藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

なぜ昨日、藤川ブログに2500件のアクセスが集中したのか!?

f:id:takashifujikawa:20161113040357p:plain

ここ最近、300~500PVとアクセス数が低迷していた藤川ブログに、なんと昨日2,482件のアクセスがありました!

早速、なぜバズったのか検証してみました。

まずは、時間帯を見ます。

f:id:takashifujikawa:20161113041135p:plain

ご覧の通り、グラフが伸びる起点が17時ということが分かります。

なにか新規投稿した時間帯ではありません。

では、過去のどんな記事にアクセスが集中したのでしょうか?

それは、これでした。

f:id:takashifujikawa:20161113042207p:plain

全アクセスの75%を占める赤の面積。

それは、9月26日に投稿した「君の名は。」に関連した記事です。

かねてから、僕のブログの中ではアクセス数がトップの記事ではありました。

しかし、なぜ今?

更に検証を進めます。

ということは、アクセス数の伸び始めを見せる17時台、もしくはその少し前の時間に「君の名は。」に関するニューストピックが何かあったものであると、仮設を立ててみます。

こういう場合は、まずリアルタイム検索を活用します。

「君の名は」で検索してみましたが、バラバラなツイートのみでした。

では、次にニューストピックが無いかどうかをググります。

君の名は。」でグーグル先生のニュースを見てみましょう。

検索結果、16:59に「前田南駅」に関する読売新聞の記事を発見!

f:id:takashifujikawa:20161113043500p:plainビンゴです!

答えはこの記事を見た人たちからのアクセスに間違いありません。

理由は、僕の記事にアクセスしてきた人の心理は、記念入場券が飛ぶように売れている「前田南駅」ってどんなところなの?

という心理になるかと思います。

となると、ユーザーは、グーグルで「前田南駅」というキーワードを検索します。

では、ユーザー心理にのっとって、僕も同じことをしてみましょう。

f:id:takashifujikawa:20161113044154p:plain

ごらんのとおり、ウィキペディアの次に上位表示されているものが僕のブログの投稿記事です。

つまり、ウィキペディアを抜かせば、「前田南駅」で検索した場合、僕の過去のブログ記事が1位で表示されています。

これが、約2,500件のアクセス数があった原因です。

 

ネットの世界は全て数字が答えを見せてくれます。

テレビの視聴率などの曖昧なものよりも、確実な数字が見えます。

数字を紐解いていけば、原因と結果がほぼ分かります。

ということは、WEBマーケティングにおいては、KPIを設定して、何事にも取り組めば、それに対して、どうだったのか結果判断が可能であるということです。

結果が予想通りなのか、そうじゃなかったのか。

次回の対策、改善策などを練ることが出来ます。

WEBマーケティングとは、そういう分析スキルのことを一部指します。

当社は、そういった数字から分析し、次回への対策を構築できます。

 

今回はたまたま、バズりましたが、それを狙って、想定して書くのもブログの書き方のひとつのスキルでありましょう。

 

で、本当にたまたまなんですが、たまたま。

こんな参加料無料のWEBマーケティングセミナーが12月6日にあるそうです(^o^)

まるで、狙ったかのようにバズらせるあたり、藤川さん、持ってるね!ノッてるね!

 

参加できるのは、当社と同業他社以外の企業様限定とさせていただいております。

まだ、若干枠が空いてますので、参加したい企業の経営者様、WEB担当者様、販促担当者様は、コチラよりお申し込みください。

★12月6日のWEBマーケティングセミナーに申し込む★

 

以上、宣伝を兼ねた、僕のブログがバズった理由でした。