読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

藤川ブログを4つのカテゴリーに分けるためのマインドマップ。

自己啓発・健康・教育・スキル

弊社のWEBコンサルタントから、指摘されました。

「初めて藤川崇のブログを見た人に対して配慮するべき。100記事を超えているので、そろそろカテゴリー分けした方が良い」

彼は、東京でWEBコンサルタント専門で大手を渡り歩いて来ました。

その彼からのご指摘です。

これは、従わざるを得ません。

しかしですね、藤川ブログは私の思うがままに自由自在に好きなことを書いてるが故、ジャンル分けしろと言われましても、多岐にわたるカテゴリーになっちゃうんですよ。

と、WEBコンサルタントに話しましたところ、

「4個のカテゴリーに分けてください。それ以上は、新規客に対してわかりづらく、満足いくユーザビリティとは言えなくなりますから」

言いたい事はよくわかります。

しかし、4カテゴリーですか…。

うーん、抽象度を高くせねば。

高いレイヤーを意識せねばなりません。

こりゃ、僕にはできないな・・・と思いましたので、WEBコンサルタントに任せました。

ということで、WEBコンサルタントの彼に僕のブログ約100記事を見ていただき、マインドマップで分類分けをしてもらいました。

f:id:takashifujikawa:20160831172708p:plain

 

 まず、藤川崇のブログの「価値の物差し」を測るということでした。

有用性と親和性に分けます。

有用性とは、読者にとって有益な情報を発信しているか?ということ。

Googleの検索においても重要な部分。

役に立つウェブサイトであるか、どうか。

SEO対策よりも、本質的に大切な部分です。

親和性とは、読者は藤川を好きか?嫌いか?の部分です。

全員に好きになってもらう必要性はなく、好きな人だけ見てもらえれば良いという部分です。

有用性の中に「意識高い系」と「仕事の実績」が2分類されます。

親和性の中に「生き方・生き様」と「趣味嗜好」が2分類されます。

更に深化して細分化していきます。

このように可視化することにより、僕のブログってこういうブログなんだってことが改めてよくわかりました。

 

このあと約100記事をカテゴライズしていくのは時間かかりそうです。

来週の作業になるかと・・・。

読者の皆様がより見やすくなるようにガンバリマス(^o^)