藤川崇のブログです。

藤川崇のブログです。

ブログ記事と新聞コラムの内容が似ている。

良い話だなぁ・・・と思いながら読んでいたのですが、どこかで聞いたことある話だなぁと思い、Yahooリアルタイム検索で「お連れ様 パクリ」で検索したら、同じ事を思っている人がいたようで・・・。

そうそう、まさにこのブログ記事でした。

こういう対応ってよくある話なのでしょうかね?

まさか、新聞記者がこれパクって書き直したわけじゃないとは思いますが・・・。

人口が増え続ける都市・深センと比べて日本は・・・。

今日も昨日に引き続き、2月下旬に行った中国・深センを思い出しながら、書いてみる。

深センは、わずか30年で人口が30万人から1400万人となり、珠江デルタ一体も含めると4000万人を超える。

ということで、深センは、東京都の人口を軽く超えている。

深センの平均年齢は30歳。

20代、30代が全人口の65%を占めており、65歳以上は全人口の2%。

数値が示すとおり、街を歩けば、若い人にしか遭遇しなかった。

深センは、いまだに人口が増えている。

 

この街を歩けば分かるが、何よりも町のエネルギーの強さ、生きる強さが半端なかった。

これが伸びゆく町、伸びゆく都市なんだなあって肌身で感じた。

 

一方、日本の人口減少に歯止めが効かない。

秋田はどうなるんだろう…。

総務省が首都圏のIT企業などを対象に地方への移住促進を促している施策?補助金があるようだが、例えば、秋田県大館市では、対象者の交通費と宿泊費が無料で移住体験ができるようだ。

果たして、これが移住に結びつくのだろうか?

そして、今は人口減の地方が手を挙げているが、あと数年すれば、ほとんどの地方が手をあげるのではないだろうか。

移住者の奪い合い?!になるんじゃない?

人口減は日本全体の問題だ。

こんな移住無料体験ぐらいでは、いっときの田舎旅行で終わってしまうだろう。

どう考えても、そこに住むと決断する材料には程遠いと思える。

総務省のやってることが中途半端に思える。

 

現状の日本は、人口減少問題が、緩やかに回復していくことなど、まったくもって見込めない。

動かなければ、衰退していくだけ。

日本の特区は、どれもこれも中途半端。

特区に住んでいる住民さえ、何をやっているのか分からなかったりする。

ハッキリ言って、中途半端な施策で、打開策が全く見えない日本。

中国・深センが人口30万人の漁村から、1400万人に増えたように、がっつりどこかを集中的に経済特区にしてみるとか、マジでドラスティックな事しないと、国全体がダメになっていくだろう。

いや、だから、今、ダメになってきているだろう。

中途半端に地方創生に補助金をいっぱいつけても、一瞬誰かが儲かるだけで、何の役にも立たない。

 

と、NHKスペシャル取材班「縮小ニッポンの衝撃」を読んで、いろいろ考えてしまった。

本当に、現在の夕張市の現実が日本の近い将来になってしまうかもしれないなと・・・。

この本、けしてポジティブにはなれませんが、現実を直視するためには、非常に大切なことだと思います。

縮小ニッポンの衝撃 (講談社現代新書)

縮小ニッポンの衝撃 (講談社現代新書)

 

日本人と中国人は、メッセージアプリの使い方が違う!

今年の2月下旬に中国に初めて行って、見て感じたことのひとつにメッセージアプリの使い方がの違いがあります。

日本のメッセージアプリの代表と言えば、LINEやフェイスブックのMessengerですね。

中国では、wechatというアプリがあります。

日本人のメッセージのやりとりは、テキストメッセージが99%と言っても良いでしょう。

しかし、中国では、みんな歩きながらスマホに何かしゃべっています。

そう、ボイスメッセージを多用しているのです。

日本では見ることの無い光景でした。

地下鉄に乗ってる人もボイスメッセージを聞いたら、すぐにボイスメッセージを録音して送っていました。

通話でもないんです。

ボイスメッセージがメインなんです。

たしかに、効率はよいかもしれません。

通話と違って相手の時間を奪わないし、テキストメッセージを打つよりも手間がない。

しかも、ボイスメッセージなら、録音しているときだけボタンを押していれば良いので、歩きスマホでも危なくありません。

それと、テキストメッセージで伝わりづらい部分も音声なら感情が声に乗るので自分の真意も伝わりやすいですしね。

とはいえ、日本では、ボイスメッセージは流行らないでしょうね。

他人とはいえ、人前で声の録音って恥ずかしいですからね。

まさしく国民性の違いなのかもしれません。

他の国はどうなんでしょうかね?

