読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

漫画・TVアニメ くまみこ 「熊出村 村おこしプロジェクト in 北秋田市くまくま園 」【イベント企画運営を担当した広告代理店としてのレポート】

www.youtube.com

漫画・TVアニメ くまみこ 「熊出村 村おこしプロジェクト in 北秋田市くまくま園 」の企画から運営まで 一貫して弊社で担当させていただきました。

くまみこ と くまくま園 のタイアップイベントです。

アニメイベントは僕としても初めてですし、当社としても初めての取り組みでした。

ゴーサインを出していただいた秋田県様、KADOKAWA様には深く御礼申し上げます。

 

イベント内容はKADOKAWA様・くまみこ の公式HPをご覧ください。

kmmk.tv

 

6月19日、仙台市くまみこイベントにおいて、「熊出村 村おこしプロジェクト in 北秋田市くまくま園 」の情報解禁後、ネットを中心に話題となりました。

KADOKAWA様のご配慮により、告知に関して、くまみこ原作の月刊コミックフラッパーをはじめ、各種媒体(全国紙、地方紙、ネットニュースメディア、各種タウン情報誌等)から取り上げていただきました。

一部を紹介させていただきます。

 

 

8月7日(日)のメインイベントは「くまみこトークショー」です。

オープニングは、アニメ「くまみこ」の主題歌・花谷麻妃さんの歌う「だって、ギュってして。」で、原作者・吉元ますめ先生、主演声優・日岡なつみさん、くまくま園小松武志園長が登場。MCは山口靖子さん。

www.youtube.com

 

 

2年前のくまくま園リニューアルオープンイベントも弊社で企画運営させていただきましたが、ちょうどタイミング良く くまモン の47都道府県の踏破・ラストが重なり、大盛況でイベントが終了いたしました。

youtu.be

f:id:takashifujikawa:20160830190803p:plain

 イベント開催日は降水確率100%、北秋田市史上最高雨量を記録し、NHKをはじめ全国ニュースにも取り上げられましたが、くまくま園の特設イベント会場の上空のみ円を描いたようにすっぽりと晴天でございました。

元来、僕は晴れ男なのですが、この日は本当にビックリでした。

晴れたいイベントは弊社にお任せくださいw

ただし、晴れすぎて暑くてお客様が来ない場合もありますので、ご注意ください。

松岡修造さんには勝てないと思いますけどw

 

今回の「熊出村 村おこしプロジェクト in 北秋田市くまくま園 」のイベント情報解禁後、ネット上では、「こんな山奥にわざわざ行くファンはいない」「この企画をした人は無能だ」というようなネガティブな書き込みもありました。

正直、企画した僕としては、ショックでした。

でも、逆のコメントも多数あって「山奥でやるアニメイベントだからいいんだろ!」とか、「ここに行くのが真のファン。本物のファンかどうか試されている」という前向きな書き込みもありました。

結果として、くまくま園の入場者数は600人を突破しました。

ただし、前日の8月6日(土)はガラガラで、超神ネイガーさんには心からお詫び申し上げます。

反省点をあげると、キリがないので、また時期をみて、反省点をアップします。

東京都内のアニメイベントでもMAX300人の来場者がいいところらしいです。

秋田市からでも2時間30分もかかる山奥にたくさんの人が集まっていただき、しかもこの日は北秋田市、観測史上最高気温となる38度の猛暑のなか、ご来場いただき本当にありがとうございました。

中には東京や大阪、はたまた北九州ナンバーの車、正直ビックリです(^_^;)

アニメファンの聖地巡礼という位置づけになるかもしれません。

初日一番乗りは東京から来た人でした。

全国各地のナンバー、北九州ナンバー車もあり。

全体の2割ぐらいが秋田県外からのお客様。

地元、北秋田市のお客は1割以下でした。

残りは、秋田県内のお客様が7割のようでした。

 

最後に、僕が今回、このイベントをなぜやりたかった理由を書かせてもらい終わります。

単純明快です。

それは、くまみこの世界観そのものが秋田県北秋田市阿仁地域そのものだったからです。

そのアニメの世界観をリアルでファンの皆さんに体験してもらいたかったのです。

その思い、一点のみでした。

更に、欲をいえば、これが地方活性化につながれば、言うことはありません。

これをきっかけにくまくま園に北秋田市に興味をもっていただき、移住者や観光に来てくれる人が増えてほしいです。

秋田県様、KADOKAWA様に対しては、僕としても慣れないアニメイベント運営のため、不手際があったことをお詫び申し上げます。

また、会場に来てくださったファンの皆様に対して、ドリンク類や飲食類が午後一時過ぎに完売してしまったことに対して、お詫び申し上げます。

以後のイベントにおきましては、今回の反省を踏まえて、更なる楽しいイベントを企画運営していきますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

  

KADOKAWA様、公式ライター・佐伯敦史氏の記事と写真は以下のとおりです。

ここがリアルな熊出村!? 北秋田市くまくま園に「くま」と「巫女」がおりなす人気作品の原作者と声優がステージイベントに登場!!

 秋田・北秋田市くまくま園のリニューアル2周年記念の一環として、2016年4月~7月までTVアニメ放送もされた漫画『くまみこ』のイベントが8月7日(日)に行われた。
  『くまみこ』はKADOKAWA刊『月刊コミックフラッパー』で連載中。
東北地方のとある山奥にある「熊出村」が舞台となっており、熊を奉る神社に仕えている巫女の「雨宿まち」と、その「まち」の後見人(人?)で、人間の言葉を話し、最新の電化製品を自由に使いこなすヒグマの「クマ井ナツ」の物語を中心に描れる。
 当園では6日、7日の2日間をかけ、TVアニメの上映会が行われ、7日のステージイベントでは、主人公「雨宿まち」を演じた声優・日岡なつみさんと原作者の吉元ますめ先生、くまくま園の小松園長が登壇したトークショーが開催された。
 当日は炎天下のなか、特設ステージに約500人が集まり、立ち見が出るほどの盛況ぶり。
 集まったファンに向けて感謝の気持ちを伝えた日岡さんと吉元先生は、作品に関するトークで盛り上がり、小松園長から「北秋田市の阿仁を作品の舞台に認定してほしい」とお願いされた吉元先生が、思わずたじろいでしまう一幕もあった。
  約40分のトークイベント後は吉元先生によるサイン会も行われ、こちらも大盛況だった。

f:id:takashifujikawa:20160913072031j:plain

f:id:takashifujikawa:20160913072046j:plain

f:id:takashifujikawa:20160913072115j:plain

f:id:takashifujikawa:20160913072133j:plain

f:id:takashifujikawa:20160913072153j:plain

f:id:takashifujikawa:20160913072159j:plain

f:id:takashifujikawa:20160913072236j:plain

f:id:takashifujikawa:20160913072435j:plain

 【文責・撮影 佐伯敦史】

 

秋田魁新報・朝刊 2016.8.26掲載記事

f:id:takashifujikawa:20160826094028p:plain

 

来場された mohno さんのブログです。

秋田内陸縦貫鉄道に乗車するところから、とても詳細にレポートしてくださっています。

心から感謝申し上げますm(_ _)m

 

コミックはこちらからご購入ください(^o^)