばして罰金50万円は悲しすぎます。

5〜10年以内に法整備が進み、国家資格も出来るだろうと、言われています。

 まずは、ドローン検定3級から勉強してみてください。

 

こちらが、11月23日発売の最新版です。

ドローンの教科書 標準テキスト - 無人航空従事者試験(ドローン検定)3級4級対応 改正航空法・完全対応版 (ドローン検定協会)

ドローンの教科書 標準テキスト - 無人航空従事者試験(ドローン検定)3級4級対応 改正航空法・完全対応版 (ドローン検定協会)

  • 作者: 山下壱平,寳金敏明
  • 出版社/メーカー: デジテックブックス
  • 発売日: 2016/11/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

ドローン検定協会主催による無人航空機従事者試験の申込みはコチラから。