とても気になりました(^^)

この黒ビールは美味い!

f:id:takashifujikawa:20170720082339j:image

久しぶりに美味しい黒ビールだなって思いました。

その名の通り、ビアホールで飲む黒生ビールって感じがします。

黒ビールと言えばギネスですが、「DRY BLACK ビアホール仕立ての黒」は、黒ビール特有の癖がかなり抑えられているビールでした。

黒ビールが苦手な人も飲めるかと思います。

また買おうっと♫

目の前よりも、バックグラウンドにある本質に意識を向けること

最近、いろんな人と話していて、着地点となるテーマです。

目の前の事をこなしていくことは大事なのですが、それがなんのためにやらねばならないのか、事の本質を考えることが大切です。

特にWEBマーケティングにおいては、クライアントが求める本質がなんであるのか、を見極めることが大事です。

巷でよく言われるWEBマーケティングは、SEO対策とWEB広告運用がメインでしょう。

イベントやキャンペーンの告知であれば、ターゲットをセグメント化して、Facebook広告を運用、分析していくのが、現状では費用対効果を考えるとベストな選択であると言えます。

短期的なプロジェクトはそれで良いと思います。

たしかに、そのような仕事依頼も増えてきました。

それは、それでありがたいです!

Google AdWordsFacebookのインフィード広告も、最終的な手段として選択している媒体です。

これが、LINE広告になる場合もありますし、Instagram広告になることもあります。

クライアントの商品やサービスが最もふさわしい顧客に届くために媒体を選択する。

従来の4マスと呼ばれる新聞・テレビ・ラジオ・雑誌などのメディアを選択すること同様に当たり前のことです。

しかし、WEBの世界のスピードが早いので、数年後にFacebookが存在するのか?

LINEが存在するのか?

Instagramが存在しているのか?

こういった、最終的にアウトプットする媒体は、今とは違う新しい媒体が存在しているかもしれません。

 

で、本題ですが、今日のタイトル「目の前よりも、バックグラウンドにある本質に意識を向けること」で何を言いたいのか?

「目の前」とは最終的にアウトプットしている媒体のことです。

この部分は時代によって、変わります。

変わりやすいものでしょう。

しかし、「バックグラウンドにある本質」は、変わらない。

変わりづらいものだと思うのです。

それは、人も会社も同じだと思うのです。

今日まで生きてきた自分という人間は、今日までの積み重ねがあり、人間性や性格が形成されています。

それが、一瞬で変わる、もしくは変える、というのは、無理です。

よく自己啓発セミナーで変わる、変える、というものがあります。

たしかに、その少しの時間は変わります。

しかし、時が立てば、いつもの自分に落ち着く。

たった一日、もしくは数日のセミナーでドラスティックに変容することはあり得ません。

というか、たかが一日のセミナーで人格が変わってしまったら、怖いです。

それこそ、洗脳でしょう。

これは企業も同様でしょう。

企業の方が、変わりづらい。

なので、当社のWEBマーケティングで、いつも意識しているのは、クライアントのバックグラウンドにある本質です。

数年後、どんな会社になりたいのか?なっているのか?

そこをお客様とじっくり話し合っていき、長期的戦略を構築していきます。

短期的なマーケティングよりも、長期的なブランディングを構築していく視点です。

そのような設計を踏まえて、WEBサイトを作ったり、SNSを運用したり、WEB広告を運用しています。

クライアントに「これやってください」と言われて、それをそのままやらないのが当社です。

もちろん、クライアントの指示が効果的で、クライアントが目指すゴールに沿っていると判断できれば、そのままやらせていただきます。

なんていうか、目の前で起きていることに疑いをかけてみることが大切なんじゃないかなって思います。

疑いというのは、言い方が悪いかもしれませんが。

言われたことを、そのまま受け取らずに、自分なりに考えてみることが大事なんじゃないかと。

この人が求めているゴールは言われたこと、言っていることじゃなくて、もっと先のゴールというか、本質があるんじゃないかって。

そこに気づくことができて、それに対するソリューションが提案できて、クライアントと共に精度を高めながら目指すべきゴールに向かっていく。

それが、当社のあるべき姿であり、現在の基本姿勢です。

クライアントのWEBマーケティングブランディングを長期的に手伝わせていただくために最も必要な思考だと思っています。

固くなった玄米はお粥にして、食べています。

僕の昼食は基本的に発芽玄米です。

だいたい3合を炊いて、一週間前後で食べています。

発芽玄米は、時間が経てば経つほど、ギャバの量が増えますので。

しかし、後半になると、玄米が固くなってきます。

そこで、最後はお粥にして、食べています。

今回は味噌オンリーで。
f:id:takashifujikawa:20170717134353j:image

エレカシ30周年ですが、久保田利伸も30周年です!

昨日、エレファントカシマシ30周年ライブに行ってきたわけですが、3時間超えの熱いライブでした!

