読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

妻と親には相談するな!

今回は批判的な記事になりますが、最後までお付き合いください。

 

まず、妻には相談するな!から。

まあ、僕の場合ですが、妻には相談しません。

過去に相談していましたが、妻は常に安全圏をとりたがります。

2年前、友達の結婚式でスピーチを頼まれたときのはなし。

僕は一般的な友人代表スピーチではつまらないと思い、スピーチは短めにして、次のような企画を考えました。

僕のスピーチ終了後、会場をライトダウン。

スクリーンに新郎と僕の幼い頃からの写真が映し出されます。

アカペラで長渕剛の乾杯を歌い出す。


この企画を妻に相談しました。

「どう思う?絶対に盛り上がるよね?」

妻は

「寒い。やめたほうがいい。会場しらけるんじゃない?いいと思ってるのは崇だけ」

マジ?

僕は妻の意見を尊重し辞めようかと思い、別企画を用意し始めました。

その友人の結婚式が群馬県で行われるため、秋田から行けない友人たちのメッセージビデオを作ることにしました。

ビデオ片手に秋田県内を周り撮影、編集も完了。

しかし、なんだかモヤモヤする僕は挙式1週間前、一緒に秋田から参加する親友のひとりに、この2つの企画について改めて聞いてみました。

そしたら、親友は

「絶対にふっさんが一番最初に考えた映像プラス長渕剛アカペラでしょ!そっちのほうが新郎新婦も喜ぶに決まってるでしょ!ふっさんは誰に一番喜んでもらいたいの?会場に来ているお客さん?新郎新婦の親?違うっしょ!やっぱ新郎でしょ」

と言ってくれました。

※僕の小学校の頃のあだ名は「ふっさん」です。

だよな、俺もそう思うし、俺そういう企画するような仕事してるし。

通常の仕事であれば、自分をプロデュースしないので、客観的に見て判断するのに、今回は自分がやる人だから、ちょっと不安になって妻に相談して否定されてちょっと軸が揺らいでいた。

やはり、当初の俺の考えは正しい。

当初の企画に戻しました。

当日会場で披露。

見事に大盛り上がり。

前段階のスピーチでは、ガヤガヤしていた会場がライトダウンして、アカペラで乾杯を歌いだしたらシーンと静まり返り、やがて歓声に。

狙い通りでした。

この経験から二度と妻には相談しないことにしました。

やはり、女の人は安全圏を求めたがります。

まったく相談をしないわけではありませんが、妻に被害が及ばず自分のみがリスクを負えるものに関しては100%相談しないことにしています。

妻に相談する時点で僕自身の軸がブレかかっているということです。

 

次に、親には相談するな!について。

僕は現在、両親と一緒の会社で働いています。

僕は革新派。

両親はどちらかといえば保守派。

会社で新しい事業をやろうと、僕が提案します。

僕としては懇切丁寧な説明をして、提案します。

しかし、なかなか分かってくれません。

半分ぐらいは理解を示してくれますが、残り半分がなかなか分かってくれない。

ドローン空撮に関しては今年3月の時点で秋田県内の他社も取り組んでいることもあり、当社も時代の流れに遅れる訳にはいかないということで、すんなり通りましたが、それ以外はなかなか通らない。

逆にいえば、それぐらいの切迫感をアピールしなきゃいけないのかな・・・。

そのビジネスモデルを始めるためにそんなに成功事例が必要か?!

そんなに安牌持ってどうすんの?!

成功事例は我が社がこれから作るんだよっていう話です。

僕が懇切丁寧な説明をしても、理解してくれないことにかなりがっかりしています。 

はっきり言ってノンフローですわ!

僕は不機嫌ですよ。

誰もやってないから、やるんだよ!

国立社会保障・人口問題研究所によると、2040年に秋田県の人口は70万人を割ります。

更に、NPO法人秋田移住定住総合支援センターの自治体余命指標によると、2095年に秋田県の人口はゼロになると予測されています。

今から80年後には人口はゼロになっているかもしれない。

秋田県は消滅しているかもしれない。

まあ、僕は生きてはないかな。

健康オタクだから長生きして120歳でもピンピンしてるでしょうか。

そのような予測を踏まえたら、我々が何をしなければいけないかというのは、目に見えている。

こうなるであろう未来は目に見えているのに行動しなければ、ただ衰退するだけ。

沈没船です。

うちの会社はタイタニックじゃねえんだ!

わかってるなら、すぐに行動しなきゃ。

やることはいくらでもある。

そろそろ俺の言うとおりやらせてみろ!って本気で思いますわ!

まあ、会社の事業だから、取締役会がありますし、しょうがなく親に相談しますが、それ以外は妻同様に絶対に相談しませんね!

 

批判記事はなるべく書かないほうが良いことはわかっています。

しかしですね、あまりにもノンフロー過ぎたので、本音をガッツリ書かせていただきました。

僕は人間が出来ていません。

それは合点承知の助です。

でももう、僕は決めたんです。

本気で本音で生きるって。

だから、批判も本音です。

親も妻もありません。

だめなものはだめ。

嫌なものは嫌。

 

まあ、根気よく説得してみます。

勝負は8月12日、金曜日。

そう、決戦は金曜日!

藤川ブログファンの皆様、乞うご期待!(^o^)

 

 

追記:8月12日(金)の決戦の結果はこれ↓↓↓

 

追記:そして、WEBマーケティング事業、ローンチ!↓↓↓

 

追記:で、ローンチ後の結果!↓↓↓