藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

御神酒と変なおじさん

僕は2日に1回ぐらいのペースで三吉神社に参拝に行っています。

参拝では、「祓い給え、清め給え」を唱えています。

祓いに始まり、祓いに終わる、そう感じています。

まあ、とにかく気持ちいいんです。

それ以外の理由はありません。

昨日も三吉神社に参拝に行きました。

僕が参拝しようと神社に近づいたら、何かをグビグビと飲んでいるおじさんが・・・。

盃を口にあて、酒らしきものを飲んでいます。

 

おじさん

「おう、にいちゃん、おめぇも飲むが?」

 

「は?」

 

おじさん

「これ、御神酒だから飲んでいいだよ。

 たまに出るんだよ、御神酒がよ」

 

たしかに、「御神酒、ご自由に飲んでください」的な文言が書いてあり、御神酒と盃が置いてありました。

これは、もしや今月が神無月だから、置いてあるのでしょうか?

正直、理由はよくわかりませんが、初めて御神酒が置いてある光景を見ました。

そして、ぐびぐび、飲む変なおじさん。

すでに酔っぱらっています(^_^;)

 

「じゃあ、せっかくだから、僕も飲んでいいですか?」

 

おじさん

「ごめん、俺全部飲んじゃった、テヘっ!

 大体、にいちゃん、これから仕事だろ?

 車運転するんじゃねえのか?」

 

「まあ、そうですけど」

 

おじさん

「へば、だめだべ。

 俺は自転車だから飲んでんの!」

 

いやいや、自転車もだめでしょ、飲酒運転は!

まあ、こういう面倒くさいオヤジは無視して参拝です。

集中、集中!

二礼二拍手をして、心のなかで

「藤川崇の魂とココロとカラダの穢れを祓い給え、清め給え・・・」

と唱えだしたら、

そのおじさんが、話しかけてくるんです(^_^;)

 

おじさん

「俺はよ、年金暮らしだから、気楽よ。

 一番いいぜぇ、年金暮らしはよ。

 あんちゃんもそう思わねえか?」

 

僕は、目をつむったまま

「そうですね、そう思います」

 

おじさん

「太平山もよく見えるわ。

 今日もいい日だな。

 あんちゃん、そう思わねえか?」

 

「そう思います。

 イイ日ですね」

 

てか、このおじさんをどうやれば祓えるのだろうか・・・(^_^;)

とても雑念をいただいたまま今日の参拝は終わりました(-_-;)

 

おじさん

「あんちゃん、仕事がんばってな。

 あとすこし働けば、おめえも年金暮らしよ♪

 またなっ!」

 

いやいや、もう会いたくないですから! (^O^;)

朝から、極めて変なおじさんに遭遇してしまいました、終わり。