藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

20年前に東京のBARでバーテンダーのバイトをしていたときのはなし。

僕は今から20年前、東京コミュニケーションアート専門学校 広報課 広告クリエーターコースに3年間通っていました。

ホストかバーテンダーバイトをしたいと思っていました。

ホストはお酒をたくさん飲めて、しかも女性にモテる、と勘違いしていたからです。

当時、自分はお酒が強かったので、多分ホストとしてやっていけるだろうと思っていました。

当時、ホストのドラマが流行っていました。

東京行ったら絶対にホストになる!って思っていました。

久保田利伸が主題歌を歌っているドラマ「夜に抱かれて」を毎週欠かさず見ていました。

 


久保田利伸 - 夜に抱かれて ~A Night in Afro Blue~

 

しかし、当時の専門学校の先輩がホストとしてバイトをしていたのですが、体を壊してしまったのを目の当たりにして、ホストを断念しました。

よって、第二希望のバーテンダーとしてBARでバイトをしました。

やはり、基本的にあらゆるお酒が好きなので、バーテンになれば、様々なカクテルを作れるという単純な理由です。

お陰様で数々のカクテルを作れるようになりました。

 

BARには様々なお客様が来店されます。

カウンターに座る人はだいたい常連さん。

 

バーボンウイスキーのグランダッドをボトルキープしている、常連客のNさんは、いつもデカイ話をしてきます。

 「今度、俺のレーシングチームがF3に参戦するから、見に来ない?」

「今度、また別の会社立ち上げたんだ。まあ、大したことないけどさ」

しかし、全てウソ。

Nさんは、大きい話をして、満足して帰っていきます。

 

僕らの間で「宇宙人」というアダ名で呼ばれている人がいました。

なぜ、「宇宙人」かといえば、ガリガリに痩せていて、いつも大音量のヘッドホンをし、アルコール度数の高いカクテルを注文するからです。

ロングアイランドアイスティーというカクテルがあります。

cocktailrecipe.suntory.co.jp

ジン、ウォッカ、ラム、テキーラをコーラで割るカクテルです。

これらのブレンドで、不思議とアイスティーフレーバーになります。

僕も好きなカクテルのひとつです。

しかし、こちらのカクテル、度数が高い割に飲みやすい。

グイグイいけちゃう。

結構ヤバイカクテルです。

しかも、4種も違うアルコールが入っているので、思いっきりちゃんぽん。

で、この宇宙人は、ただでさえアルコール度数の高いロングアイランドアイスティーに対して4種のアルコールの量を更にアップすることをマスターにオーダーします。

僕らはこのカクテルを「スーパーロングアイランドアイスティー」と呼んでいました。

宇宙人は、この度数の高いカクテルを何杯も飲み干します。

ヘッドホンから漏れ出す大音量のテクノミュージック。

宇宙人は首をガンガン振ってます。

やがて、後ろに椅子ごと倒れました!

半分気絶状態です!

僕とマスターで担ぎ出し、タクシーに乗せました(^o^;)

 

もうひとり、有名人として、専門学校のゲイの先生がいました。

その方は、いつもホワイトレディをオーダーされます。

cocktailrecipe.suntory.co.jp

いつも決まって、専門学校生の若い男の子を連れてきます。

そして、結構アルコール強めのカクテルを酔いつぶれるまでガンガン飲ませます。

そのあとはご想像にお任せいたします・・・(^o^;)

毎回、違う若い男の子を連れて来店する先生でした・・・(^o^;)

 

夏休みで秋田に帰省していた僕は、株式会社販促でアルバイトをしました。

当時からイベント企画運営をしていた当社、株式会社販促。

1996年、秋田駅前のアゴラ広場で牛乳普及啓発のイベントがありました。

僕のBARでのバイト経験を活かし、牛乳を使ったカクテルのBARをイベントで開店しました。

当時、失楽園がブームとなっており、それにちなんで、BAR「乳楽園」 ちちらくえん というネーミングの牛乳カクテルブースが出来上がりました。

今となっては、いやらしいというか、なんていうかセクハラ的なネーミングだと思います(^o^;)

現代だったら、絶対にこんなネーミングは付けられないでしょう。

ちなみにネーミングは当時のディレクターがつけたものです。

決して、僕が名付けたものではありません(^o^;)

 

さて、肝心のカクテルですが、3種類用意しました。

ひとつは牛乳ベースのカクテルとしては定番のカルアミルク。

cocktailrecipe.suntory.co.jp

 

ふたつ目は、格好良くシェーカーを振りたかったので、アレキサンダー

cocktailrecipe.suntory.co.jp

 

もうひとつは思い出せません。

懐かしいなあ・・・。

 

最近はあまりカクテルは作りませんが、当時購入したカクテルを作る道具は一式あります。

 

NEWスタンダード カクテルシェーカー 350ml 27222

NEWスタンダード カクテルシェーカー 350ml 27222

 

 

 

ミキシング 矢来
 

 

 

 

 

 

ナガオ 18-0ステンレス バースプーン 32cm 燕市製

ナガオ 18-0ステンレス バースプーン 32cm 燕市製

 

 

 

Mr.スリム メジャーカップ シックス MR-653

Mr.スリム メジャーカップ シックス MR-653