読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

メディア・リテラシーとイメージ戦略

今回の小泉進次郎氏の発言に対して、世論の9割型は小泉進次郎さんを支持されているようですが、僕はどうもしっくりきません。

世論は、マスコミの誘導によって左右されます。

小泉進次郎さんは、マスコミウケ、ひいては国民ウケするようなパフォーマンスがとても上手に見えます。

それは、父である小泉純一郎さん譲りでしょうし、お兄さんの小泉孝太郎さんが俳優で素晴らしい演技をしているように、とても上手な演説、とても上手な魅せ方だなあって関心させられます。

農業改革だ!

農業従事者は経営者マインドを持つべきだ!

かっこいいし、それはそうですね!って思います。

昔から言われてきましたし、農業に限らず様々な業界においても、声高々に叫ばれていることでもあります。

マスコミは国民にウケるニュースを取り上げます。

視聴率を稼ぎたいから当たり前です。

小泉さんは、極めて上手です。

今いる政治家の中で一番上手だと思います。

いずれ首相になる人物だと言われていますし、上り詰めることでしょう。

しかし、農家の声って本当はどうなんでしょうかね?

みんながみんな経営者マインドを持って自らが販路を見出し、拡大し、TPPに賛成して、海外に売ってゆくことができるのでしょうか?

そうならなければいけないのは、そうかもしれませんが、本当にそれでいいのでしょうか?

農業って農耕民族ですよね。

もっとゆったりとしているもんじゃないですかね。

TPPに賛成して、自ら経営者マインドを持って、販路を作って、売って売って売りまくって・・・これ狩猟民族マインドじゃないですか?

農耕民族、狩猟民族については諸説あり、一概に断定はできないことは分かってます。

しかしですね、なんか違うんです・・・。

違和感があります。

「農協から手数料を搾取されている」という耳障りの良いフレーズで何かことを進めようとしている、そんな風に思えてしょうがない。

農家が本当にどう思っているかを別にして、大多数の国民が賛同できるようなフレーズとイメージを拡大していく。

まるで、反対したら非国民のような雰囲気にもっていく・・・考えすぎですかね?

煽り方が上手というか、丁寧というか・・・。

長谷川豊さんのあの発言は最悪でしたけど、小泉さんは本当に策略家だなって。

ということで、いまだに、TPPは反対の藤川です。

TPP反対の僕としては、アメリカ大統領戦はトランプに勝利して欲しいですね!

僕は、たいがいのことは革新派ですが、TPPに関しては極めて保守です。

日本の農業がダメになる気がしてならない。

結局、農協に頼るか頼らないかは農家個々の判断です。

搾取しているもなにも、農家はJAを利用しているのだから当たり前じゃないでしょうか。

互いにメリットがあるから、合意の上で利用したり、メリットを感じないから単独で売る、それでいいと思います。

一方的に、「手数料が高い。農家はJAのために働いているんじゃない」って言うのは大間違いですよ。

マスコミも実際の発言を切り取って使ってるのかもしれないけど、なんで一様に賛美するような記事の書き方をするのでしょうか。

そもそも国民の大半は農家じゃないはず。

なのに、農家気分で賛同しているのが実に気持ち悪い。

本当の農家の声を集めないと、ただ声のデカイ人にムードを作らされるだけです。

農家が農協に売るのが嫌なら、商社に交渉して売ればいいし、ネットで個人に直販することだって出来ます。

それは、選択であり、スキルと行動力だけの問題です。

だから、小泉進次郎さんが農協解体を目的としていることが前提にあることは分かりますが、イメージ戦略で煽って世論を味方につけて、JAを単純に悪者にするやりかたってのは賛同できません。

ハッキリ言って、かっこ悪い。

いつから、こんな劇場型だけを求める日本になったんでしょうかね(-_-;)

 

小泉進次郎

「じゃあいったい、農家って農協職員を食わせるために農業やっているんですか。それ違うじゃないですか!」

 

「じゃあいったい、国民って政治家を食わせるために働いているんですか?それ違うじゃないですか!」

 

これも蓮舫さんと同じようにいつの日かブーメランになって返ってくることがなければいいんですがね・・・。

では、旬のコラ動画「蓮舫さん VS 蓮舫さん」をどうぞw

 

イメージ戦略と情報戦について、こちらの本をオススメします。

情報参謀 (講談社現代新書)

情報参謀 (講談社現代新書)

 

 

メディアリテラシーについては、小学生からこちらの本を読んでもらいたいです。

もちろん、大人も。

世界を信じるためのメソッド ぼくらの時代のメディア・リテラシー (よりみちパン!セ)

世界を信じるためのメソッド ぼくらの時代のメディア・リテラシー (よりみちパン!セ)

 

 

最近、矢沢永吉さんが好きです(^o^)