読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

「メタトロン」があれば、健康診断は不要かもしれない。

人の体は千差万別です。

体質的に肉を食べた方良い人もいれば、良くない人もいます。

玄米が人類全ての人間に適しているとも言えません。

牛乳も、魚も、ナッツも、なんでもその人の体質によりけりです。

だから、テレビで●●●が痩せる、とかいうのは嘘もいいところです。

みんな体質が違うのだから、一律に何かが正しいというのはあり得ません。

これらのことが分かるデジタル機器があります。

それは、ロシアで研究開発された機械です。

体全体をスキャンして、体の調子が悪いところを見つけてしまう機器です。

悪いところに対して、波動調整をして、修復してくれるデジタル機器なんです。

「波動」なんて言葉を使っている時点で、医療機器として認められていないが、知っている人は知っている機器です。

現役の医師でも取り入れている方が増えてきました。
f:id:takashifujikawa:20161017061032j:image

その機器の名は、全身周波測定器「メタトロン」といいます。

もちろん、情報元は、10年先を行く男、高城剛さんです。

メタトロンは、微細磁場での極低周波数を利用し、過去25年の膨大なデータベースを分析、処理することにより、計測した身体のエントロピーの様々な状態を知ることができるものである。

 僕が惹かれるモノは、バイオリズムでもなんでも、過去のデータ蓄積がしっかりとあるものです。

中にはバッタモンもあります。

僕は、まだ科学的に認められていなくても、しっかりと研究され、統計がある程度とられているものに対して、強い関心があります。

メタトロンがあれば、ハッキリ言って、通常の健康診断が不要になると思います。

アナログ的な観点からいけば、沖縄の伝統療法、「海水温熱治療」が健康診断がわりになります。

デジタル的な観点でいけば、この「メタトロン」が最新機器でしょう。

というか、こんな機器が無くても、今の時点での健康診断は不要だと思ってますけどね…(^_^;)

僕は会社のルール?国のルールだから、やってるだけです。

健康診断なんて、全然大したことない項目しか検査しないので、やってもやらなくてもどっちでもいいです。

法律的にやらなくていいなら、とっくにやめてますねぇ。

あんなものは気休め程度、そんじょそこらの朝の星占いと変わらない。

よく健康診断の前日に、明日は良い数値出すために、お酒を控えよう、とか言う人いるけど、それってかなり意味がないです。

だって、本来の自分を測定すべきなのに、なんで検査のときだけ、お酒を控えるのでしょうかね?

嘘の数値を見て安心するのが目的だったら、それこそやる意味がないですよね(^_^;)

僕は逆で、思いっきり暴飲暴食を夜中までやり尽くして、健康診断(血液検査)に挑んだときがあります。

そしたら、驚愕の数値が出て(悪い意味で)、医者もビビってました!(^_^;)

藤川さん、大丈夫ですか?!って 

Σ(・∀・;)

話がズレました、波動の話に戻ります。

 

波動を知るきっかけは「読書のすすめ」店長・清水克衛さん

僕は10年前に、書店「読書のすすめ」に初めて来店しました。

そのときに、今ではテレビにも登場する有名な読書ソムリエの清水店長に会いました。

「読書のすすめ」では、清水店長が読んで納得した本しか置いていません。

だから、「読書のすすめ」には、新刊はほとんど無く、見たことのない本、絶版になった本などがたくさんあります。

読書好きにはたまりませんっ(*^^*)

当時の僕は迷わず、その場で清水店長にオススメの10冊をピックアップしてもらいました。

そのなかの一冊に、足立育朗さんの「波動の法則」がありました。

当時はまったく理解できませんでした。

オカルト話かぁ?

科学的に根拠のある話なのかぁ?

