藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

秋田県の食料自給率は180%、全国ランキング第2位!

先進主要国における我が国、日本の食料自給率は、40%である。

f:id:takashifujikawa:20160901021003p:plain

主要先進国食料自給率ランキング

 

日本国内において、秋田県の食料自給率は180%であり、北海道に続いて全国第2位である。

東京はもちろん最下位で、食料自給率は1%。

f:id:takashifujikawa:20160901021433p:plain

 

www.kyodo.co.jp

www.pref.akita.lg.jp

少子高齢化率、自殺率、最低賃金などがワースト1位、もしくはワースト1位に近しいという不名誉な秋田県であるが、食料自給率が2位であるということは、嬉しい。

もしも、この先他国から食料の輸入がストップになった場合、首都圏に比べて、秋田県は生き残るだろう。

それよりも、災害リスクの面から考えても、秋田県はリスクが低いと言える。

もしくは、資本主義経済がなんらかのカタチでストップになったとしても、食料だけはある。

金は無くとも食料はある。

今後の様々なリスクを踏まえると、農家と仲良くしておくことはリスクマネジメントにおいて、有用なことであるといえよう。

hbol.jp

 日本は幸いなことに、有機栽培や自然栽培の分野で世界トップクラスの方々が揃っています。また天ぷら廃油を精製してトラクターを走らせるといった、エネルギー自給の研究も進んでいます。ただし問題は、「肥料が輸入できない!」「エネルギーが輸入できない!」といった有事にそなえて日本の指導者がリーダーシップを発揮して、そういった分野に光を当ててくれるかどうかです(そこが一番心配かも)。

 そのあたりがとても不安に思う人は、今のうちにぜひそういった農家を“かかりつけ農家”として支え、育ててあげてほしいと願います。何かあった時、いちばんの助けになるのは人と人との繋がりなのですから……。

 妻の実家では、農作物は全て無農薬栽培している。

販売はしておらず、自分たちの食べる分だけ栽培している。

枝豆やきゅうり、キャベツなど、無農薬だと心なしか美味しく感じる。

舞茸やたけのこ、みず、わらびなど、季節によって山菜などもいただいている。

夏休みになれば、息子は妻の実家に泊まり、昼は農作業体験をさせてもらっている。

最悪、経済がストップしても生きていける、そんな気がする。

とはいえども、今は稼ごうと思う。

稼ぐ思考が楽しいので。

秋田県が食料自給率180%という数字は「最悪でも食っていける」という精神的な安定感があるのではないだろうか。 

 甘んじてはいけないことはもちろんだが、そういう精神的な安心感をベースにすれば、ガンガン仕事に取り組んでいっていいじゃないのかな。

挑戦しまくっていいんじゃないのかな。

 

もっと秋田県人はやりたいことやっていくべきだと思う。

僕の周りはやりたいことやっている人が多いけど。

よく秋田県人は足引っ張りな人が多いという話がある。

でも、僕の周りの人は、足を引っ張るような人は見当たらない。

僕が気づいてないだけなのかな、手相がKY線なので(^_^;)

xn--kpu337b.jp

秋田県人は、世間一般で言われているような足を引っ張る人よりも、むしろ協力的な人が多い。

 たぶん、本当はみんなやりたいことがあるんだけど、恥ずかしかったり、失敗するのが怖かったりするのだろう。

だから、誰かが何かを率先してやることに対しては、むしろ協力したいって人が多いんだと思う。

良いことだと思う。

自分がやらないなら、誰かを応援、支援する。

本当はそういう土地柄なんじゃないかなって思う。

そうそう頭ごなしに否定する人っていない。

秋田魁新報秋田銀行が運営しているクラウドファンディングだって8割がたは資金援助を達成していると思われる。

fan-akita.sakigake.jp

 資金が足りなければ、こういうのを利用してみるのもアリでしょうし。

最悪失敗に失敗が続き、精神的にもボロボロになったとしても、日本にはセーフティーネットとして生活保護という制度がある。

 将来的には無くなるものだと僕は思っている。

だけど、今はまだ大丈夫。

だから、日本で飢え死にすることは皆無。

飢え死にするとすれば、情報リテラシーが低くて、ソリューションにたどりつけないことに問題なのだ。

 

マジで 首都圏に比べてリスクはかなり低いですから!

それこそ、犯罪率も0.5%と全国で47番目、つまり日本で1番安全な都道府県が秋田県

http://area-info.jpn.org/CrimPerPop.html

 

 話が飛躍したけど、とりあえず僕が言いたいのは、秋田県で働いている人たちは安心してガンガン挑戦して、がっつり稼いで、遊んで生きましょう!ということ。

 

秋田県に移住したい人はコチラ。

http://www.a-iju.jp/

 

 今日から9月。

なんとなく夏の終わりにKREVAの「イッサイガッサイ」をどうぞ♫

www.youtube.com