読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

SPからWPの時代へ

当社の名前は株式会社販促です。
社名の 販促(はんそく)は企業の販促活動を支援することに由来しています。
46年前につけた名前としては、素晴らしい社名だと思います。
資本主義社会が終焉を迎えないかぎり、社名の変更はいらない、と思えるくらい普遍的な企業名です。
 
販促促進とはセールスプロモーション(SP)です。
 
当社は企業のセールスプロモーションや官公庁のプロモーション活動を支援することを得意としています。

当社は広告代理店なので、様々な媒体を扱っています。

テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、交通広告、などなど。
イベント企画運営や、キャンペーン企画など様々なプロモーション活動を提案し、実行しています。
 
そろそろWEBプロモーションにも力を注ぐ時期かと思っています。
 
実際問題、お客様からの問い合わせも多くなってきました。
ホームページの新規制作やリニューアルをすれば、当たり前にSEO対策なども求められます。
しかし、SEO対策は当たり前にというか、正直にウェブサイトを作ればそれで十分になりつつあります。
正直なウェブサイトというのは、ユーザーから支持されるWebサイトということです。
逆にSEO対策を裏ワザ的なことをやりすぎると、グーグル検索からマイナスポイントになることもあります。
 
インバウンドマーケティングはしっかりとウェブサイトを作ることです。
 
アウトバウンドマーケティングは、SNSはもちろんのこと、様々なWEBプロモーションを計画し実行することです。
 
WEBプロモーションははっきり言ってレベルが高いです。
そろそろここに力を注ぐ時期かと思っています。
 
なぜかといえば、クライアントの求めるものが、それだからです。
求められるものを淡々とやっていく、地味といえば、地味ですが、それが求められている時代です。
 広告代理店の実際の現場は結構地味なものです。
好きな人しか向いていない仕事だと思います。
 
もちろん、現在柱となっている当社の強みの事業は継続します。
会社は柱が無いことには、成り立ちません。
当社には私が入社する前から先輩たちが考えて汗をかいて作ってくれた柱があります。
その柱を活かしつつ、更なるブースターをとりつけたいと思います。
 
そのブースターがWEBプロモーションです。
Webプロモーションって???
Webプロモーションの活動範囲は広いです。
知識もこのうえなくレベルが高いです。
 
このブログを書くことはその枝葉であります。
このブログはどちらかといえば、藤川崇の考え方を全面に出していますのでセルフブランディングという位置づけになります。
 
時流を見極めつつ、求められているものをカタチにしていきたいと思います。
僕がいいたいのは、セールスプロモーションをやめてWebプロモーションを主体としていく、ということではありません。
厳密にいえば、セールスプロモーションの枠組みにWebプロモーション(ウェブマーケティング)が入っていると思います。
もしくは、Webマーケティングの枠組みに従来のセールスプロモーションが入っているともいえます。
 
今回の記事は、なんだかわかりづらい話だったと思います。
読者の皆様には正しく伝わってないかもしれません(^_^;)
僕のイメージするWebプロモーション(Webマーケティング)がもっとも分かりやすく説明してくれているページはこちらです。