宮本浩次さんいわく、秋田県は17年ぶりとのこと。

実は、久保田利伸も30周年です。

そして、LIVEで全国を巡っていますが、タイミングが合わず行けていません。

まさか、全国5箇所のLIVEで終わってしまうことは無いだろう・・・と思っているのですが。

仙台行こうかなって思いましたけど、お盆のど真ん中8月15日なんですよね・・・。

その日は予定があって行けません。

残るは名古屋になるのですが、名古屋はちょっと遠いかなぁ。

この後のツアー追加になることを願います。

ナガハマコーヒーのアイスコーヒー

ナガハマコーヒーから21周年記念ブレンドプレゼントのハガキが届いていたので、散歩がてらベビーカーを押しながら、ナガハマコーヒーへ向かいました。

まだ朝8時なのに、とにかく暑い(^o^;)

家からナガハマコーヒーまでは、500~600mぐらいなんですが、日差しが強くキツイ・・・。
f:id:takashifujikawa:20170715085922j:image

なんとか、ナガハマコーヒーにたどり着きましたが、残念ながら21周年記念ブレンドは、本日まだ入荷されておらず、アイスコーヒーをもらいました。

むしろ、これだけ暑いとアイスコーヒーで良かったのかな(^o^;)
f:id:takashifujikawa:20170715085936j:image

この「世界遺産のアイスコーヒー」は、オススメです。

白神山地の水が使用されています。

マクドナルドの100円のアイスコーヒーとは比べ物になりません。

マクドナルドのアンケート

マクドナルドのアンケートアプリ「McDonald's KODO」をやってみました。
f:id:takashifujikawa:20170712162421j:image

こんな感じのアプリなので、サクサクっと答えられます。
f:id:takashifujikawa:20170712162438j:image

30問くらい答えたと思います。

最後にポテトSかドリンクSかソフトツイストの無料クーポンがもらえます。
f:id:takashifujikawa:20170713155721j:image

そんなに面倒じゃないので、アリですね!

各店でそれぞれ一回まで出来るようです。

お試しあれ!

松居一代さんをWEBマーケティング視点で考えてみた。

毎日、世間を賑わしている松居一代さんの動画やブログ。

元々の性格の悪い部分が強く出てしまっているのか。

それとも、精神的に病んでいるのか。

あの動画がワイドショーなどで取り上げられるたびにチャンネルを変えてしまうのだが・・・。

それはおいておいて、WEBマーケティング的な観点で考えてみると、戦略としては、素晴らしいかもしれない。

動画もブログもバズっているのは確かだから。

品位は無いが・・・。

WEBでアクセスを集めるためには、究極2点しか無い。

ひとつは、その情報が有益であるかどうか?

松井さんの場合は、有益ではない。

二つ目は、その情報が面白いか、面白くないか。

世間大半の目からすれば、単純に興味があるってことなんだと思う。

LINE@を始めたようだが、一晩で14万人の登録があったとのこと。

これも、凄まじい数字だ。

YouTubeにブログに、ついにLINE@という松井さんのデジタルリテラシーの高さには驚く。

ブログやYouTubeで自ら話題を作り、マスコミが食いついて、松井さんの動画をテレビでそのまま垂れ流す。

失踪して全国転々、情報発信はブログやLINE@、それに食いつくマスコミ。

これって、松井さんのWEB戦略なんじゃないだろうか。

松井さんの最終目的はなんなのだろうか?

船越英一郎さんを謝らせたい、というのは見せかけで、本当の目的は?

今回の一連の体験をパッケージ化して、「WEBを活用してマスコミを操る方法」とか売り出すんじゃないのかな!?

報道では、松井さんの裏に撮影や編集スタッフがいるのでは?と言われている。

それにしては、ちょっと素人感がある編集だと僕は思う。

数年前にテレビ番組で松居一代さんの特集があって、そのとき、松居一代さんの自宅で商品を自分で撮影して編集していたVTRを見たような気がするのだが・・・。

だから、今回のYouTubeも自分で全部やってるんじゃないかなー。

ま、この話題も数ヶ月すればみんなの記憶から無くなるんだろうなぁ。

でも、この登録者数があれば、新しいビジネス展開は色々やれそうだなって思いました。

僕としては、この事件の内容そのものはどうでもいいけど、松居一代さんの目的と戦略については、非常に興味ありますね!