みたいな半信半疑。

それから10年の間に、ふと気になったときに、繰り返し読んでいました。

何回読んだか忘れましたが、ようやく最近この難解な本を感覚的に理解できるようになりました。

波動の法則―宇宙からのメッセージ

波動の法則―宇宙からのメッセージ

 

波動の法則はハッキリ言って難解なので、まずは足立さんの妹・足立幸子さんの「あるがままに生きる」を読まれた方が、理解しやすく、波動系のとっかかりとしては、よろしいかと思います。

あるがままに生きる

あるがままに生きる

 

 

さて、僕の診断結果は?

一言で言うと、健康体そのものでした。

なので、スキャン診断~波動調整の修復作業も、ほぼ最短時間で終了。

 そりゃ、発芽玄米、塩風呂、ホットヨガ、モリンガ、等々、自称・健康オタクですから、至極当然の結果です。

むしろ、これで逆の結果が出たら、オカルト&トンデモ機械として認定しますね。

以下の写真は、僕の体質に合う食べ物と合わない食べ物です。

上位の赤文字が僕の体に合っている食べ物です。

下位にいくに従って青文字になっているものが僕の体に合わない食べ物です。

左側の数値が低いほど、僕の体に合っている食べ物です。

 
f:id:takashifujikawa:20161017061919j:image
f:id:takashifujikawa:20161017061934j:image
f:id:takashifujikawa:20161017061953j:image
f:id:takashifujikawa:20161017062007j:image
f:id:takashifujikawa:20161017062029j:image
f:id:takashifujikawa:20161017062038j:image
僕の場合、特徴的な部分として、牛乳は体に合わないが、チーズやヨーグルトはとても体質に合っているようです。

ちょっとショックなのは、肉系がほとんど駄目なこと。

何よりもショックなのは、ウイスキーが僕の体に合わないこと(-_-;)

でも、ハイボールは今夜も飲みますけどね!

 

感想!

とにかく、「メタトロン」すごいです。

会社に一台、買いたいぐらいです。

新車一台分ぐらいするそうです(^_^;)

 取締役会の決裁が降りないでしょうね…

 

メタトロンの体験(全身スキャン・修復)は、ネットで色々調べてみると、相場は15000円~25000円ぐらい。

今清水さんのサロン・ハートシードは1万円なので、最安かと思います。

デジタル機器なので、誰がやっても、やることは同じです。

医療機器ではないので、医者の資格も不要です。

てことは、安いところが良いですよね。

こういう場合は、安いところで十分かと。

以前紹介したレーシックは安かろう、悪かろうなので、駄目ですけど。

 

今までってこういうスキャン〜修復って、いわゆるヒーラーがやってきたことなんですよ。

スピリチュアル・ヒーラーが。

しかし、デジタル機器として出来上がってしまった今、ヒーラーがいらなくなっちゃいますね。

ヒーラーの場合は人間なので、その人の念がどうしても入っちゃいます。

つまり、そのヒーラーの影響を受けます。

結果、他力本願が強くなってしまうケースがあります。

メタトロンは、デジタル機器だから、素人だって出来ちゃうわけで。

高城剛は、これが、スマホで出来るようになるのは、あと数年だと予測しています。

僕もそう思います。

スマホアプリで「プチ・メタトロン」立ち上げて、体の調子悪いところに当てて、回復する。

そんな未来はすぐそこでしょう。

 

あとは、ヒルマン佐藤さんと僕の合作アイデアメタトロン+ドローン=メタドローン!

メタドローンが完成すれば、町の上空からUFOのように町全体に光線を浴びさせて、その町に住む住民は一瞬にして健康になる。

そして、ハッピー光線を浴びさせまくる(^^)

失礼しました、話が飛びすぎましたね!

ヒルマン佐藤さんの書籍です↓

ビストロシェフのアウトドアレシピ おひさまキッチン (momo book)

ビストロシェフのアウトドアレシピ おひさまキッチン (momo book)

 

 

 病院に行っても、原因不明の不調と診断される場合は、一度メタトロンを体験してみてはいかがでしょうか。

謎の高熱とかね。

めちゃくちゃ細かく全身スキャンされるので、原因が特定できるでしょう。

MRIの全身版のイメージで、よろしいかと思います(^^)