読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

月に1回は、本屋さんをパトロールしましょう!

僕は、月に2,3回ほど本屋さんを巡回します。

秋田で一番大きい本屋は秋田駅前のジュンク堂

家から近いのは、TSUTAYA広面店。

月に数回ずつ巡回します。

本屋を巡回するメリット

  • 自分の知らない本に出会える
  • 知らないジャンルの本に出会える
  • 今何が流行っているか一目瞭然
  • 気になる本を片っ端から立ち読みできる
  • ジュンク堂だとイスがあるので、買わずに読み終えることもできる

Amazonは独自のアルゴリズムでオススメ本を紹介してきますが、新しい本や違うジャンルの本を探すには、リアル書店が勝ります。

売りだされている本を見れば、世の中の流行りが分かります。

世の中が何を求めていて、それに対して解決策の本が売っている。

つまり、全体像が把握できます。

僕の本の買い方

僕に限らず皆さん、やっていると思いますが、リアル書店でこの本いいなって思ったら、買う前にAmazonで検索します。

で、中古の値段を確認して、送料合わせてAmazonが安ければAmazonで購入します。

本に新しい、古いは関係ありません。

値段で決めます。

合わせて、Kindle楽天Koboも確認。

Kindleではよくセールをやっていますので、セールで99円となっている商品だったりすればそっちで買います。

楽天KoboKindle同様に安い時があります。

つまり、AmazonマーケットプレイスKindle楽天Koboの3点と価格検討をします。

で、一番安いところに決定します。

同一金額であれば、リアル書店で購入します。

ちょっとウザいなと思うこと

TSUTAYA高桑書店の「ポイントカード、お持ちですか?ポイントが入りますから入会しませんか?」がちょっとうざいです。

僕は基本クレジットカード決裁をするのですが、高桑書店のポイントは現金払いじゃないとポイントが入らないのに、いちいち聞かれる。

日本一の本屋さんは・・・?

僕は、東京都江戸川区篠崎にある「読書のすすめ」さんだと思います。

店主の清水克衛さんが読んで気に入った本しか置かれていません。

POPなども独特です。

なんか、入った瞬間空気感が違います。

普通の本屋じゃありません。

是非、一度足を運んでみてください。

www.dokusume.net


読書のすすめ