藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

Facebookの「いいね!」の数

人それぞれ、Facebookの「いいね!」の使い方の認識が違っているような気がします。

2つあると思っています。

ひとつは、その投稿が良いと思ったから「いいね!」を押している人。

これが、本来の「いいね!」だと思います。

ふたつめは、「既読しました」「とりあえず見たよ」という相手への意思表示、もしくは挨拶代わりとして「いいね!」を押している人。

この2つに分類されている、もしくはこの2つが入っていると思われます。

appllio.com

 

 

いいね!ランキング上位5名を調べてみました。

「投稿記事へのいいね!の数」÷「フェイスブックページに対していいね!の数」=「投稿記事へのいいね!のパーセンテージ」

  1. 古川雄輝         3万/59万 5%
  2. 板野友美       0.5万/44万 1%
  3. 長澤まさみ        1万/30万 3%
  4. きゃりーぱみゅぱみゅ 0.6万/32万 3%
  5. 藤原紀香       0.6万/28万 2%

古川雄輝って誰!?

調べたら俳優さんでした。

恥ずかしながら、全然知りませんでした(^_^;)

ベスト5の皆さんは1〜5%でした。

上位5名は、一番低く見積もっても(AKB48板野友美さん)1%の人からいいね!をもらっているようです。

古川雄輝さんは、全てにおいてトップ。

すごいですね!

lifeplusnote.net

 

僕の友達のある人は、1100人に対して、200人の「いいね!」18%!

すごいですね、さすが積極的に多方面に活動されている先輩です(^^)

またある人は、友達が1200人に対して、「いいね!」の数が平均10〜20ぐらい。

多い時で30ぐらい。2.5%。

うーん、ある意味ハートが強いなあって思います。

まあ、僕の場合も友達800人に対して「いいね!」の平均が10〜30ぐらいですので、僕もハートは結構強いほうかな・・・(^_^;)

30いいね!だとすると、4%。

 

これが、Instagramと連携の投稿だと「いいね!」の数が40〜80ぐらいに一気に跳ね上がるんですよね。

僕のフェイスブックの投稿は、かなり意見的で、直球ど真ん中ストレートなので、そういうのは「いいね!」が入りづらいかもしれません。

Instagramは写真なので、素敵な写真だと「いいね!」が押しやすい、共感しやすいのかもしれません。

それと、勝手な推測ですが、InstagramFacebookに買収された企業なので、Facebook側としてInstagramと連携させた投稿はたくさんの人に表示されやすい傾向があるのではないかと思っています。

他社サービスのブログ記事は、Facebookと競合することもありえるので、たくさんの人に表示されにくい傾向があるかもしれません。

あくまでも、推測ですが。

itpro.nikkeibp.co.jp

 

著名な方に「いいね!」してもらうと、当然うれしいですね(^o^)

以前、井上裕之さんに「いいね!」してもらったときは嬉しかったです。

このFacebookの投稿は井上先生に認められたんだなぁって思って、嬉しかったです。

僕の自己重要感が満たされた、ということになるのでしょう。

自分で奇跡を起こす方法~読むだけで人生が変わる真実の物語

自分で奇跡を起こす方法~読むだけで人生が変わる真実の物語

 

 

いずれにしても、いいね!をもらえることは嬉しいです。

しかし、いいね!獲得のためにFacebookをやっている訳ではありません。

ブログを書いている訳でもありません。

ここを見誤ると、秋田県の学力テスト状態に陥ります。

www.fujikawa.biz

僕がブログを書いている本質とはなにか?

一番目は、自分の本音を書く。

二番目は、読者の皆様に有益な情報を提供する。

これらを主軸において、毎日書き続けていきます。

最終的には、本業の仕事を受注することが僕の目的です。

本業の仕事を受注するために、自分を偽った魅せ方だけは100%やりません。