Messengerで友人から怪しいメッセージ文が届いたら・・・

今朝からMessengerで20人もの人たちから、以下のテキストが転送して送られてきました。

[注意]あなたのメッセンジャーリストにあるすべての連絡先に、Jayden K. Smithの友情要求を受け入れないように教えてください。彼はハッカーであり、あなたのFacebookアカウントにシステムを接続しています。あなたの連絡先の1人がそれを受け入れると、あなたもハッキングされるので、すべての友達にそれを知らせてください。受け取ったとおりに転送されます。メッセージを指で押さえてください。真ん中の一番下に転送ボタンがあります。それをタッチし、あなたのリストにある人の名前をクリックすると、それがそれらに送信されます

こんな内容、いかにも、怪しすぎる・・・。と、個人的には思うのですが、意外にも友達に転送しちゃう人多いんですね(~_~;)

これは、典型的なチェーンメールです。

友人から送られてきたMessengerだから、信用してしまうというのが人間心理でしょう。

そして、友人の助けになりたいという思いから、「早く知らせなきゃいけない!」という心理が働き、このメールを転送してしまうのでしょう。

しかし、その前に・・・

少しでも怪しいと感じたら、まずは、キーワードになりそうな箇所をコピーしてGoogleで検索してみましょう。

よほど、最新でない限り、上位に表示されます。

今回の場合、いかにも怪しいのは、「Jayden K. Smith」です。

これをコピーしてGoogleで検索すれば・・・

f:id:takashifujikawa:20170711165811p:plain

このように出てきます。

でも、情報が早いと検索にはひっかかりません。

ただし、英文サイトは、ウイルスが潜んでいる可能性もありますので、見ないほうが無難です。

僕の場合は、日本語サイトなら開いてみます。

ということで、僕の場合は、一番最初にYahoo!のリアルタイム検索を使います。

最近は、Googleの検索よりもリアルタイム検索をよく使います。

そうすると、twitterFacebookで投稿されているほぼ最新の情報が出てきますので。

こちらをよく見て、精査していきます。

f:id:takashifujikawa:20170711170131p:plain

ま、「怪しい」と思えなければ検索しようとも思わないでしょうが・・・。

それにしても、さすがに20人から送られてくるとは思いませんでした(~_~;)

他の対処策としては、Messengerに送る前に、自分のタイムラインに投稿してみたら良いと思います。

「気をつけてください!」でもいいですし、「これ、怪しくないですか?」でもいいでしょう。

自分のタイムラインに投稿するのは迷惑じゃないですから。

とにかく、気軽にMessengerに送るのはやめましょう。

野外劇団・楽市楽座


f:id:takashifujikawa:20170710163939j:image

毎年、三吉神社の駐車場で野外劇団、楽市楽座の公演があります。

ここ最近、毎年見ています。

水の上に浮かぶ舞台がクルクル回る。

折り紙に小銭を包んで放り投げるのが、趣ありますね〜。

今夜の公演で秋田は最終日らしいです。

軽く飲んでからぶらぶらっと歩いて見に行くのが、夏の夜っぽくって良い感じです(^o^)
f:id:takashifujikawa:20170710165535j:image

家族三人で全国を巡ってるのは、ホントスゴイですね!

ぜひ、一度見てみてください。

三吉神社の写生大会

去年に引き続き、息子と三吉神社の写生大会に参加してきました。

f:id:takashifujikawa:20170709172850j:plain

真夏日の日差しが厳しいなか、大半の子どもたちが日陰で絵を書いていました。

そんななか、我が息子は、三吉神社中央に陣取り、絵を描いていました(^o^;)

熱中症にならないか!?」

「大丈夫!」

f:id:takashifujikawa:20170709173111j:plain

息子が絵を描いている最中、僕が絵を描くならどこから描くかなって思いながら、境内を巡りました。

f:id:takashifujikawa:20170709173303j:plain

f:id:takashifujikawa:20170709173326j:plain

f:id:takashifujikawa:20170709173346j:plain

f:id:takashifujikawa:20170709173410j:plain

と、いつの間にかいなくなっていた息子は・・・

「ヒアリ見つけた!」って走ってきました(^o^;)

いやいや、東日本にはまだいないだろ!

田舎のマックは空いている

首都圏のマクドナルドは、いつ行ってもメチャクチャ混んでいます。

なので、ガヤガヤうるさいのですが…

地方の…というか、秋田市のマックは空いています。
f:id:takashifujikawa:20170708094945j:image

マックは、ホットとアイスもSサイズのコーヒー1杯100円なのでリモートワークにはうってつけ。

長居は2時間まで、と注意が書かれてますね。

とは言っても混んでないので注意されたことはありません。

秋田市でもイオンモールの中に入ってるマックは結構混んでるので嫌いです。

ちなみに、スターバックスは田舎も混んでます。

秋田市のスタバはどこも混んでますね。

スタバはコーヒーの値段が高い。

最近のスタバはやたらと甘いモノが増えましたね…。

スタバは、MacBookiPhoneiPadのアップル製品の所有者が多いですねー。

ということで、田舎のマックはスペース広いのでなかなか良いですよ(^o^)

次回はリモートワークしやすいスーパーとコンビニをレポートします!