読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

【ドローン保険】Phantom3の機体の損壊は免責ゼロで1年間たったの8,000円!

某保険会社の営業マンから会社に電話があり、ドローン保険を提案させていただきたいとのこと。

ちょうど今日、プリウスαのリコールで15時に秋田トヨタ新国道店に行く用事があったので、そこで待ち時間にドローン保険について説明を聞かせていただくことにしました。

 

www.akita-toyota.co.jp

 

こちらの保険会社の営業マンとは初対面だったので、どうして当社がドローン空撮を仕事にしていることを知ったのですか?とヒアリングしてみました。

なぜかといえば、弊社のウェブサイトにはまだドローン空撮について営業品目として追加していないからです。

当社がドローン空撮を事業として行なっていることを知るためには、僕のこの藤川ブログか、YouTubeチャンネル「アキタノソラカラ」か、facebookか、twitterか、LINEかTumblrに絞られます。

本来は自社のウェブサイトにちゃんと追加しなければ行けません。

言い訳になりますが正直言って、自社のウェブサイト直すのって結構面倒なんですよ。

でも、インバウンドマーケティング対策として、自社サイトをしっかりと構築することは基本中の基本です!

スミマセン、反省してます!

 

話を戻します。

どうやって検索したかを聞ききまいした。

その結果、「秋田県 ドローン」もしくは「秋田市 ドローン」で検索したら、弊社のYouTubeチャンネル「アキタノソラカラ」がヒットしたとのこと。

www.youtube.com

 

たしかに、Googleで検索すると4番目にヒットします。

f:id:takashifujikawa:20160728190034p:plain

この検索結果から分かることは、YouTubeは検索されて上位に来る可能性が高いということ。

まあ、当たり前といえば、当たり前です。

なぜかと言えば、YouTubeGoogle傘下だからです。

だから、検索性上位を狙うなら企業としてYouTubeチャンネルをしっかりと構築することです。

 で、今日の本題に入ります。

 

某保険会社のドローン保険を説明いただきました。

僕自身、今現在はDJIのPhantom3を購入した時についてくる特典として、エアロエントリーのDJI保険(対物・対人)に1年間無料で加入しています。

対物・対人は当たり前ですが、絶対に加入した方が良いです。

で、機体保険は入っていませんでした。

某保険会社のドローン動産保険は、例えばドローンを空中から操作ミスで木にぶつかり地面に落として、壊してしまった場合、修理代や新しいドローンを買う費用が免責ゼロで全額負担してくれるようです。

1年間の費用がたったの8,000円!

これは入らない手はないですね。

弊社はPhantom3、4機全て加入するつもりです。

つまり、年間たった8,000円で今までよりももっとチャレンジングな飛行ができるということです。

もちろん、落とすことを前提に飛ばすわけではありませんが、落として壊しても8,000円の保険で賄えるということであれば、もっとチャレンジできると思うのです。

当然のことながら、落として壊して保険が降りることが何回も続けば、ブラックリストになりますので、保険はストップになるか、保険料がアップします。

とはいっても、ドローンパイロットにとって心の余裕が生まれることはたしかです。

ドローンパイロットの皆さん、このドローン機体損壊保険はかなりお得でないでしょうか?

もっとお得で安心なドローン保険があったら、逆に教えてもらいたいです。

ちなみに、損壊を含む対人・対物、プライバシー侵害、盗難の総合補償プラン全てに加入した場合は、Phantom3で1年間25,000円前後とのことでした。