藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

都知事選の有力候補者3人を四柱推命で見てみると・・・

僕は秋田県民なので投票権はありません。

でも、言わせてください。
そろそろ若い人に都政運営をさせてみたら、と思うのです。
 
ジャーナリストの鳥越俊太郎さんは年齢的にも体力的ももう遅いと思います。
 
小池百合子さんは、都議会への敵対心丸出しで、カッコ悪い(^_^;)
悪者を退治する!ということだけに囚われている感じがして、なんていうか犯人探しって好きじゃないんですよね。
もっと建設的な方に目を向けたら?って思います。
 
増田さんは一番まともに見えるけど、なんかダサいね。
東京一極集中を批判してきた人なのが、都知事って???
都知事になってまさか「皆さん、地方に移住しましょう!」と宣言するわけないですし。 
 
上杉隆は自身の給与ゼロにすると公約にしていますが、それに対して僕は否定的です。
ちゃんと給与をもらってしっかりとした都政運営をすることが大切な気がする。
そもそも論として選挙やらずに今後の給与はゼロでいいと言っていた舛添都知事続投で選挙費用50億円を抑えたら?って思うし。
舛添さんは人徳もなく人間性も悪いが、頭はいいでしょうから。
 
 
本線は小池さんと増田さんと鳥越俊太郎さんの三つ巴でしょう。
この構図から行くと、自民分裂で元々自民に不満持っている自民がいるので、増田さんと小池さんの票がきっちりと分けられる。
宇都宮健児さんが立候補をとりやめたことで、更に鳥越さんの票が増えます。
よって三つ巴ですが、僅差で鳥越俊太郎さんの勝利でしょう。
 
演出ではなく、たまたまだと思いますが、石田純一から始まり、古賀茂明、からの鳥越俊太郎、最後は宇都宮健児さんの出馬見送り、流れは完全に鳥越俊太郎さんでしょう。
民進党が描いたシナリオとは思えませんが、まあ書いていないでしょう。(笑)
 
ちなみに、知り合いの四柱推命占いのハンドルネーム とーめい さんは、3人の有力候補社を次のように見ています。
都知事選自体の結果ではなく、3人の命式を見た場合です。
以下、転載
 

① 小池百合子

一番最初に立候補を表明した小池百合子氏。自民党の意向に関係なく独自に活動を進めています。メディアのコメントを見ているとちょっと意味不明な言動があるようですが、命式は次のようになっています。

〇 壬 丁 壬
〇 戌 未 辰
   (丁)

大運:庚子 年運:丙申

日干は壬で大河です。水というのはうまく周りに合わせることがうまかったりします。地支は土で水を制して真面目です。年干にも壬があって比劫で少し強引なところもあります。月干には財があって相手の反応もちゃんと気にするところがあります。

気になるところは壬丁壬の並び方。これは種類こそ違え、辞職した都知事と同じ妬合の形です。前知事と同じ財が絡んだ形ですので同じような問題が起こる可能性がなきにしもあらずです。

 

② 増田寛也

自民党公認となった増田氏。元岩手県知事、総務大臣。実績重視の人選というところでしょうか。地方の権限強化の立役者だったのに都知事とはこれいかん? という人もいるみたいですが、命式は次のようになっています。

〇 甲 庚 辛
〇 午 子 卯
   (癸)

大運:癸巳 年運:丙申

日干甲の人は「自分は正しい」と思っています。良くも悪くもリーダーシップを発揮するタイプ。ただし根っ子が弱いので少しパワー不足な感じ。年支を除けば干支が通じ合っていないので、本音を表に出さない感じ。財もないので周りの声も聞かずに突き進む側面もありそうなのでちょっと要注意かもしれません。

 

③ 鳥越俊太郎

そして最後に滑り込みセーフ、じゃないけど急転直下で立候補が決まった鳥越氏。認知度も高く野党統一候補としてはまたとない人選と言えるでしょう。命式は次のようになっています。

〇 乙 己 庚
〇 卯 卯 辰
   (甲)

大運:丙戌 年運:丙申

日干乙はいかにもジャーナリスト、という感じです。おそらく選挙戦もうまく戦うだろうと予想しますが、それが即都知事に適任かというとあながちそうも言えないと思います。情報収集能力とか言葉の表現力はあるのかもしれませんが、都知事としての実務能力はまた別のところが要求されるでしょうし。

同氏の一番の不安要素はやはり健康面です。過去に癌になっていますし、来年(丁酉)の運気がかなり悪いです。健康問題で辞任とかになるとまた選挙になりますからね。その辺は大丈夫なんでしょうか。

 
四柱推命とは、中国で陰陽五行説を元にして生まれた人の命運を推察する方法です。